メディア席限定5席!宝石セミナーの開催《知って得をする!本当に価値のある宝石とは!?》

ルビーの専門店で開催される「宝石の価値についてのセミナー」を今回特別に公開いたします。

コロナ感染拡大収束の出口が見えない中においても尚、問い合わせ多数、宝石業界に激震を起こすルビー専門店が開催する大人気のシークレット宝石セミナーを開催します。
ミャンマー産天然無処理ルビーの専門店において、コロナ感染防止のため限定した人数で、毎月非公開で開催されている「本当の価値がわかる宝石セミナー」に、今回は5席のメディア席をご用意させていただき、特別に情報を公開いたします。

なぜこのセミナーを開催するのか?
… 宝石には価値があってないようなモノ???


価値の高い宝石には交換価値(換金性または資産性)がありますが、ブランド名と宝石の価値は別物です。日本の大半の消費者は、商業的に「商品」として量産されたものを宝石として購入し、手放すときに二束三文になってしまうことから「宝石には価値があってないようなモノ」という風潮が広まりました。その原因は、販売する側が、消費者に対して宝石の見分け方に対する情報開示が不十分なまま、ブランド名や高価なものというイメージで宝石を販売してきたからです。

以前のセミナーの様子以前のセミナーの様子

情報開示が大切な時代 … インターネットの発達による消費者のレベルが高くなった

これからは、自社に有利、不利に関係なく情報を開示していく時代です。消費者は自分自身の眼で価値判断できるように、宝石の価値の決まり方、見分け方について情報開示します。


宝石セミナーの内容 … 宝石の価値の決まり方

伝統的に宝石の定義は「美しく、希少性が高い、経年変化のない石」であり、人類の最も古い文化の一つです。
1、品質の見分け方
2、需給のバランス
3、価値評価に大切な伝統と慣習
について、分かりやすく説明します。


いま宝石セミナーに参加する人が増えている

コロナショック受け、多くの消費者が、今までの価値観を見直し始めました。何年、何百年、年千年たっても変わらないもの、、、宝石こそ大事に受け継ぐべき資産だと多くの方が再認識をしています。宝石の本当の価値とは?消費者が家宝として大切に持っておくべき宝石とは何かをお伝えします。

 

セミナー講師紹介

森孝仁
ミャンマー産天然無処理ルビー専門店Mori’s(モリス) 代表取締役。
日本宝石協会の理事を務め、ルビーのスペシャリスト。
原産地から京都、銀座、そしてニューヨークでの還流市場(サザビーズオークション)までを守備範囲に活動するモリスは、宝石ルビーの品質判定、需給のバランスに精通している。
月間ダイヤモンド、未来世紀ジパングなどに取り上げられ、宝石とは何かを伝え続けている。

 

セミナー情報

日時
12月19日(土)13:00-15:00
場所:東京都中央区銀座5-5-16 銀座テーラービル6F
03-6280-6156

メディア席は5席のみのご用意となります。
お早めにご予約ください。
セミナー公開は今回のみの開催となります。
この機会にぜひご参加ください。

 

ご連絡、ご予約について

株式会社モリス
東京都中央区銀座5-5-16 銀座テーラービル6F
03-6280-6156
https://www.morisruby.com
担当:滝野

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社モリス >
  3. メディア席限定5席!宝石セミナーの開催《知って得をする!本当に価値のある宝石とは!?》