10月28日(水)「イノベーション×HRから見える可能性」についてAgorize JapanとVISITS Technologiesが共同オンラインイベントを開催

人事施策をご検討されてる方、オープンイノベーション担当の方、新規事業担当の方、 必見!オープンイノベーション×HRの連携による効果的な採用手法・人事施策について語ります。

世界最大級のオープンイノベーションプラットフォームを提供するAgorize Japan株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役カントリーマネジャー: 中澤亮太)は、イノベーションの創発プロセスをワンストップで科学的にサポートするVISITS Technologies株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松本勝)と共同で、オンラインイベントを開催します。今回は、オープンイノベーション施策を積極的に行っている森永製菓株式会社において、様々な角度からオープンイノベーションの現場を見てきている平野様をゲストにお迎えします。人事施策をご検討されてる方、オープンイノベーション担当の方、新規事業担当の方、是非ご参加ください。

イノベーション×HRから見える可能性イノベーション×HRから見える可能性


テクノロジー進化やグローバル化進展により元々進んでいたVUCA時代は、新型コロナウイルスの世界的な蔓延によってますます拍車がかかり、ビジネスモデルやイノベーション創出手法にも大きな変化が起きております。Withコロナが長期化する中で、各種企業や組織の皆様が実施してきたオープンイノベーション活動においても影響も出ており、大きな岐路に立たされている状況です。

日本国内のオープンイノベーション活動は、これまで経営企画や研究開発の活動として注目を集めてきました。大企業とスタートアップ企業の連携や産学連携といった取り組みが進められ基本的な手法も確立しつつある一方、「イノベーション人材」と呼ばれる0から1を生み出す人材の確保と育成が喫緊の課題として深刻度を増してきています。しかしながら、多くの企業の実態としては、それぞれの部署や施策が孤立しており、肝心なオープンイノベーション施策実行チームと人事の方々との連携が上手に行われていないという状況が散見されます。オープンイノベーション施策について、事業目線での短期視点で取り組んでいることが多く、人事制度との連携・調整までを考慮した長期視点の全体最適設計がされていないことが大きな課題です。

今回はイベントを通じて、こうしたオープンイノベーション施策と採用・人事施策の連携・結合について、海外の最新手法も交えながら共有・議論していければと思います。

本イベントは、今まで定量的に測ることが難しかった個人の本質的な課題発見力と 解決策を創り出す能力を客観的にスコアリングすることに初めて成功した技術を有し、人事施策に新たな切り口を提供する日本を代表するスタートアップ 企業VISITS Technologies社と共同で実施しております。また、日本企業としてオープンイノベーション施策実施を積極的に行っている森永製菓社において、各オープンイノベーション施策を担当・現場も見てきている平野様をゲストにお迎えし、イノベーション人材が必要である理由と、オープンイノベーションにおける人事施策の重要性についてお話していきたいと思います。

ご参加いただく皆様にとって、本イベントを通じてお役に立てできる、明日から使えるヒントを見つけていただけると幸いです。
 

====【こんな方におすすめです】====
  • 人事として採用や社内施策をご担当されてる方
  • 新規事業をご担当されている方
  • 教育に携わっている方(先生や教授、大学関係者)
  • 地域自治体において新たなイノベーション施策に携わっている方
  • オープンイノベーションに関わる手法やトレンドに興味がある方
※本セミナーは全オンラインでの実施となります。
※お申し込み後に接続方法などについてご案内致します。


====【プログラム概要】====
▶︎プログラム
  • イベントと登壇者の紹介
  • オープンイノベーションチャレンジを活用した海外企業の人事施策事例と今後日本に必要である理由:Agorize Japan 吉田
  • 創造性の可視化によるイノベーション人材の採用/育成/選抜の 事例を交えたご紹介:VISITS Technologies 井上様
  • オープンイノベーション担当者から見たイノベーション人材の重要性と今後企業として取り組む課題:森永製菓 平野様
  • Q&A
※全てオンラインなので、ご自宅・勤務先からご参加可能です

▶︎イベント日時
10月28日(水) 15:00~16:00
 
▶︎ 参加方法
以下URLのイベントページより参加申込をお願いいたします。
https://hr-innovation.peatix.com/
後日、申込者の方を対象に、ウェビナー参加URLをお送りします。
※主催企業と事業が競合する企業からのお申し込みは、お断りする場合があります

