【新型コロナ、インフル・溶連菌等の発熱患者が来ても安心。飛沫感染防止対策用 段ボール製簡易型診療ブースに新タイプ登場!】

有功社シトー貿易株式会社 (本社:東京都北区、代表取締役:谷口有三)は、新型コロナウイルス等の飛沫感染対策用 段ボール製簡易型診療ブース『どこでも発熱外来』に多様な設置場所に適した診療ブース2タイプを9月より販売開始。

5月より段ボール製簡易型診療ブース『どこでも発熱外来』PCR検査向けに保健所、専門病院等に広く納入してきました。こうした中、医療従事者のお声を集めたところ、コロナウイルス感染対策にとどまらず、これからの季節インフルエンザなど発熱を伴った患者さんを迎えるにあたりお医者様方が不安なく診察ができ、診療所、病院の限られたスペースにも置くことができるコンパクトなタイプをとのことから、製品化しました。2種タイプのサイズで新登場しました。


『どこでも発熱外来デラックスS』は従来品より軽量かつ強度が高い建材などに使用される段ボールを採用。通常の段ボールは茶色が主流ですが、医療施設の清潔なイメージを損なわない白色段ボールに変更しました。デジタル印刷で小児科、産婦人科、介護施設などに応じたデザインを印刷することも可能(オプション仕様)。
また、ミルクカートンと同じ素材でできた段ボール製の廉価版『どこでも発熱外来S』も併せて発売となりました。


『どこでも発熱外来』は段ボールであるため軽量且つ、工具不要の組立て式で、約5分で組立て・3分で解体が可能です。段ボールは再利用されるため環境にも優しく、そして価格が安く抑えられます。
「どこでも発熱外来デラックスS」、「どこでも発熱外来S」は2種類の段ボールを使用しサイズが異なるため設置場所に応じて選択するが可能です。
 

 



【どこでも発熱外来デラックスS】

 

 

 

【どこでも発熱外来S】

 

 

■どこでも発熱外来の特長
・発熱や新型コロナウイルスおよび他の感染症(インフルエンザ、マイコプラズマ、溶連菌)等の感染者から二次感染防止
・通常患者と発熱患者の時間的・空間的ゾーニングが可能
・組立て式のため工具を使わずに約5分で組立完了
・医師と患者は直接触れることなく隔離できる(患者側から医療者側への感染を防ぐ)
・備え付けの手袋で触診可能
・聴診器孔も設置
・ラミネート加工しているためアルコール消毒可能
・医療従事者が毎回防護服に着替える必要が無いため、高温下での作業負担軽減

■どこでも発熱外来デラックスS
名称 : どこでも発熱外来デラックスS
金額 : 標準タイプ 8万8,000円(税抜・送料込)
納期 : 受注生産品のため約10日
サイズ:幅88㎝×奥行61㎝×高さ152㎝
材質 :リボード、PPフィルム、塩ビシート、塩ビバンド、マジックテープ

■どこでも発熱外来S(価格を抑えた省スペースタイプ)
名称 : どこでも発熱外来S
金額 : 標準タイプ 4万8,000円(税抜・送料込)
納期 : 受注生産品のため約10日
サイズ:幅68㎝×奥行76㎝×高さ170㎝
材質 :ミルクカートン、段ボール、塩ビフィルム

詳細URL:https://www.yct.co.jp/product/dokodemo-hatsunetsugairai.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 有功社シトー貿易株式会社 >
  3. 【新型コロナ、インフル・溶連菌等の発熱患者が来ても安心。飛沫感染防止対策用 段ボール製簡易型診療ブースに新タイプ登場!】