ギグセールス、リースと業務提携し、所属フリーランスへの賃貸向け与信サービスの提供開始

営業フリーランスチームによる法人営業代行サービスを展開するギグセールス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林竜大、以下:ギグセールス)は、フリーランス特化型の賃貸向け与信サービス『smeta』を提供するリース株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:中道康徳、以下:リース)と業務提携し、ギグセールスに所属する営業フリーランス向けに『smeta』の提供を開始したことをお知らせします。


本提携と提供内容について
今回の業務提携を機に、ギグセールスに所属する営業フリーランスは、賃貸向け与信サービス『smeta』を通じて簡単かつ確実に賃貸住宅の入居審査に必要な与信が得られるようになります。これによって、一般的に社会的信用が低いといわれるフリーランスが賃貸借契約を結びやすくなります。


背景
「フリーランス」や「ギグ・ワーカー」、「副業」といった特定の企業に属さない新しい働き方が注目され、一般に浸透しつつある一方で、会社員と比較して社会的信用が低いと見なされてしまう場合があります。与信が関わる賃貸住宅においても同様で、フリーランスにとって解消されるべき問題のひとつです。    

ギグセールスの場合、所属している営業フリーランスは定常的にプロジェクトにアサインされた上で報酬が支払われており、「フリーランス」や「会社員」といった肩書きに囚われない客観的な判断に基づく与信が求められていると感じていました。今回の提携では、リースの「個人の信用価値を最大化する」というビジョンに共感し、所属フリーランス支援プログラムのひとつとして提供することを決定しました。

これからもギグセールスは、所属フリーランスが柔軟に働ける環境を創ることで、パフォーマンスの最大化と営業領域におけるフリーランスの普及を両立させ、日本企業の営業リソース不足の解消を目指します。


リース株式会社について
設立:2018年
代表:中道 康徳
所在:東京都港新宿区西新宿7丁目9-16 西新宿メトロビル 6F
事業:リース株式会社は、信用経済社会(評価経済社会)における与信プラットフォームを目指すCredit Techのスタートアップとして、不動産×金融を切り口とした与信サービス『smeta』の開発・運営や、AIを用いた与信評価エンジンを企画・開発しています。「個人の信用価値を最大化する」というミッションの達成に向けて、個人の信用力の“見える化”(信用スコアリング)、与信データを自由に利活用できる与信プラットフォームの開発を通じて、不動産・金融市場および消費者信用産業市場の成長と発展に寄与いたします。
・賃貸向け与信サービス『smeta』(https://smeta.jp/
・家賃債務保証サービス『smeta保証』(https://sguarantee.jp

ギグセールス株式会社について
設立:2017年
代表:小林 竜大
所在:東京都港区赤坂9丁目6番地28号 アルベルゴ乃木坂
事業:「営業フリーランスの新しい働き方・カタチを創出していく」ことをミッションに、自社で採用・育成・マネジメントしている営業フリーランスチームによる法人営業代行サービスを展開し、急成長スタートアップや大企業の新規事業を中心に100社超を支援。これまでに培った法人営業代行の知見を注入し、営業代行会社と事業者のマッチングを実現する営業代行クラウド『Sales DataBase』を展開中。
・提供サービス:https://gig-sales.tokyo/service/
・営業代行クラウド『Sales DataBase』:https://sales-database.jp/company/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ギグセールス株式会社 >
  3. ギグセールス、リースと業務提携し、所属フリーランスへの賃貸向け与信サービスの提供開始