株式会社東亜酒造 ウイスキーの自社蒸溜復活へ

株式会社東亜酒造は、新たな蒸溜所を建設し、休止していた自製モルトウイスキーの蒸溜を2021年2月から復活致します。


【ウイスキー事業への再挑戦】
埼玉県羽生市の株式会社東亜酒造は、いつか再挑戦したいと思っていた休止している自製モルトウイスキーの蒸溜を2021年2月から復活させるべく、この度蒸溜所(羽生蒸溜所)の建設を進めております。
休止前に自製モルトウイスキーを蒸溜していたポットスチルの図面をもとに、全く同じポットスチルを製作し、羽生蒸溜所を稼働させ、羽生蒸溜所製モルトウイスキーを復活致します

【東亜酒造とウイスキーの歴史】
株式会社東亜酒造は、1946年にウイスキーの製造免許を取得し、ウイスキーの製造販売を開始しました。
当初は輸入したモルトをブレンド・樽貯蔵して販売しておりましたが、1980年にはポットスチルを導入して自製モルトウイスキーの製造にも取り組んでおりました。
しかし、ウイスキー市場の縮小の波を受け、2000年にはウイスキーの蒸溜をやめ、蒸溜所としての機能を停止しておりました。

 

 

 

【事業再生への取り組み】
ウイスキーの蒸溜を停止したころは、社業全体が苦境に立たされておりました。
その後2004年に、事業再生を図るべく日の出ホールディングス株式会社の傘下に入り、再建に取り組んで参りました。
この頃、事業再生を主眼に考え、苦渋の決断ではありましたがその時保有していた自製モルトウイスキーの原酒を手放すことを決意し、元の経営者にお譲りすることに致しました。

【事業再生の成果】
事業再生に邁進してきた結果、本業の清酒製造では全国新酒鑑評会で金賞を受賞するまでに至りました。
技術力を磨いたことにより得意先からの信頼も回復し、何とか経営基盤が安定して事業再生への成果が見えてきましたので、この度蒸溜所の建設に至りました。
 

 

これからの株式会社東亜酒造のウイスキー事業に対しまして暖かいご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
 



【お問い合わせ先】
   株式会社東亜酒造
   埼玉県羽生市西4丁目1-11
             http://www.toashuzo.com

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東亜酒造 >
  3. 株式会社東亜酒造 ウイスキーの自社蒸溜復活へ