エンタメ・芸術の福利厚生「recri for corporate」がスタート!社員の自己啓発や創造性の獲得、働き方改革に。

社員ひとりひとりの価値観やニーズに合わせて、専門家とAIがセレクトしたエンタメや芸術をお届け

オススメのエンタメのチケットが毎月届くエンタメサブスクrecriを運営する株式会社recri(レクリ)は、2022年1月より、企業の福利厚生に特化したコーポレートプラン(https://corp.recri.jp/corporate)を新設いたします。自己啓発や創造性の獲得、働き方改革の推進を目的に、 社員ひとりひとりの価値観や趣味嗜好に合わせて、専門家とAIがセレクトしたエンタメや芸術を毎月提案し、お届けするサービスです。

昨今、自己啓発を目的にエンターテイメントや芸術を福利厚生に取り入れる企業が増えています。しかし「選ぶコンテンツの質が悪い」「利用率が悪い」「選ぶのに苦労する」など課題の声が多いのが実情。recri for corporate(https://corp.recri.jp/corporate)はこれらの課題を解決したサービスになっています。対象は、舞台、映画、アート、イベント、ショー、音楽、クラシック、伝統芸能、体験、季節など。様々な興行主と連携し、旬なコンテンツを常時提案可能。豊富な候補の中から、社員の属性や価値観などをデータを元に、毎月オススメを提案します。社員ごとにパーソナライズされたポータルサイトからチケットを選ぶと、自宅に届く仕組みです。

 

【お届けまでの流れ】
​① 社員ごとに価値観をデータにて把握

登録ページにて、いくつかの質問に回答していただき、​価値観や好みに関するデータを取得。部署や経歴などの会社特有のデータをインプットして、反映することも。


② 毎月、オススメのエンタメを提案
エンタメ専門家とAIによる分析に基づいて、翌月行けるオススメのエンタメを提案。社や管轄部署様のご意向を反映することもできます。


③ チケット引換ポータルにてチケットを交換
ユーザーごとにパーソナライズされた専用のチケット引換ポータルから、ポイントを使用してお好きなチケットを注文。ポイントの繰り越しや追加購入、複数枚選択も可能。

 


④ 自宅にチケットが届く
注文したチケットを自宅のポストにお届け。背景・社会的意義・楽しみ方などを記した丁寧な解説も同封し、自己啓発や学びに繋がるようにサポート。



【料金】
---
登録した社員の数 × 2900円/月
---
<年間 12pt (月1ptでチケット1枚保証)付与>
福利厚生は利用率が低く、全社員契約したものの、元が取れないという声が多数。そこで、recriは両社にとって損がないよう、福利厚生としては画期的な「登録まで来た社員の分だけ」の課金としています。


【ポイント】

  1. 従来の全社員共通の福利厚生ではなく、データによるパーソナライズ型の福利厚生
  2. 信頼のクオリティと圧倒的満足度。新規事業立案や課題解決力に繋がる、自己啓発や創造性の獲得へ
  3. 社員の手間は徹底的に削減。毎月必ずエンタメに足を運べる、損のないサービス設計

導入にシステム構築などの手間は不要。社員の方々に[recri法人向けweb]から登録をしていただければ完了です。また、興行主と頻繁にコミュニケーションを行い、会場での感染症対策が徹底され、お客様の安全が確約されたエンターテイメントだけを選定しています。長引くコロナ禍でのストレスや社員のエンゲージメント低下に対して、安心なリフレッシュ手段を積極的に提案するためにも、ぜひご活用ください。御社のご要望に合わせたカスタマイズも可能です。より詳細なサービスのご紹介もさせていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。


【お問い合わせ】
ご検討やご相談は下記までご連絡ください。
---
株式会社recri
https://corp.recri.jp/corporate
info@recri.jp/080-6650-5123(担当:栗林)まで


(PDFのダウンロードも可能です)
https://prtimes.jp/a/?f=d69506-20211125-4731252108b5155e4d4101645f85f2ab.pdf
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社recri >
  3. エンタメ・芸術の福利厚生「recri for corporate」がスタート!社員の自己啓発や創造性の獲得、働き方改革に。