▶︎費用
無料

▶︎参加方法
  • 本セミナーはオンラインセミナーです、「Zoom」を使用して実施致します。
  • お申込み後、開催日前日までにウェビナーとオンライン座談会用のルームへの入室用URLをお送り致します。
※Zoomの利用は無料です。詳細はお申込みいただいた後にお送りするご案内メールにて記載致します。

 
====【登壇者・主催企業について】====
▶︎登壇者(敬称略)

平野 智也平野 智也

■ 登壇者:平野 智也
森永製菓株式会社 新領域創造事業部 おかしプリント事業 カスタマーサクセス・マーケティング担当
森永製菓株式会社に新卒で入社後、営業、法務、総務、マーケティング部門を経験し、2019年、現部署に異動。2019年度にコーポレートベンチャーの管理部門統括と未活用特許を活用したオープンイノベーション企画を実施。
現職では、オリジナル食品ノベルティサービスの事業成長を目指し、マーケティングとカスタマーサクセスを担当。立教大学法学部卒

 

 

井上 友貴井上 友貴

■ 登壇者:井上 友貴
VISITS Technologies株式会社 エグゼクティブディレクタ
経済産業省にて大企業発イノベーション政策、宇宙基本法策定、産業競争力強化法策定、AI・IoT推進政策などを担当。在サンフランシスコ総領事館在任中にシリコンバレーD-Labプロジェクト立上げ。現在はVISITS Technologies株式会社・エグゼクティブディレクター。東京大学大学院工学系研究科修了。ハーバード大学公共政策大学院(ケネディスクール)修了

 

吉田 錦弘吉田 錦弘

■ 登壇者:吉田 錦弘
Agorize Japan株式会社 Japan COO
海外人材コンサルティング会社、 サイバーエージェント系列の海外子会社代表を経て、フレンチテッ クスタートアップ "Agorize"の日本支社立ち上げ含む国内事業拡大に尽力中 。日本企業のクロスボーダーでのオープンイノベーション活動の支 援、そして国内スタートアップや学生がグローバルに挑戦する機会 を提供するために活動中。ヨーク大学政治学部卒。 中国の西安出身、日/中/英のトリリンガル。


▶︎主催・ゲスト企業

AgorizeAgorize

■ 主催企業①:Agorize Japan株式会社
フランス発の世界最大級グローバル・オープンイノベーションプラットフォームするスタートアップ企業。企業・行政・組織のオープンイノベーション活動に対して、SaaS型イノベーションマネジメントプラットフォームのご提供と、世界500万人のイノベーターネットワークを活用したイノベーションチャレンジやハッカソンを世界6カ国にて支援。主な事例として、フランス発の世界最大のオープンイノベーションの祭典「VivaTechnology」やシンガポール政府機関主催の東南アジア最大のスタートアップイベント「Slingshot」、日本企業としては第一生命様、JX金属様、森永製菓様、アステラス製薬様、等々。
・URL:https://www.agorize.tokyo

 

 

VISITS TechnologiesVISITS Technologies

■ 主催企業②:VISITS Technologies株式会社
「創造性を科学し、世界中の誰もが社会価値創造に貢献できるエコ システムを構築する」をミッションとし、合意形成アルゴリズム「 コンセンサスインテリジェンス技術」を活用した様々なプロダクト の企画・開発・運営。主なプロダクトに、事業アイデア発想・ 定量化を行う「ideagram」や、 創造力アセスメントツール「デザイン思考テスト」、 イノベーション組織分析エンジン「visiongram」等。テ クノロジーを用いたイノベーション創発設計、ワークショップ実施 、その後の事業性評価に至るまで、イノベーションの創発プロセス をワンストップで科学的にサポート。
・URL:https://visits.world
 
 

森永製菓森永製菓

■ ゲスト企業:森永製菓株式会社
1899(明治32)年創業。「おいしく、たのしく、 すこやかに」をビジョンに掲げ、菓子、食品、冷菓、 健康食品の製造、仕入れ及び販売を主要事業としている。 新規事業への取組は2014年より「新しい森永をつくる」「外の風を取り入れる」 ことをミッションに、新領域創造事業部を設立。アクセラレータやベンチャー出向等のオープンイノベーション施策を行ってきた。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Agorize Japan株式会社 >
  3. 10月28日(水)「イノベーション×HRから見える可能性」についてAgorize JapanとVISITS Technologiesが共同オンラインイベントを開催