これから野球を始める学童球児1,000名にグラブをプレゼントする「グリーングラブ・プロジェクト」第2弾始動

スターターの手を考え抜いた仕様で、キャッチボールがより楽しく!野球界の底上げへ

全ての野球プレーヤーの「真の力になる」を理念に、独自の開発で様々な野球アイテムを世に送り出してきた、株式会社フィールドフォースは、これから野球を始める球児1,000名に抽選でグラブをプレゼントする「グリーングラブ・プロジェクト」を2021年11月16日に開始しました。本プロジェクトの実施は本年で2度目となります。
https://www.fieldforce-ec.jp/?tid=8&mode=f239
 


 

  • プロジェクト始動の背景

 


フィールドフォースは 野球界を底辺で支えてくれている学童・少年野球を全力で応援・サポートしている会社です。
しかしながら、近年 小学生の野球離れが深刻な問題となっています。その影響か、日本全国にある学童チーム数は激減しています。

全日本軟式野球連盟に登録されているチーム数を見ると、今から10年前は 約15,000チームあったのに対し、現在は12,000チームしかありません。何と、この10年間で3,000チームも減ってしまいました。

当然、少子化という問題はありますが、それ以上のスピードでチーム数が減少しているのが実情です。


この理由は様々ですが、その1つに「子どもの手に合ったグラブが少ない」という問題が挙げられます。

身体に合わないサイズ感、子供の握力では握れないほど硬いグローブを使っているシーンを良く目にしますが、
そんなグローブではボールをキャッチすることは出来ません。
せっかく野球チームに入ったのに、ボールを上手くキャッチできない。つまらないから野球辞める!
それを本気で阻止したいという想いからプロジェクトを立ち上げました。

 

 

  • グリーングラブの特徴

 


1.柔らかさと軽量化を追求
力のない学童球児でも操作しやすいように素材、仕様に工夫を凝らし、柔らかさと軽量化を追求しました。

2.バンドルフィットを採用
手の甲に当たるバンド部分が通常のグラブとは異なる形のバンドルフィットという仕様を採用しています。
こうすることで手の小さい学童球児でもしっかりとフィットし、さらに指を動かしやすくなります。

3.指袋にスポンジ素材を使用
通常は革を使用し、硬く感じてしまう部分をスポンジ素材に切り替えることでグラブをはめた際の心地良さとフィット感が格段にアップしました。

 

  • 代表取締役社長の想い

 

 

  • プロジェクト詳細
​■概要
これから野球を始める選手、初めてグラブを身につける選手に専用に開発した「グリーングラブ」を抽選で1000名にプレゼント

■応募方法
1.LINE フィールドフォース公式アカウントを友達登録
2.トーク画面で「グリーングラブ」と送信
3.自動返信される応募フォームに必要事項を入力

■応募期間
2021年11月16日(火)~2021年12月13日(月)18:00まで

■応募条件
・第1回開催時に当選していないこと
・これから学童野球を始める8歳以下の少年少女(その親御様)

■当選発表について
応募フォームにご入力いただいたメールアドレスへ当選メールをお送りさせていただきます。
当選発表は12月中旬となります。

当選者へのグラブの発送も12月中旬を予定しております。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フィールドフォース >
  3. これから野球を始める学童球児1,000名にグラブをプレゼントする「グリーングラブ・プロジェクト」第2弾始動