のべ約36万人が視聴!夏の終わりを盛大に締めくくり、無事終演 花をテーマにしたオンライン夏フェス「JA全農COUNTDOWN JAPAN "HanaUtaFes"」事後レポート

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は、TOKYO FMと共同で、“花”をテーマに楽曲をつないでいくコンセプトのオンライン視聴型アーティストライブ「JA全農COUNTDOWN JAPAN "HanaUtaFes"(以後 JA全農CDJ HanaUtaFes
と呼称)」を9月27日(日)に開催しました。今回の配信では、のべ約36万人が視聴し、盛大に締めくくりました。

 今回のアーティストライブでは、特設サイトよりお花をご購入いただくと、あなたに代わって花がライブに参加できる仕組みがありました。当日はユリやカーネーション、バラなど、計4000本のお花が会場を彩りました。その後、ライブに参加したプリザーブドフラワーは、STAYHOMEを頑張る支援者の元へ送られました。

また、当日の模様をおさめたアフタームービーは以下よりご覧いただけます。
▼TOKYOFMofficial Youtube
https://youtu.be/1JVvUvltY5U

■当日のライブの様子
 当日はJAタウンで取り揃えた4000本を超える花が会場を彩り、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「君という花」をはじめ、参加アーティストの花にまつわる歌が演奏されました。参加者からは「ライブ最高でした。お花も綺麗で家にお花のある暮らしを心がけたいなと改めて思いました」「自分が送った花が飾られているのはとても嬉しい」等好評な意見を多数いただきました。

1組目アーティスト:さなり
 世界から14組が選出されたYoutube Music Foundryに日本人として唯一選ばれた新進気鋭のラップアーティストさなりさん。出演者の中で最年少ながら、今回のJA全農CDJ HanaUtaFesのトップバッターとして登場しました。『Hero』や“禁断の恋”という花言葉を持つ『Pasque』を含めた計7曲を歌い上げました。「花をお客さんと思って魂込めて歌います。」とコメントし、盛り上げてくれました。

 

 

 


2組目アーティスト:安田レイ

 これまでジョージ・ウィリアムズさんと共にMCとして、イベントを進行していた安田さんは、今度はアーティストとして登場。普段からジョージさんと共演があり、「横に並んでいると、土曜のお昼に放送している番組みたいで変な感じがしますね。」とコメント。また、「今日はアーティストとしての安田レイを見てください!」と意気込み、MCとは異なる表情を見せてくれました。

 今回のイベントのテーマである花にちなんだ『blooming』や『きみのうた』を含めた計5曲を力強い歌唱力で歌い上げ、圧巻のパフォーマンスを披露しました。



3組目アーティスト:chay

 約4000本の花束に埋め尽くされたステージでも引けを取らないピンクの衣装を着て登場したchayさん。『あなたに恋をしてみました』や『Together』を含めた計6曲を歌い上げました。

 花で彩られたステージに関して、「4000本のお花に囲まれて歌うのは、最初で最後ではないでしょうか。お花の力を感じました!」とコメント。また、「パフォーマンス中にお花のいい香りを嗅いで、癒やされました。花で囲まれたステージでパフォーマンスができたことを嬉しく思います。」と話してくれました



4組目アーティスト:ASIAN KUNG-FU GENERATION
 今回のトリを飾ったのは、来年2021年で25周年を迎えるASIAN KUNG-FU GENERATION。今まで数多くの名曲を生んできたASIAN KUNG-FU GENERATIONは、5曲を披露。その中でも花が曲名にはいっている「君という花」は、17年前に制作されたメンバー全員の思い入れのある曲であり、アップテンポで聞いている人を元気にしてくれる曲調です。1曲目からアジカンらしさ満載のステージでした。

■9月27日より「お花よ届け!!キャンペーン」開始
HanaUtaFes終了後、全農の公式Twitter(全農広報部 食農応援ツイッター@shokuikuzennoh)で「お花よ届け!キャンペーン」を開始しました。
今回のイベントのコンセプト「あなたの代わりにお花に参加してもらう」にならい、あなたに代わって、お花が大切な人に会いに行けるよう、お花を送ることができるキャンペーンを実施します。制限緩和となった中でも(ご高齢のご家族やご実家へむけてなど)コロナ感染拡大防止への配慮をされたい方に、ぜひ活用して頂ければと考えています。

[実施詳細]
期間:2020年9月27日(日)~10月11日(日)
参加方法:①@shokuikuzennohをフォロー
     ②キャンペーンのツイートをリツイートで応募完了
当選者数:87(はな)名様にお花をプレゼント

■JA全農CDJ HanaUtaFes 企画背景

・花の消費量は、新型コロナウイルスの影響で大幅に低下している。

 東京都中央卸売市場(市場統計情報(月報)・大分類:切花・全市場)の生花流通量のデータより、前年同月比で比較をすると、日本市場において、新型コロナウイルスの影響が出始めた3月以降、流通量は大幅に減少しています。(下記グラフ参照)
 また流通しているお花の価格も、2020年7月最新実績を、前年同月比でみると、カーネーション類、ストック類、スターチス類を除く幅広いカテゴリで、平均金額が低下。その要因は複合的ではあるが、観光や冠婚葬祭等、花を用いるイベントの中止・延期がその大きな要因と考えられます。※1

※1出展日本経済新聞「花き業界「花ロス」対策広がる ドライブスルーや通信販売」
JIJI.COM「「ロスフラワー」で感謝の輪 母の日に、廃棄の花再活用―新型コロナ」


■JA全農CDJ HanaUtaFes 企画概要
・実施日時:2020年9月27日(日) 17:00~20:00
・出演アーティスト: ASIAN KUNG-FU GENERATION・さなり・chay・安田レイ
・企画概要:新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、オンライン視聴での実施。特設サイトで花を購入すると、花があなたに代わってライブへ参加します。その後アーティストと一緒にライブを彩った花が、自宅へ郵送されることでライブ後も余韻を楽しむことができます。
・特設サイト:https://www.tfm.co.jp/hanautafes/
・主催:全国農業協同組合連合会、株式会社エフエム東京
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 全国農業協同組合連合会 >
  3. のべ約36万人が視聴!夏の終わりを盛大に締めくくり、無事終演 花をテーマにしたオンライン夏フェス「JA全農COUNTDOWN JAPAN "HanaUtaFes"」事後レポート