日本初! ESGアクセラレータープログラム始動「ICJ ESGアクセラレーター2021」

開催とベンチャー企業募集のお知らせ

ベンチャー・キャピタルであるインクルージョン・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:服部結花、以下インクルージョン・ジャパン)は、日本初となるESGアクセラレータープログラム「ICJ ESGアクセラレーター2021」の開催に際して、参加するベンチャー企業を募集します。大賞に選ばれた企業には、賞金として100万円が贈呈されるほか、インクルージョン・ジャパンが組成を進めている「ICJ2号ファンド」からの出資の検討をはじめとした、事業支援を行ってまいります。

「ICJ ESGアクセラレーター2021」トップ画像「ICJ ESGアクセラレーター2021」トップ画像

【世界標準となりつつあるESG投資】
ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(​Governance)の頭文字を取ったもので、長期的な企業成長の基盤となる概念として、世界の共通認識となりつつあります。そのような変化のなか、インクルージョン・ジャパンでは、ESGの担い手としてベンチャー企業に注目しております。

当ESGアクセラレータープログラムを通じて、ベンチャー企業、日本を代表する事業会社、ベンチャー・キャピタルを含めた投資家の協働を生み出し、社会・環境面のインパクトと経済的なリターンを両立する事業開発を加速してまいります。

【応募カテゴリと審査フロー】
応募カテゴリは「①脱炭素/サーキュラーエコノミー部門」「②金融インクルージョン部門」「③ウェルビーイング部門」の3部門となります。オンライン説明(詳細は後述)の後、エントリー、書類審査、プレゼンテーション審査を受けて、各賞を授与します。

大賞に選ばれた企業には、賞金として100万円が贈呈されるほか、インクルージョン・ジャパンが組成を進めている「ICJ2号ファンド」からの出資の検討をはじめとした、事業支援を行ってまいります。また、後日発表となる協賛企業からの、協賛企業賞の授与も予定しています。

審査員は、「ICJ2号ファンド」の顧問にも就任している、ESG投資の第一人者である夫馬賢治氏、前国連大使でSDGsの世界的普及を務めた星野俊也氏のお二方をはじめとして、環境・エネルギー政策に精通する竹内純子氏、次世代モビリティへの投資を行うWoven Capitalプリンシパル加藤道子氏、日本のフィンテックを先導してきた藤井達人氏などが務めます。

「ICJ ESGアクセラレーター2021」審査員の皆さま「ICJ ESGアクセラレーター2021」審査員の皆さま


【オンライン説明会の実施】
「ICJ ESGアクセラレーター2021」の開催に先立ち、7月16日(金)にオンライン説明会を実施します。当日は、募集要項などの説明に併せて、ESG/SDGsの第一人者による基調講演や、協賛企業によるプレゼンテーション、参加者同士のネットワーキングなどを予定しています。募集要項やオンライン説明会の詳細は、「ICJ ESGアクセラレーター2021」公式サイトからご確認ください。

 「ICJ ESGアクセラレーター2021」公式サイト
https://www.ESGaccelerator.com

【ICJ2号ファンドの詳細】
ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(​Governance)の頭文字を取ったもので、長期的な企業成長の基盤となる概念として、世界の共通認識となりつつあります。また、SDGsとは、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)の略称で、2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

インクルージョン・ジャパンでは、ESG/SDGsの担い手としてベンチャー企業に注目しており、ICJ2号ファンドを通じて、ESG/SDGsの浸透と実装に寄与するベンチャー企業への支援を加速させていきます。ESG投資の第一人者である夫馬賢治氏、ならびに、前国連大使でSDGsの世界的普及に務めた星野俊也氏を顧問に迎え、投資体制を整えています。

また、世界基準に照らしたESG投資を行うために、国連責任投資原則(PRI)への署名準備を進めています。PRI署名に先んじて、夫馬賢治氏との議論を通じて、独自のESGポリシーを制定しております。本ポリシーに則った投資を行うことで、社会・環境面のインパクトと経済的なリターンを両立させる、投資および新規事業開発に尽力いたします。

【代表取締役 服部結花のコメント】
インクルージョン・ジャパンは、2011年の設立以降、事業会社における新規事業開発と、ベンチャー支援を行ってまいりました。ICJ1号ファンドの設立以降は、事業開発とベンチャー企業の掛け合わせによって、社会的インパクトを与え得るビジネスの立ち上げに注力しています。

ESG/SDGsを推進するために立ち上げた「ICJ2号ファンド」はファーストクローズを終え、投資活動を開始しています。ESG/SDGsの担い手となるベンチャー企業と出会い、経済的インパクトと社会的インパクトの両立を実現するビジネス開発を行っていきます。ベンチャー企業の成長と並行して、私たちの強みでもある、事業会社との協業を通じて、ESGの浸透と実装に尽力します。志を同じくする、ベンチャー企業、事業会社、専門家の皆さんと力を合わせていく所存です。

【企業概要】
インクルージョン・ジャパン株式会社
所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田1-11-1 アイオス五反田駅前ビル903
代表者:服部結花
設立日:2011年11月11日
会社HP:https://inclusionjapan.com/

【インクルージョン・ジャパン株式会社】
インクルージョン・ジャパンは、事業会社にて事業立ち上げ経験のあるメンバーが、投資先のハンズオン支援に加えて、大企業のコンサルティングを実施する、日本でも類を見ないベンチャー・キャピタルです。事業立ち上げから経営支援、人事管理、クリエーティブ表現までを一貫して提供できる体制を整えており、幅広い事業規模と領域の事業創造と事業成長に貢献します。ベンチャー投資では、2021年3月にIPOしたスキルマーケット「coconala」をはじめ、月面資源探索ベンチャー「ispace」などに投資をしており、経営層のよき理解者として、事業成長に尽力しています。

 

 

インクルージョン・ジャパンの全メンバーインクルージョン・ジャパンの全メンバー

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. インクルージョン・ジャパン株式会社 >
  3. 日本初! ESGアクセラレータープログラム始動「ICJ ESGアクセラレーター2021」