「エースホテル京都」6月11日いよいよ開業!多数の受賞経験を持つ米国のシェフ3名が監修するレストラン施設詳細を発表。

エースホテル京都(所在地:京都市中京区車屋町245-2、総支配人ニコラス=ジェームス・ブラック)は2020年6月11日よりプレビュー期間としてソフトオープンすることを発表いたします。「East Meets West」をコンセプトにアジア初のエースホテルとしてゲストを迎える同ホテルは、同日開業するNTT都市開発が行う、歴史的建造物(1926年建造の旧京都中央電話局)の再開発プロジェクト「新風館」の中に位置します。京都市営地下鉄「烏丸御池駅」に直結するこの商業施設は、世界的に著名な隈研吾氏監修により建築デザインされたものです。エースホテル京都のグランドオープンにつきましては、2020年後半を予定しております

左から:PIOPIKO、Mr. Maurice's Italian/Rooftop


ホテルのレストランについて
エースホテル京都内には3つのレストランがあり、それぞれアメリカで著名なシェフが監修しました。アメリカ風イタリアン・オステリア兼ルーフトップバーである Mr. Maurice’s Italian(ミスター・モーリスズ・イタリアン)は、マーク・ヴェトリ(Marc Vetri)がイタリア、アメリカの両地で積んだ幅広い経験を細部まで活かしたレストランとなっています。PIOPIKO(ピオピコ)はメキシカン・ルーツへの敬意、高級料理店の技術とアメリカ風メキシコ料理をかけ合わせたウェス・アヴィラ(Wes Avila)による活気あふれるバー&タコスラウンジです。
メインダイニングとなる、数々の賞の受賞歴があるナオミ・ポメロイ(Naomi Pomeroy)による屋上庭園を望むアメリカンレストラン(レストラン名未定)は、洗練された技術とイノベーションを合わせた、アメリカン・クラシック料理の新しい領域をお楽しみいただけます。

6月11日からは、Mr. Maurice’s Italian と PIOPIKO にてプレビュー期間の特別メニューを提供します。年内にはグランドオープンとしてメインダイニングを営業開始し、全てのレストランでフルメニューをご用意します。
Mr. Maurice's ItalianとPIOPIKOではウェブサイトにて予約を承っております。

エースホテル京都、並びにホテル内レストランでは、ゲストの皆さま、スタッフ、そして地域の方々の安全と健康を常に最優先事項とし、厚生労働省により推奨されている方法や手順を上回る予防的措置を取り、プレビュー期間中はジムの使用やイベント内容を制限し営業いたします。2020年後半に予定をしておりますグランドオープンでは、メインダイニングとなるナオミ・ポメロイによるレストランの営業を開始予定です。グランドオープンほか今後の計画に関しましては、随時発表をしてまいります。

左から:Naomi Pomeroy, Marc Vetri and Wes Avila

PIOPIKO — 監修:ウェス・アヴィラ
www.piopiko.com
エースホテル京都の中二階と二階にあるバー & タコスラウンジの PIOPIKO。レストラン名は、シェフ自身が通っていたLAの小学校名を日本風にアレンジしたものです。メニューは、アメリカ西海岸で発展してきたメキシカンアメリカンの伝統食に加え、国際的なトラベル文化、そして世界にも影響力のある日本のストリートアートと音楽など、様々な要素から着想を得て開発されました。PIOPIKO のアメリカン・メキシコ料理は、「伝統的なメキシコ料理」をオリジナルにしながら、多くのイノベーションを取り入れています。ウェス自身、メキシコから移住した家族を持つメキシコ系アメリカ人でありながら、世界中のテイストが混在する大都市:LA で育った影響をダイレクトに受け、料理にもグローバルなツイストを多く加わえています。多種多様な移民カルチャーが根付くLAで、和食、中華、タイ料理、イタリアン、フレンチなど、幅広い食のスタイルに触れてきた彼の感性が料理に表現されています。

PIOPIKOには、銅で造られたアイコニックなDJブース、叢-QUSAMURA-の観葉植物、陶芸家の浜名一憲により造られたセラミックアートなど、アートやアクセントが豊富に点在しています。京都の名工房、金網つじが作る京金網の技術を活かした編み照明は、雲のように銅でライニングされた天井から吊るされ、その下にはアメリカのアーティスト兼アーボリスト(樹木の栽培や手入れ方法に詳しい専門家)のイド・ヨシモトが手がけたウッドパネルが美しいバーカウンターが独創的な空間を作り上げています。

ウェス・アヴィラについて
LA出身で人気店 Guerrilla Tacos のオーナー。アメリカン・メキシコ料理のカジュアルなルーツと、高級料理店で積み上げた技術のブレンドを得意とするウェスは、コンテンポラリーなメキシカン・アメリカ料理の先駆者の一人と言われています。2012年にGuerrilla Tacosをオープンした頃は、その店名が語るように無許可の小さなフードカートと、ポケットには全財産の$167を握りしめての苦難の出発でしたが、その1年後、自治体の介入で営業停止となってしまったビジネスを、合法的なフードトラックとして営業を再開。2018年には晴れてレストランを構え、以来LAのフード・シーンで欠かせない存在となっています。http://www.guerrillatacos.com/ 


