Box Japan、新型コロナウイルス感染拡大防止の支援策として、中堅中小企業向けにBoxを活用したリモートワークの実現に関するオンライン相談会を開始

中堅中小企業向けに提供するBox無償ライセンスの申し込み期限を延長

クラウド・コンテンツ・マネジメントをリードするBox, Inc.の日本法人である株式会社Box Japan(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古市 克典、以下Box Japan)は本日、「緊急事態宣言」が発令され、お客様からも引き続き多くのご要望をいただいていることに伴い、リモートワーク 実施に向けてBoxの活用について検討している中堅中小企業や法人向けに2020年4月20日からオンライン相談会を提供します。オンライン相談会は、無償ライセンスの申し込みとは別に、ご利用いただくことができます。
さらに、先月発表した中堅中小企業向けの国内企業や法人を対象に、主力サービス「Box」のライセンスの無償ライセンス提供(https://www.box.com/ja-jp/about-us/press/press-release-b)利用の申し込み期限を2020年4月15日までとしていたものを、2020年4月30日までに延長することを発表しました。
また、新たに提供を開始する中堅中小企業向けオンライン相談会に関する概要は、以下のとおりです
●対象企業:リモートワーク実施に向けてBox活用をご検討される中堅中小企業及び法人
●提供開始時期:2020年4月20日(月)から
●サービスの利用方法:  Zoomを利用して1社につき60分のオンライン相談セッションを実施
※お申し込み等は、Box Squareにて行いますので、参照ください

中堅中小企業向けに提供する、Boxの無償提供するサービスの概要は、以下のとおりです
●対象企業:新規に申込みする従業員数100名以下の企業および法人
●無償で提供するサービス:Business Plusライセンス
お申し込み期限:2020年4月30日(木)まで (2020年4月15日(水)から延長)
●提供期間:本日から2020年6月30日(火)まで
お申し込み方法:Box Japanの各販売代理店を務めるチャネルパートナー(https://www.box.com/ja-jp/partners/channel-program)へお申し込みください
※既にBoxを利用中の企業、および検証版ライセンスでの検証実施中の企業は対象外

 その他、テレワークやリモートワークに関する情報は以下の通りです
●Boxのご利用ガイド: 「リモートワークに効くBox活用法2020」(https://www.boxsquare.jp/blog/box-remote-work.html
●Box Japanブログ:   「2020リモートワークのベストプラクティス」(https://www.boxsquare.jp/blog/supporting-remote-work-2020

ご参考資料: この度の状況下におけるBoxの対応について、以下のブログ記事をご参照ください
●新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応について
https://www.boxsquare.jp/news/20200308-box-response-covid-19

Boxについて
クラウド・コンテンツ・マネジメントプラットフォームをリードするBox (NYSE: BOX)は、ベスト・オブ・ブリード型アプローチで提供されるITスタックにより、企業のビジネスプロセス加速、業務におけるコラボレーション強化、さらに企業が保有する情報の保護を支援します。2005年に設立され、アストラゼネカ、ゼネラル・エレクトリック、JLL、Nationwideなどを含むグローバルをリードする企業を、また日本における6,000社以上の企業を支援しています。Boxは、カリフォルニア州レッドウッドに本社を置き、米国、ヨーロッパ、アジアに拠点を持っています。

Boxに関する詳細は、https://www.box.com/ja_JP/にてご覧ください。
株式会社Box JapanはBox Inc.の日本法人です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Box Japan >
  3. Box Japan、新型コロナウイルス感染拡大防止の支援策として、中堅中小企業向けにBoxを活用したリモートワークの実現に関するオンライン相談会を開始