“新しい美術館カフェの過ごし方”をヨックモックミュージアムが提案!のんびりしながらリフレッシュもできる体験型アートキットメニュー「art for café」を10月25日のミュージアム開館と同時に開始

~芸術の秋にふさわしい第一弾は『世界で1つだけのコースターをつくろう』~期間限定のテイクアウトやお取り寄せでおうちアートカフェも可能に♪

一般社団法人YMハウス(東京都港区、館長 藤縄利康 )は、ヨックモックミュージアム館内に併設する「カフェ ヴァローリス」で同館グランドオープン当日でもある2020年10月25日(日)より、のんびりと過ごしながらアートな気分が味わえる、アートキットメニュー「art for café(アート フォー カフェ)」を開始いたします。 

 ヨックモックミュージアムの「カフェ ヴァローリス」は、カフェだけでの利用も可能です。気軽にクリエイティブワークが楽しめて、リフレッシュもできる体験型カフェメニューは、ヨックモックミュージアムならでは!今までにない、新しい美術館カフェの過ごし方をお楽しみください。
 新型コロナウイルス感染拡大防止策として、店内は東京都が定める感染対策を実施いたします。また、ご購入いただいた皆様には、楽しみ方のご参考として描き方オンライン動画のQRコードもお渡しし、テイクアウトやお取り寄せにも対応いたします。ご自宅でもアートなカフェタイムをお楽しみください。

アートキットメニュー「art for café」 1,650円(税込)
販売開始日:2020年10月25日(日)~

第1弾タイトル:世界で1つだけのコースターをつくろう
展開期間:2020年10月25日(日)~11月29日(日)
内容:アートキット(無地コースター、透明フィルター、色鉛筆6色、作り方記載のカラー台紙)、プティ シガール、ドリンク(コーヒーまたは紅茶またはジュース)

*透明フィルター:作品を保護する透明のカバーシールです。

 

テイクアウト、お取り寄せ内容イメージテイクアウト、お取り寄せ内容イメージ

 テイクアウト、お取り寄せの場合は、プティ シガールとドリンクの代わりに「アン グラン」の焼き菓子と、「カフェ ヴァローリス」が厳選したティーバッグ2袋(オーガニック フェアトレードティーの「アールグレイ」と、「アッサムブレンド(カフェインレス)」の各1袋)がつきます。焼き菓子の詳細に関しましては、ご注文の際にお問い合わせください。

*お取り寄せの場合は、送料別でお振込み確認後発送となります。

店名:カフェ ヴァローリス

場所:ヨックモックミュージアム館内 1階
営業時間:10時〜17時​(現在時短開館中:11時~16時)
*L.O.は閉店の1時間前
休館日:月曜日・年末年始・展示替期間
*ただし月曜日が祝日の場合、翌平日
*新型コロナウイルス感染拡大防止のため変更となる可能性がございます。
お客様からのお問い合わせ:TEL03-3486-8000 FAX03-3486-8001
お取り寄せをご希望のお客様は、HPのお問い合わせフォームより、件名を「カフェについて」としてご連絡ください。https://yokumokumuseum.com/page/contact/
 

 当館ならではの各種アートセッションやイベント、カフェメニューにどうぞご期待ください。
 また、カフェでは同じヨックモックグループ内のハイエンドブランド「UN GRAIN(アン グラン)」のミニャルディーズもお楽しみいただけます。
*「ミニャルディーズ」とは、フランス語で「上品さ、可憐さ」という意味を持つ、ひとつまみサイズのお菓子のこと。UN GRAINでは、家族や友人など大切な人たちと過ごすひとときにおもてなしの心を表してくれる、小さくシックなお菓子を総称して呼んでいます。

■美術館について

 『シガール』を代表商品とする洋菓子製造販売の株式会社ヨックモックの創業者である藤縄則一(ふじなわ のりいち)の「菓子は創造するもの」という想いを受け継ぎ、株式会社ヨックモックホールディングス取締役会長であり当美術館の館長でもある藤縄利康(ふじなわ としやす)が精選し、ヨックモックグループとして30年以上かけて集めたピカソのセラミック作品などのヨックモック・コレクションを中心に美術品を展示する美術館です。
ピカソの豊かで自由な発想が投影された作品を通じて、誰しもが驚きと発見に出会える場を提供し、アートによる全ての人と人とのつながりを創造します。

■ヨックモック・コレクションについて

 

 ヨックモック・コレクションは、ピカソのセラミック作品のエディションを数多く包括的に収集した、世界で有数のコレクションのひとつです。ピカソのエディションにおいて最も特筆すべき点は、職人が型やろくろによって形態を忠実に複製し、ピカソがときに型破りな方法で生み出した形態や効果をも再現したことです。
セラミック制作に初めて本格的に着手した、第二次世界大戦後の1947年から1973年に死去するまで、ピカソはフランス南部のヴァローリスにあるマドゥラ工房でラミエ夫妻と緊密に協力しながら、数千点にものぼる作品を制作しました。ピカソのセラミック作品を数多く所蔵するヨックモック ・コレクションには、お椀、水差し、食器、大皿といったエディションとして生産された多岐にわたる容器や優れた大型の作品の全てが含まれており、ピカソの粘土を通じた創造の比類なき記録を示すものとなっています。
*「エディション」とは、南仏の町ヴァローリスにあるマドゥラ工房で、ピカソが熟練した職人たちと協働し創り出した作品のこと。

■ヨックモックミュージアム

住所:〒107-0062 東京都港区南青山6丁目15-1
アクセス:東京メトロ表参道駅から徒歩12分、渋谷駅より都営バス「新橋駅前」行乗車「青山学院中等部前」下車徒歩1分 ※駐車場はございません
休館日:月曜日・年末年始・展示替期間
*ただし月曜日が祝日の場合、翌平日
開館時間:10時〜17時 ​(現在時短開館中:11時~16時)
*入館は閉館の30分前まで
*カフェL.O.は閉店の1時間前まで

​*毎週金曜日の夜間開館は、コロナ感染防止策を踏まえ、当面の間延期いたします。
*その他の情報に関しましても、新型コロナウイルス感染拡大防止のため変更となる可能性がございます。
URL:yokumokumuseum.com
お問い合わせ:TEL03-3486-8000

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人YMハウス >
  3. “新しい美術館カフェの過ごし方”をヨックモックミュージアムが提案!のんびりしながらリフレッシュもできる体験型アートキットメニュー「art for café」を10月25日のミュージアム開館と同時に開始