クレオテクノロジー 新型 水光栽培™システム「AN™ AGRICULTURE NEXT」完成、三菱ケミカルアグリドリームと共同提供開始、合わせて日本政策金融公庫からの資本性ローンにより事業基盤を確立

従来の人口光植物工場技術より1kgあたりの栽培コストを4割も削減

新型 水光栽培™システム「AN™ AGRICULTURE NEXT」を販売開始へ

この度、株式会社クレオテクノロジー(本社:埼玉県滑川町、代表取締役社長 三宅泰正)は、画期的な人口光植物工場である新型 水光栽培™システム「AN™」を開発し、三菱ケミカルアグリドリーム社(以下MCAD)と共同で販売を開始いたします。
AN™は、独自の栽培方法を採用することで、低価格でかつ、一株あたり300gを超える大型リーフレタスを栽培することが可能です。
 合わせて日本政策金融公庫の挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローンhttps://www.jfc.go.jp/n/finance/search/57.html)の適用により、資金調達を実施いたしました。当該制度は、技術への新規性、成長性が必須の審査項目となっており、クレオテクノロジーのイノベーティブな事業内容が評価されたものとなります。

 

 

AN AGRICULTURE NEXT 次世代の農業を実現しますAN AGRICULTURE NEXT 次世代の農業を実現します

  • ニューノーマル時代、加工済みカット野菜の出荷が増え、業務用レタス需要が増加の一途
「食の外部化」が進み、家庭消費用に代わって加工・業務用の需要割合が増加しており、近年では需要全体の6割を占めております。その上にニューノーマル時代の影響を受けコンビニエンスストアなどでのカット野菜需要が急増しています。
合わせて、今年も梅雨の日照不足を原因とした生育不良により7月から9月にかけて高値となりました、今年8月の農林水産省価格動向調査(8月17〜19日)によると、レタスは平年に比べて約2.2倍の1キロ894円となり、消費者生活にも大きな影響を与えています。
​しかしながら安定供給可能とされる人口光植物工場生産野菜は、その生産コストの高さと、栽培野菜の品質が課題となり、カット野菜市場にはあまり活用されておらず、B2B市場や、小袋に包装された形でスーパーで販売される程度となっております。
 

AN™で栽培した450gをこえるレタスAN™で栽培した450gをこえるレタス

 
  • クレオテクノロジーが提供する最新式植物工場
 クレオテクノロジーが開発した水光栽培™システム「AN™ 」は、需要が急拡大する業務用レタスの原料として最適な一株300g超えるレタスを1キロ当たり円600程度の低コストで安定生産することが可能な植物工場プラットフォームとなります。
 ユーザ企業は必要とする消費量(生産量)に応じて、モジュールを組み合わせて必要量を生産可能な設備を最短3か月からの短納期で導入することが可能となります。
 AN™は、農業用ハウスを活用することにより、低コストかつ短納期での建設が可能なことに加え、農地を利用した植物工場の構築も可能となります。

 

「AN™ AGRICULTURE NEXT」外観「AN™ AGRICULTURE NEXT」外観



ANで収穫されたリーフレタス(重量450g超)
特長 AN™ AGRICULTURE NEXT
高品質野菜・加工業務に対応 ・1株300g以上
・菌数10²~10³以下
・異物混入リスクの低減(一株当たり利用率90%以上)
・栽培日数 〜45日
初期投資・建設費の大幅削減、短納期 ・農地利用
・農業ハウス利用により低コスト短納期で構築可能
※農地法改正による。
野菜生産原価低減 野菜生産原価600円/kg以下
・初期投資           50%削減
・消費電力           60%削減
・人件費              70%削減
収穫重量、菌数、生産原価などの数値は、保証値では有りません

 
  • 日本政策金融公庫挑戦支援資本強化特例制度
日本政策金融公庫より挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)の適用を受け、同公庫、熊谷支店より3900万円の資金調達を行いました。当社の技術・事業性等に対する評価に基づき、同制度の適用を受けたものです。
 

 
  • 特許申請へ
本製品の根幹となるシステムについて広範囲な技術をMCAD社と共同で特許出願を行っております。

 
  • 新型 水光栽培™システム「AN™ AGRICULTURE NEXT」商品概要
農業ハウスを利用した日産300kg程度の収量見込システムの場合
・必要なハウスの面積約900㎡
・収穫株数 約1000株
詳細のご相談は秘密保持契約書締結後のご紹介となります。

 
  • 事業計画
初年度より複数棟の植物工場竣工を見込んでおり、3年累計で50億の売上を計画しております。

 
  • 代表取締役社長・三宅泰正からのコメント
長年の野菜の生産ノウハウを結集し、8年にわたる開発期間を経てようやく納得のいく高品質・低コストの完全人工光植物工場を提供できる準備が整いました。
AN™はこれまでの植物工場の概念を覆すシステムと自負しております。
このシステムは新鮮な野菜が世界のどこでも生産でき、より多くの人の健康増進に貢献できるもとの確信しております。

 
  • 三菱ケミカルアグリドリーム株式会社 代表取締役社長・狩野 光博からのコメント
AN™ は、需要に沿った高品質な野菜を収穫できることをコンセプトとして、徹底した生産原価圧縮や栽培効率の向上を実現させた新製品です。今後、三菱ケミカルアグリドリーム株式会社では国内外での AN™の販売促進を通じ、「儲かる農業経営」の普及を推進して参ります。

 
  • クレオテクノロジーについて
株式会社クレオテクノロジーは、太陽光植物工場専門企業である株式会社クレオ(2002年設立)の技術をもとに設立いたしました。人口光植物工場「AN™」とコンサルティングサービスの提供を開始し、三菱ケミカルアグリドリームおよび千葉大学と人口光植物工場における栽培技術開発の提携を行っております。

株式会社クレオテクノロジー https://www.creo-greens.tech/
埼玉県比企郡滑川町伊古564番地
0493-57-2272

三菱ケミカルアグリドリーム株式会社 https://www.mc-agri.co.jp/
東京都中央区日本橋本石町一丁目2番2号 三菱ケミカル日本橋ビル
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クレオテクノロジー >
  3. クレオテクノロジー 新型 水光栽培™システム「AN™ AGRICULTURE NEXT」完成、三菱ケミカルアグリドリームと共同提供開始、合わせて日本政策金融公庫からの資本性ローンにより事業基盤を確立