データブリックス、Google Cloudとパートナーシップを発表 グローバル規模で迅速かつセキュアにプラットフォームを展開

データブリックス、Google BigQueryとAI プラットフォームとの統合により、Google Cloud上でデータエンジニアリング、データサイエンス、機械学習、アナリティクスのサービスを開始

サンフランシスコ - 2021年2月17日 - データ・AI企業のDatabricks 社(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以下:データブリックス)は、Google Cloud上でデータブリックスをグローバル規模で提供するための新たなパートナーシップを発表しました。このパートナーシップにより、企業はデータブリックスを使用して、Google Cloudのグローバルでスケーラブルかつ弾力性のあるネットワーク上に、データエンジニアリング、データサイエンス、機械学習、アナリティクスが可能なLakehouse アーキテクチャー(以下:レイクハウス(*1))を構築できるようになります。
*1) 参考:ブログ「データレイクハウスとは」
https://databricks.com/jp/blog/2020/01/30/what-is-a-data-lakehouse.html

Google Cloud上のデータブリックスは、Google BigQueryのオープンプラットフォームと深く統合され、Google Kubernetes Engine(*2)(GKE)を活用することで、顧客は初めて完全なコンテナ化されたクラウド環境でデータブリックスを展開できるようになります。この統合ソリューションにより、企業はAI主導の洞察力を解き放ち、インテリジェントな意思決定を可能にするとともに、最終的にデータ駆動型アプリケーションによるデジタルトランスフォーメーションを加速させることができるようになります。
*2) https://cloud.google.com/kubernetes-engine?hl=ja

Google CloudのCEOであるThomas Kurian氏は、次のように述べています。
「データとアナリティクスの強固な基盤を持つビジネスは、次の10年に向けて成長し、成功するための絶好のポジションにあります。データブリックスが提供する、AIと機械学習に基づくアナリティクスのためのレイクハウスをGoogle Cloudで提供できることを嬉しく思います。データエンジニアリングとアナリティクスにおけるデータブリックスの能力と、Google Cloudのグローバルでセキュアなネットワーク、そしてアナリティクスとコンテナ化されたアプリケーションの提供における当社の専門知識を組み合わせることで、企業がデータの力でビジネスを変革するのを支援することができます」

データブリックスのCEO兼共同創業者であるアリ・ゴティシは、次のように述べています。
「この度の発表は、クラウドプラットフォームを横断してシームレスな体験を提供し、お客様の柔軟性と選択を可能にするという当社のコミットメントを明確にする重要なマイルストーンです。Google Cloudと提携し、シンプルでオープン、且つ統合されたデータプラットフォームという共通のビジョンを実現することで、あらゆるアナリティクスやAIのユースケースをサポートし、お客様がより迅速にイノベーションを起こせるようになります」

『ヴォーグ』(Vogue)、『ザ・ニューヨーカー』(The New Yorker)などを展開する、コンデナスト社のデータエンジニアリング担当ディレクターであるNana Essuman氏は次のように述べています。
「コンデナスト社にとって、世界中のお客様に喜んでいただけるワールドクラスのコンテンツ体験を創造するためには、膨大な量のデータから価値あるインサイトを見つけることが不可欠です。Google Cloud上のデータブリックスは、当社のデータエンジニア、データサイエンティスト、アナリストのためのレイクハウスを提供します。Google Cloud と データブリックス のようなリーダーが協力して、データから価値を得ることを合理化、および簡素化できることに興奮しています」

データブリックスをグローバル規模で迅速かつセキュアに展開
企業は、あらゆる規模のアプリケーションを迅速に展開できる能力と、ニーズに応じてアプリケーションをスケールアップ、またはスケールダウンできる柔軟性を必要としています。データブリックスをGoogle Cloud上で提供することでお客様は、規制の厳しい業界で必要とされる高度なセキュリティとデータ保護対策を備えたデータブリックスを、Google Cloudのグローバルネットワーク上で迅速にプロビジョニングすることができるとともに、ビジネスのニーズに応じて利用状況を迅速に調整することができる柔軟性を備えたサービスを提供することができます。

さらに、お客様はまもなくGoogle Cloud Marketplace(*3)からデータブリックスを展開できるようになり、調達やユーザーのプロビジョニングの簡素化、シングルサインオン、課金の一元化が可能になります。
*3) https://cloud.google.com/marketplace/docs?hl=ja

データブリックス、BigQuery、Google Cloud AIプラットフォームでアナリティクスの高度化
Google Cloud上のデータブリックスはGoogle BigQueryと緊密に統合されているため、顧客は自由に選択してデータ分析サービスにアクセスすることができます。この統合により、企業は、Google Cloud上で実行されている既存のデータブリックスのレイクハウス機能を拡張し、Google BigQueryを分析にクロスレバレッジすることができます。

