Shadow Desktopのデータ保管先にMicrosoft 365のストレージを利用可能に

Microsoft 365導入企業はShadow Desktopでユーザデータの漏洩を防止

アップデータ株式会社(東京都千代田区 代表取締役社長:小川 敦、以下アップデータ)は、自社開発の仮想デスクトップサービス「Shadow Desktop」のストレージにMicrosoft 365が2021年6月10日より正式に対応することを発表します。
2021年6月10日よりMicrosoft 365のクラウド領域をShadow Desktopで管理するデータのストレージとして正式対応します。今回はShadow DesktopのストレージにMicrosoft 365を使用した場合のポイントをご紹介します。

 

  • Shadow Desktopのデータ保存領域にMicrosoft 365のストレージを活用
従来Shadow Desktopで管理するデータはアップデータが提供するストレージ、または自社で準備したストレージを使用する必要がございました。Microsoft 365を導入済みの企業は1人あたり1TBまで利用可能ですが、実際はほとんどの企業がすべてのリソースを利用できていません。Shadow DesktopがMicrosoft 365のストレージに対応することで、Microsoft 365導入企業は新たなストレージを用意することなく利用できるようになりました。
 
  • Microsoft 365を安全性の高いデータストレージとして活用
Microsoft 365ユーザーが普段利用する領域とは異なる場所にデータが保存されるため、ファイルの競合や誤って消してしまう等のトラブルを回避することができ、他のPCやスマートフォン、ブラウザ等からのアクセスを防ぐことができます。また、全てのデータを暗号化しているため、Shadow Desktop以外からは利用できないようにしており、Microsoft 365を非常に安全性の高いデータストレージとしてご活用いただくことができます。
 

  • 仮想デスクトップサービス「Shadow Desktop」とは
Shadow Desktopはパブリッククラウドなどのストレージサービスと連携しPC内のデータをクラウドへ仮想化するサービスです。
⼤きな特徴は以下の3点になります。
・データがクラウド上にあることからデータレスなPC環境を構築できます
・紛失、盗難があった際も遠隔で利⽤停⽌などできるため、会社のデータ流出を妨ぎます
・既存のPCを利⽤することができるだけではなく、操作性がほぼ変わらないため⼿軽に導⼊できます

Microsoft 365をご利用・検討中の方、サービスの詳細について詳しく知りたい方は以下をご確認ください。
https://www.shadowdesktop.jp/lp/m365-added-cloud/
 
  • 各種お問い合わせ先
【本件の製品・ご購⼊に関するお問合せ先】
アップデータ株式会社 営業部 セールスチーム
電話:03-6853-7800
メールアドレス:sales@updata.co.jp

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
アップデータ株式会社 経営企画室 籔本 康之
電話:03-6853-7800
メールアドレス:press@updata.co.jp
  • その他関連情報
【Shadow Desktop製品サイト】
https://www.shadowdesktop.jp
【Shadow Desktop導⼊事例紹介】
https://www.shadowdesktop.jp/case/
 
  1. プレスリリース >
  2. アップデータ株式会社 >
  3. Shadow Desktopのデータ保管先にMicrosoft 365のストレージを利用可能に