"夏を乗り切る"ひんやり立体マスク「Salaf<サラフ>」 Makuakeにて6月12日(金)から先行販売受付を開始

「①崩れない立体」「②ひんやり接触冷感素材」「③覆いすぎない小面積」もちろん何度でも洗える、新しい素材の立体マスクの提案です。

ガーゼのケットやタオルの開発・企画・販売を行う公大株式会社(所在地:愛知県蒲郡市三谷町上野24・25 以下当社)は、6月12日(金)から7月15日(水)の期間、アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」にて、夏を乗り切るひんやり立体マスク「Salaf<サラフ>」の先行販売を開始します。今回は「All in方式」を用いて、最大35%割引の商品先行販売します。


■Salaf<サラフ>ひんやり立体マスク
Salaf<サラフ>のひんやり立体マスクは、夏のマスクの暑さとムレを心配するお客様の声から生まれました。新型コロナウイルスの影響が続く中、感染予防のためにマスクの着用がまだ必要です。少しでもマスクを着用した生活が快適になるようにと思い、この商品を開発しました。主な特徴は以下の通りです。

①【崩れにくい立体】3Dニットが立体構造を作り、肌とマスクの間の空間を維持します。
②【ひんやり】熱伝導率の高い冷感ポリエチレン使用。接触冷感値Q-max 0.395。
③【少面積】顔を覆う面積を約30%カットして、ムレにくさを実現。

夏用のひんやり寝具を応用して開発した素材を使用。約1ヶ月の試作と使用テストを繰り返し、2020年6月12日(木)応援購入サービスMakuakeに登場しました。メーカー小売希望価格1500円を応援購入サービスMakuakeで6月12日〜7月15日までの間、最大35%割引の先行割引価格で販売します。
  • 製品名:Salaf<サラフ>ひんやり立体マスク
  • メーカー小売希望価格 1500円(税抜き)
  • Makuakeページ:https://www.makuake.com/project/salaf/
  • プロジェクト開始日:2020年6月12日(金)11:00

 

 

 

↓360度、Salafの立体マスクをご覧ください。 

 

崩れにくい立体形状崩れにくい立体形状

空間が出来るので、口元がマスクと接触せずに話もしやすい空間が出来るので、口元がマスクと接触せずに話もしやすい

肌に触れる面は冷感ポリエチレンを使用。接触冷感を示す値Q-max0.395(0.2以上で冷感が得られるとされています)肌に触れる面は冷感ポリエチレンを使用。接触冷感を示す値Q-max0.395(0.2以上で冷感が得られるとされています)

顔を覆う面積を約30%カット。顔を覆う面積を約30%カット。

 

水に濡らすとひんやりします水に濡らすとひんやりします

肌に張り付かず、喋りやすいので、作業や打ち合わせでの使用に向いています肌に張り付かず、喋りやすいので、作業や打ち合わせでの使用に向いています

 


■Salaf<サラフ>とは
「Salaf<サラフ>」シリーズは、公大㈱が展開する涼しい夏寝具のブランドです。立体構造の生地を使った涼やかな敷きパッドがメインの商品で、10年以上も市場で指示されています。今回のひんやり立体マスクに使っている素材は、サラフの商品開発をする中で産まれました。


■公大について


公大株式会社は、繊維の産地蒲郡で70年もの間、繊維製品を開発、販売してきた会社です。社員全員が睡眠の資格を持つ「眠りと健康」に特化した事業を行ってきました。Salaf<サラフ>シリーズは、昼の間よく動き、夜はぐっすり眠る健康的な生活を送って欲しいと願うブランドです。
 
  • 製品名:Salaf<サラフ>ひんやり立体マスク
  • メーカー小売希望価格 1500円(税抜き)
  • Makuakeページ:https://www.makuake.com/project/salaf/
  • プロジェクト開始日:2020年6月12日(金)11:00

公大㈱ ホームページ:http://kohdai.co.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/KOHDAI2020
取材仕入れ等のお問い合わせはこちら:salaf@kohdai.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公大株式会社 >
  3. "夏を乗り切る"ひんやり立体マスク「Salaf<サラフ>」 Makuakeにて6月12日(金)から先行販売受付を開始