CFOを支援!管理会計の高度化3ツールを日本初公開

日本のCFO、経営企画、財務部向けに業績管理の高度化ツールを期間限定で公開

クラウドソリューションの導入実績で2019年に国内No.1となり、表彰歴も多く持つShearwater Japan株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:バソ・バティスト)は7月17日(金)までの期間限定で、CFO、経営企画、財務部向けに業績管理の現状業務の診断と、高度化していくステップを可視化するツールを無料で公開いたします。

「業績管理高度化ツール」は、自社の状況をチェックボックス形式で回答することで簡単に業績管理における現状分析と、今後の高度化に何が必要なのか把握できるツールとなっております。

◆効率的な経営体制をとれている企業は、成長率が高い

米国で行った調査結果ですが、効率的な経営管理体制をとり、企業活動の「分析」に注力している企業は、そうでない企業に比べ10年間で2倍の収益の差がでる、というデータがあります。

 


その理由は、効率的な経営体制で分析に注力している企業では、経営計画で将来やることが明確化されており、その定期観測をすることでより生産的な活動に注力しているからだと我々は考えます。

財務担当者が本来の分析業務に時間を費やすことで、経営陣に対して迅速で正確な意思決定をするための有益な情報を与えることができるのです。


◆誰も正解を教えてくれない、管理会計という業務

では、どうすれば「効率的な経営体制」を作れるのでしょうか?

財務会計とは違い、特定のルールの無い管理会計(Management Accounting)において、アメリカでは「米国公認管理会計士(US.CMA)」という資格があるほど、企業の業績予測をするために必要な知識習得への価値が認知されています。

しかし、それらのテキストでは製造業とサービス業の予算編成の流れの違いや、予算管理パターンなど抽象的な知識は得られても、「あなたの会社が次にとるべきアクションはこれです!」と、業績管理を充実させていくための具体的なアドバイスを早急にしてくれるわけではありませんし、無料でそういったことを教えてくれる書籍やコミュニティは日本にはほぼ無いと思います。

財務担当者は誰にも相談することができず、経営層から求められる要求に、自力で答えを模索する日々を過ごしているケースが日本でも散見されます。

実際に、毎年数万社の企業と業績管理や経営管理をテーマとして打ち合わせをしていますが、多くの企業から

「うちの経営管理に何か足りない点があるか見て欲しい」

「他の企業で成功した事例やノウハウをもっと教えて欲しい」

といった相談を受ける機会も多いです。


◆業績管理で必要な要素の全てをフレームワーク化

そこで、5,200社の既存のお客様や、累計数十万社への提案経験で蓄積したノウハウ、コンサルティング会社などのパートナー企業が監修のもと、企業が業績管理を高度化していくために必要なアクションを全て網羅したツールを開発しました。

自社の状況をチェックボックス形式で回答することで、簡単に業績管理における現状の把握と、今後とるべきステップを可視化するツールとなっております。


業績管理高度化ツールの概要

・効率的な経営体制にいくための3つのステップとは?

・業績管理の仕組み化で必要な「4つのフレームワーク」

・134個の現状の業務診断チェックボックス

・今後のあなたの業績管理高度化のアクションプランレポート

・200社が実際に高度化ツールを使ってみた、課題と傾向のまとめレポート

・日本の上場企業で、高度化ツールを活用しどうなったかをインタビュー!(注1)


◆応募条件

「業績管理高度化ツール」は無料で提供いたします。指定のURLから資料請求を頂き、ご応募ください。

なお、先着30名に限り、その高度化ツールを使った日本の上場企業が、その後どう成長したかインタビューした動画もセットでお送りします(注1)。


<資料請求3特典>

(1)業績管理高度化ツール

(2)高度化ツールを使った200社の傾向分析レポート

(3)日本での高度化ツールを利用した上場企業へのインタビュー動画(先着30名限定)


弊社が提供するWorkday Adaptive Planningを利用していない方や、現状エクセルで業績管理をされている方が今回の対象となります。

なお、応募期間は7/17(金)16:59までといたします。


※上記3特典のセットは弊社で独自に編集したコンテンツであり、他の企業では提供を一切行っておりません。
※競合他社からのお問合せの場合はお断りしております。
※資料請求後の弊社のメールマガジンはいつでも解除ができます。


◆資料請求はこちらから

こちら↓のURL先から資料請求して頂き、題名に「業績管理高度化ツール希望」とご記載ください


資料請求URL:https://adaptive.sw-lp.com


◆Workday Adaptive Planningとは?
 