Mr. Maurice’s Italian — 監修 : マーク・ヴェトリ
www.mrmauricesitalian.com/

米国の優れたシェフに与えられる賞として有名なジェームズ・ビアード賞の受賞者であり、近年ではその中でも最高賞と謳われる「アウトスタンディング・シェフ」賞にもノミネートされたマークが手がけるアメリカ風イタリアン・オステリア、 Mr. Maurice’s Italian。エースホテル京都の3階に位置し、ルーフトップバーからはホテルに隣接する新風館の中庭も見晴らすことができます。
レストラン名の由来は地元で評判のレストランのオーナーだったマークの祖父、Maurice Rotenberg に因んでいて、マーク自身の生い立ち、北イタリアで積み重ねた技術、そして頻繁に旅をしたローマでの体験から引き出されたアメリカン・イタリアンのメニューを提供します。アメリカン・イタリア料理はアメリカに渡ったイタリアの移民たちが作り上げたもので、「レッドソース・イタリアン」という名でも親しまれており、たくさんのトマトソース、チーズやお肉が一緒になったスパゲッティーやミートボールなど、大家族で大きなお皿にのせてシェアするという文化を大切にしています。

Mr. Maurice’s Italianでは、カリフォルニアのアーティスト、アレクサンダー・コリ・ジラードのデザインによる白と黒のペニータイルの床と、同じくコリのシグネチャー・パターンでデザインされた可動式パネルがダイニングエリアを仕切ります。益子在住の木工作家・高山英樹によりカスタム・デザインされたオーバルテーブルやベンチが並ぶ室内を過ぎて広がるルーフトップバーでは、京都の名工房・金網つじがマシュー・マテゴに敬意を表し造り上げた、銅を編み込んだ照明がバーカウンターを照らします。

マーク・ヴェトリについて
アメリカでトップのイタリアンシェフとして知られるマーク・ヴェトリ。フィラデルフィア出身で、オーナーを務める人気店 Vetri Cucina は、1998年からモダン・イタリア料理のスタンダードを築きあげたと言われています。キッチンでの高い評価に加え、魅力溢れる彼自身の人柄でも人気を集めているスターシェフです。人情味溢れる慈善家としても知られるマークは、NPOを立ち上げるなどして、新鮮な食と食材にフォーカスした実践的な体験や教育を提供。子供から大人までが、健康的な日常を送れるよう活動しています。https://vetricucina.com/home/


エースホテル京都のラウンジスペースについて
エースホテルはシアトルで創業して以来、ローカルコミュニティとの繋がりをとても大切にしてきたホテルです。本国アメリカやロンドンのエースホテルでも、ロビースペースには一日中さまざまな方が出入りをしています。PCで仕事をしたり、ミーティングの場所として利用したり、本を読まれる等、活気あふれるスペースとして、自由なスタイルでご利用頂いております。エースホテル京都もまた、旅行者だけではなく、地元の方々にも様々な形でご利用いただける交流のスペースとして、皆様をお迎えいたします。

エースホテル京都のもう一つの大きな特徴は、PIOPIKOや1階ギャラリースペースで行われるカルチャーイベントの数々。京都のアーティストを中心に幅広いジャンルのイベントの開催を予定しており、最新情報は自社のSNSにて告知いたします。

アトリエ・エースについて
アトリエ・エースは Ace Hotel、Sister City、Maison de la Luz を始めとする系列ホテルを開発・運営するクリエイティブスタジオです。多岐にわたる分野の専門家、デザイナー、建築家から、情熱とポジティビティーに溢れる友人たち(そして、数字を得意とする​メンバーにも支えられ)活動しています。自社のブランドと商品を熟知したクリエイティブチームとオペレーションチームの双方を備え、アトリエ・エースでは一貫してインスピレーション溢れる、意味深い体験を皆さまに届けることを目指しています。

【エースホテル京都公式サイト URL】www.acehotel.com/kyoto/

【エースホテル京都に関するお問い合わせ先】
宿泊に関するお問い合わせ / Mail:reservations.kyo@acehotel.com / 075-229-9001
宴会に関するお問合せ / Mail:sales.kyo@acehotel.com / 075-229-9002
ウェディングに関するお問い合わせ / Mail:weddings.kyo@acehotel.com / 075-229-9003

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. UDホスピタリティマネジメント株式会社 エースホテル京都 >
  3. 「エースホテル京都」6月11日いよいよ開業!多数の受賞経験を持つ米国のシェフ3名が監修するレストラン施設詳細を発表。