自治体向け新交通システムの予備(先行)調査サービスを提供開始

~自治体の課長決済でできる新交通計画の予備(先行)調査サービス〜

Zip Infrastructure株式会社(本社:東京都荒川区、代表取締役:須知髙匡)では、自治体が新交通システムを導入する際に、1ヶ月でできる弊社次世代交通システムZippar導入に向けた地域の交通予備(先行)調査サービスを、交通コンサルティング企業ジェットコネクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:重田英貴)とともに提供いたします。以下のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

Zip Infrastructure株式会社(本社:東京都荒川区、代表取締役:須知髙匡)では、自治体が新交通システムを導入する際に、1ヶ月でできる弊社次世代交通システムZippar導入に向けた地域の交通予備(先行)調査サービスを、交通コンサルティング企業ジェットコネクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:重田英貴)とともに提供いたします。以下のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
 

(画像1) 次世代交通システム Zippar(画像1) 次世代交通システム Zippar

 

(画像2) Zipparパンフレット(画像2) Zipparパンフレット

 

 

(画像3)交通予備(先行)調査概要(画像3)交通予備(先行)調査概要


また、交通予備(先行)調査サービスをご検討いただくための参考資料として、自治体様向けに次世代交通システム電動自走式ロープウェイZipparのご紹介と、交通予備(先行)調査サービス検討資料としてパンフレットを制作いたしました。以下資料請求フォームよりご請求いただけます。

■交通予備(先行)調査お問い合わせ
https://zip-infra.co.jp/ ページ下部からどうぞ

■Zippar紹介と交通予備(先行)調査サービス検討資料請求フォーム
https://forms.gle/Z1cRDbjJ6SD537ML9

 

■なぜ新サービス提供開始に至ったか

自治体で新交通システムを導入する際は、事前に交通専門コンサルタントに1年間かけて数千万円程度の調査を行いますが、高コスト、長期間であるため、渋滞など交通に関する諸問題を抱えていても、調査すら実施しづらい状況が多いです。このことからサービス提供に至りました。

 

■交通予備(先行)調査サービスの特徴

交通コンサルティング企業ジェットコネクト株式会社と連携し、Zippar導入に向けた地域の交通特性等を約1ヶ月でレポートいたします。料金は課長決済範囲内の50万円になります。課長決済範囲が違う場合はお申し付けください、柔軟に対応します。


■交通予備(先行)調査サービスの概要
土地利用計画から交通需要管理、交通結節点計画、公共交通計画等と、すでに利用されている輸送機関におけるネットワークを総合的に検討し、Zippar導入にあたってのモデルプランを、ジェットコネクト株式会社よりレポートします。それにより、導入時のメリットや他の交通機関との連携のイメージを明確にしていきます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Zip Infrastrucuture株式会社 >
  3. 自治体向け新交通システムの予備(先行)調査サービスを提供開始