「知性と感性を醸成する場」和歌山市民図書館がグランドオープン

知性と感性を醸成する場
和歌山市民図書館がグランドオープン

 

和歌山市(市長:尾花正啓、以下「和歌山市」)は2020年6月5日(金)、南海電鉄和歌山市駅前に『和歌山市民図書館』を開館いたします。カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(代表取締役社長:増田宗昭、以下「CCC」)とのパートナーシップにより、和歌山市民の皆さまにとって居心地が良く、知識・体験・新しい価値観が得られる場づくりを目指します。

 

新しい和歌山市民図書館は、知・情報・交流・くつろぎの拠点となる図書館として、365日年中無休で、朝9時から夜9時まで開館します。


<和歌山市民図書館、10の特長>
1) 南海電鉄和歌山市駅に隣接する図書館です。1階から5階までフロアごとに性格の違う空間が広がり、自分の好きな居場所を見つけることができます。
2) 蔵書数は約50万冊。リニューアル前は約15万冊だった開架図書を、約30万冊にし、市民の皆さまの手に取っていただけるようにいたします。
3) 年中無休、365日開いている図書館です。 開館時間は朝9時から夜9時です。
4) 座席数は約670席。コミュニケーションの場として、自分を高める場として、憩いの場として、市民の皆さま、お一人お一人の使い方ができます。

 

5) 館内はWi-Fiも完備、電源のある席も約130席ご用意しています。
6) 4階には「こどもとしょかん」を独立させ、子どもたちがはしゃいでも気兼ねなく過ごせるスペースがあります。「えほんの山」と呼ぶ楽しいスペースには、ナギの大木が描かれたアートが、子どもたちを迎えます。

7) 1階にはスターバックスが出店。購入したコーヒーを飲みながら、図書館の本も書店の本も楽しむことができます。

8) 雑誌や最新の書籍はもちろん、文具や雑貨、和歌山の厳選された特産品を取り揃えた蔦屋書店を、図書館の補完機能として併設しています。

9) 和歌山の文化、おでかけ、食などの観光情報を集約して案内できる窓口を設け、海外からの来訪者にも対応ができます。
10) 屋上には、市民の皆さま憩いの場となるような、テラス席や屋上キッチンを完備した芝生広場があります。子どもたちが駆け回る姿を見ながら、ご家族が、ゆったりお過ごしいただけます。

 

〈 施設概要等 〉
名称  和歌山市民図書館
住所  和歌山県和歌山市屏風丁17番地
指定管理  指定管理者 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
指定期間 2019年12月19日~2024年3月31日

全館オープン 2020年6月5日(金)

休館日 なし、年中無休

開館時間 <図書館>午前9時~午後9時、<カフェ及び書店>午前9時~午後9時

施設概要 <1階>図書館、カフェ及び書店、<2階> 図書館 生活に密接な分野の図書を配置したフロア、多目的ルーム、有吉佐和子文庫、<3階> 図書館 学習室を中心とした学術的な図書を配置したフロア、移民資料室、<4階> 図書館 こどもとしょかん、<屋上> 図書館 屋上キッチン、芝生広場とテラス

民業<書店>蔦屋書店 <カフェ>スターバックス

サービス 図書利用券発行(利用券、Tカード)、国内在住者館外貸出可能、資料相互貸借サービス、予約受取サービス、自動貸出機、館内フリーWi-Fi、iPad館内貸出 他

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 >
  3. 「知性と感性を醸成する場」和歌山市民図書館がグランドオープン