AdaptiveダッシュボードAdaptiveダッシュボード


Workday Adaptive Planning(旧AdaptiveInsights、以下Adaptive)とは、マイクロソフト社やコカ・コーラ社も使う、5,200社の導入実績を持つSaaS型の経営管理クラウドサービスです。

業績予測を管理するシステムは15年以上も前から存在しておりますが、最近の統計調査でも9割近くの企業が予算編成や業績見通しの管理は完全にシステム化に至っていない状況です。

当時、アメリカでCFOとして勤めていたロバート・ハル(Adaptive開発者)は、自社で運用していた経営管理システムが、高度なIT知識のある情報システム部門のサポート無しに運用できないほどの「使いづらさ」であったことに失望します。

なぜなら、たとえどんなに多くの機能を持つハイスペックなシステムを導入しても、使いづらければ現場のユーザが入力してくれず、業績見通しのデータを集める事ができませんし、なおかつ経営管理では期中の組織変更対応や、経営会議資料の編集作業など、システムのメンテナンスを財務部門が簡単に出来ないと、本来のコアな業務である分析作業や戦略立案に時間が割けないからです。

アメリカ中をまわり、見れる限りのIT製品を検証しましたが、「ファイナンス部門だけで運用が完結できる品質レベル」という基準を満たす製品が世の中に無かったために、シリコンバレーで自ら起業し、現在に至ります。

予算、見通しの入力から帳票作成、グラフ作成まで1つの製品でできるAdaptiveは、2019年の米国Gartnerによる経営管理クラウドのユーザー利用評価で14製品中1位を獲得するまでに成長しております。
 

予実差異分析イメージ予実差異分析イメージ




◆Q&A

(1)自分達の扱っている製品を売り込むためのツールではないのですか?

現在のAdaptiveに機能があるかどうかではなく、業績管理を仕組化するのに必要な要素を網羅することに注力して開発したツールとなっております。

アメリカには、Gartner Peer InsightsというIT製品を既に利用しているユーザの方の口コミサイトが広く浸透しており、IT製品を新たに導入する方が参考にするサイトとしてよく利用されております。

そういった実際にIT製品を使っているユーザによる評価サイトがあるうえで、顧客の成長に貢献せず、顧客に「歪み」のあるマーケティングをしていることはかえってマイナスに働くことを、Adaptiveの創業者、CRO(最高売上責任者)自身が知っております。

したがって、現在のAdaptiveに機能があるかどうかではなく、純粋に業績管理に役立つツールを作ることを意識して開発しております。
 

Adaptive創業者、CROAdaptive創業者、CRO



(2)なぜ無料で公開するのですか?

我々が業績管理のビジョンを見せる必要があると考えているためです。

アメリカでシェアの高い、ある有名なカメラメーカーのマーケティングでは、カメラ自体を売り込むのではなく、世の中にある素晴らしい風景(ビジョン)をユーザに訴えています。

世の中にはこんなに素晴らしい世界があるんだ、と。

そして彼らは、その素晴らしい世界観を最も綺麗に写せるのが、自分達のカメラだ、と間接的にアピールしているのです。

我々も、製品の認知を広げる手段として、まず業績管理でどんな状態が理想なのか、というビジョンや、そこに行くまでに必要なステップをマーケットリーダーとして具体的に示す必要があると考えました。

さらに、CFO経験者である創業者が開発した今回の「業績管理高度化ツール」を公開し、登録者が増えれば増えるほど業績管理の発展に関する知見がたまっていきますので、そこから得られたノウハウを弊社の提供するソフトウェアに適用していき、理想とする業績管理を行うために弊社が提供するソリューションが最もふさわしいことを今後もアピールしていきたいと思い、あえて一般公開に踏み切りました。

成長意欲が高く、情報感度の高いファイナンス関係の方々に、今後もより有益なコンテンツを情報発信していく予定です。
 

Adaptive 導入事例Adaptive 導入事例



(3)大企業が使うツールは、うちの会社には関係ありません

現在では、5200社の既存のお客様のうち25%の企業が、従業員3,000名を超えるエンタープライズ企業という割合になっておりますが、Adaptiveは企業規模に応じた価格体系を現在採用しており、社員数が100名未満の日本の企業にも現在もご利用いただいております。


◆資料請求はこちらから


<資料請求 限定無料3特典>

(1)業績管理高度化ツール

(2)高度化ツールを使った200社の傾向分析レポート

(3)日本での高度化ツールを利用した上場企業へのインタビュー動画(先着30名限定)


こちら↓のURL先から資料請求して頂き、題名に「業績管理高度化ツール希望」とご記載ください


資料請求URL:https://adaptive.sw-lp.com


応募期間は7/17(金)16:59までといたします。


※上記3特典のセットは弊社で独自に編集したコンテンツであり、他の企業では提供を一切行っておりません。
※競合他社からのお問合せの場合はお断りしております。
※資料請求後の弊社のメールマガジンはいつでも解除ができます。



◆その他、参考ページ

上場企業のモルフォ、経営管理クラウドとSalesforceを連携(インタビューあり)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000054513.html

経営管理クラウドとして、ガートナーによる2019年ユーザ利用評価第1位にAdaptiveが認定
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000054513.html

上場企業の識学、経営管理の強化に向け予実管理クラウドを採用
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000054513.html

経営管理クラウドAdaptiveの5分早わかり動画(Youtube)
https://youtu.be/PRNtQRo-lQM 
 
  1. プレスリリース >
  2. Shearwater Japan株式会社 >
  3. CFOを支援!管理会計の高度化3ツールを日本初公開