『須藤玲子:NUNOの布づくり』 オンライン生産者訪問、ジャパン・ハウス ロンドンでの展覧会にあわせて開催

Japan House London『MAKING NUNO Japanese Textile Innovation from Sudō Reiko 須藤玲子: NUNOの布づくり』関連イベント

ジャパン・ハウス ロンドンは世界的なテキスタイルデザイナー須藤玲子の作品を紹介する展覧会『須藤玲子:NUNOの布づくり』の開催にあわせ、日本の代表的な染織産地のひとつである京丹後と鶴岡をライブでつなぎ、NUNOのテキスタイル制作の現場を紹介するイベント「オンライン生産者訪問」を開催します。

「きびそ」を用いたテキスタイル(C)Japan House London「きびそ」を用いたテキスタイル(C)Japan House London

 

ジャパン・ハウス ロンドンは、NUNOのディレクターで国内外で高い評価を得ているテキスタイルデザイナー、須藤玲子の作品とその創作プロセスに迫る展覧会『MAKING NUNO Japanese Textile Innovation from Sudō Reiko  須藤玲子:NUNOの布づくり』を開催します。すでに先行公開をしているグランドフロアに続き、5月17日(月)からは、ついに地下ギャラリーも含めた全展示が公開となります。

本展では全国の工場や職人とのコラボレーションにより日本の繊維産業の可能性を広げ、サステナブルな生産モデルを構築してきた須藤の取組みに焦点をあてていますが、その関連イベントとして制作の現場をライブでつなぎ、NUNOの布づくりの裏側を紹介する「オンライン生産者訪問」を開催します。第一弾の5月14日(金)は日本有数の絹織物の産地であり丹後ちりめんの生産で知られる京丹後より田勇機業株式会社の代表 田茂井勇人氏が、第二弾の6月4日(金)には須藤と共にシルクの廃物利用である「きびそ」をつかった革新的な布づくりをおこなう山形の鶴岡シルク株式会社 代表の大和匡輔氏が登場します。

ちりめんの強撚糸の特性を活用したNUNOのテキスタイル《パピリオ》 Photo Masayuki Hayashiちりめんの強撚糸の特性を活用したNUNOのテキスタイル《パピリオ》 Photo Masayuki Hayashi

「きびそ」の素材の展示 (C)Japan House London「きびそ」の素材の展示 (C)Japan House London

 

当日は現地とジャパン・ハウス ロンドン企画局長 サイモン・ライト、東京のNUNOの須藤玲子をオンラインでつなぎ、トークセッションを交えて工場の様子を案内します。NUNOが製作の現場をこうしたかたちで公開するのは初の試みで、作り手との対話を通じて革新的な布づくりを続ける須藤のクリエイションに迫る貴重な機会となります。

各イベントにはZOOMでの参加、もしくはJapan House LondonのFacebook、YouTube、LinkedInでのライヴストリーミング、後日公開されるアーカイブでの視聴が可能です。(ZOOMのみ事前予約制/無料) 

◇オンライン工場見学:丹後ちりめん◇
Tango Chirimen: Factory Visit & Conversation
日時:5月14日(金)20-21時 *ロンドン現地時間12-13時
出演:田勇機業株式会社 代表取締役社長 田茂井勇人 / NUNO デザインディレクター  須藤玲子 / ジャパン・ハウス ロンドン企画局長 サイモン・ライト 
詳細・視聴申込はJapan House Londonのウェブサイトをご覧ください。(ZOOMのみ事前申込制)https://www.japanhouselondon.uk/whats-on/2021/tango-chirimen-factory-visit-and-conversation/
 

*以下でのライブストリーミングからもご視聴いただけます。(後日アーカイブ公開あり)

Facebook:www.facebook.com/japanhouseldn
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCoIFQMdO72fkaEue2WM-QGw
LinkedIn: https://www.linkedin.com/company/japan-house-london

田勇機業の工場 (C)Tayuh the textile industry co.,ltd田勇機業の工場 (C)Tayuh the textile industry co.,ltd

◇対談:鶴岡シルク X 須藤玲子 廃物利用「きびそ」(仮)◇

日時:6月4日(金)20-21時 *ロンドン現地時間12-13時
出演:鶴岡シルク株式会社 代表取締役 大和匡輔 / NUNO デザインディレクター 須藤玲子 / ジャパン・ハウス ロンドン 企画局長 サイモン・ライト 
*詳細・申込フォームはJapan House Londonのウェブサイトに近日中にアップします。 https://www.japanhouselondon.uk

「きびそ」のプロジェクトを紹介する展示 (C) Japan House London「きびそ」のプロジェクトを紹介する展示 (C) Japan House London

◎展覧会について

イギリスのジャパン・ハウス ロンドンで開催される本展は、2019年に香港のアートセンターCHAT(Centre for Heritage, Arts and Textile)で開催された展覧会をベースに、特にNUNOの活動のサステナビリティに焦点をあて新しい編集で公開するものです。須藤の代表的なテキスタイルの製造過程を音と映像で再現する齋藤精一のアート・ディレクションによるインスタレーションの他、須藤のデザインの原画やテキスタイルの原料やプロトタイプなどが展示されます。5月17日(月)からの地下ギャラリーの公開に先立ち、グランドフロアでの一部展示がスタートしています。

グランドフロアの展示(C) Japan House Londonグランドフロアの展示(C) Japan House London

『MAKING NUNO Japanese Textile Innovation from Sudō Reiko  須藤玲子:NUNOの布づくり』

期間:2021年5月17日(月)ー7月11日(日)
会場:Japan House London
入場無料(予約制)
詳細:https://www.japanhouselondon.uk/whats-on/2021/exhibition-making-nuno-japanese-textile-innovation-from-sudo-reiko
 

◎須藤玲子プロフィール

須藤玲子  Photo  Masayuki Hayashi須藤玲子 Photo Masayuki Hayashi

茨城県石岡市生まれ。武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科テキスタイル研究室助手を経て、株式会社 布 の設立に参加。現在取締役デザインディレクター。英国UCA芸術大学より名誉修士号授与。2019年より東京造形大学名誉教授。2008年より良品計画のファブリック企画開発、鶴岡織物工業協同組合、株式会社アズのデザインアドバイスを手がける。2016年無印良品アドバイザリーボードに就任。 毎日デザイン賞、ロスコー賞、JID部門賞等受賞。日本の伝統的な染織技術から現代の先端技術までを駆使し、新しいテキスタイルづくりをおこなう。作品は国内外で高い評価を得ており、ニューヨーク近代美術館、メトロポリタン美術館、ボストン美術館、ビクトリア&アルバート博物館、東京国立近代美術館等に永久保存されている。代表作にマンダリンオリエンタル東京、東京アメリカンクラブ、大分県立美術館のアトリウムのテキスタイルデザインがある。2018年 国立新美術館にて大規模なテキスタイルインスタレーション「こいのぼりなう!」、2019年 香港のCHAT (Centre for Heritage, Arts and Textile) にてSudo Reiko: Making NUNO Textiles を開催。その他国内外の数多くの展覧会に出品。


 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NUNO >
  3. 『須藤玲子:NUNOの布づくり』 オンライン生産者訪問、ジャパン・ハウス ロンドンでの展覧会にあわせて開催