データブリックスとGoogle Cloud間の独自の統合には、以下のようなものがあります。
  • データブリックスとGoogle Cloudのアナリティクスソリューションとの緊密な統合により、データレイク、データウェアハウス、複数のビジネスインテリジェンスツールにAI主導のインサイトを簡単に拡張することができます。
  • BigQuery、Google Cloud Storage、Looker、Pub/Subとシームレスかつ迅速にデータブリックスを統合するためのコネクタがあらかじめ用意されています。
  • データブリックスで作成したデータワークフローを利用したAI Platform(*4)による高速かつスケーラブルなモデルトレーニングと、AI Platform Predictionを利用したデータブリックスで作成したモデルの簡易デプロイメント。
*4) https://cloud.google.com/ai-platform/

コンテナ化されたデータブリックスのデプロイメントを初めて提供
Databricks on Google Cloudは、あらゆるクラウド上でのデータブリックスの初のコンテナベースのデプロイメントを表しています。

クラウド上で実行される企業のワークロードやアプリケーションのための事実上のオーケストレーションシステムとして、Kubernetesとコンテナが採用されるケースが増えています。Databricks on Google Cloudは、Google CloudのセキュアなマネージドKubernetesサービスであるGKE(*5)上に構築されており、クラウド上でのデータブリックスのコンテナ化されたデプロイをサポートします。動作環境としてGKEを採用することで、データブリックスはセキュリティ、ネットワークポリシー、コンピュートなどのマネージドサービスを活用することができ、その結果、データブリックスのアナリティクス、AI、ML機能を通じて、お客様にビジネス価値の向上を提供することができます。さらに、GKEを利用することで、データブリックスは俊敏性を高め、新機能のリリースを迅速、大規模、低コストで加速させることが可能になります。
*5) https://cloud.google.com/kubernetes-engine?hl=ja

オープンソースのイノベーションとパートナーのコラボレーションを支援
データブリックスとGoogle Cloudは、オープンイノベーションとオープンソースソフトウェアへのコミットメントを共有しています。この新しいパートナーシップの下、両社は引き続きオープンソースコミュニティをサポートし、オープンイノベーションとコラボレーションを奨励し、共同の顧客がオープンソース技術をより簡単に構築できるようにしていきます。

さらに、共同エコシステムのパートナー企業のメンバーは、Accenture、Cognizant、Collibra、Confluent、Deloitte、Fishtown Analytics、Fivetran、Immuta、Informatica、Infoworks、Insight、MongoDB、Privacera、Qlik、SoftServe、Slalom、Tableau、TCS、Trifactaなど、Google Cloud上でのデータブリックスとのシームレスな統合を実現することを約束しています。

4月6日には、データブリックスのCEOであるアリ・ゴティシとGoogle CloudのCEOであるThomas Kurian氏が、TechCrunch主催のディスカッションに参加し、オープンで統一されたデータ分析プラットフォームのパートナーシップとビジョンについて語ります。 

Databricks on Google Cloud の詳細については、https://databricks.com/product/google-cloud をご覧ください。

Google Cloudについて
Google Cloudは、最先端のインフラストラクチャ、プラットフォーム機能、および業界向けソリューションを組織に提供しています。Google は、Google の最先端技術を活用したエンタープライズグレードのクラウドソリューションを提供し、企業の効率的な運用と変化するニーズへの対応を支援することで、お客様に未来への基盤を提供しています。世界 150 カ国以上のお客様が、最も重要なビジネス上の問題を解決するための信頼できるパートナーとして Google Cloud を利用しています。

データブリックス・ジャパン株式会社について 
データブリックスは、グローバルで唯一のデータ&AI企業です。Comcast、Condé Nast、Nationwide 、そしてH&M といった7,000以上の世界のリーディング企業が、データブリックスが提供するオープン、且つ統合されたプラットフォームを活用し、データエンジニアリング、機械学習、アナリティクスなどのデータプロジェクトに取り組んでいます。データブリックスは多くのベンチャーキャピタルから支援を受け、米国サンフランシスコに本社を構え、世界中に営業拠点を有しているグローバル企業です。Apache Spark™、Delta Lake、MLflowのクリエーターによって創立され、企業のデータチームが抱える、世界の最も困難な課題を解決するサポートをしています。
その他のデータブリックスの詳細に関しては、Twitter、LinkedIn、Facebookをフォローしてください。
Twitter:https://twitter.com/databricksjp
LinkedIn:https://www.linkedin.com/company/databricks
Facebook:https://www.facebook.com/databricksinc

データブリックス・ジャパン株式会社についての詳細: 
ホームページ: https://databricks.com/jp/ 
所在地 :東京都港区六本木1丁目4-5 アークヒルズサウスタワー16階 
事業内容:データ&AI向け統合データ分析プラットフォームの提供 
代表者:データブリックス・ジャパン株式会社 社長 竹内 賢佑
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Databricks Japan株式会社 >
  3. データブリックス、Google Cloudとパートナーシップを発表 グローバル規模で迅速かつセキュアにプラットフォームを展開