家づくりに新たな選択肢 「建築家条件付き土地」を世田谷区祖師谷で販売をスタート

建築家が設計する建物の施工に一貫して取り組んでいる株式会社栄港建設(本社 神奈川県横浜市港北区 代表取締役社長 岡田雅人)が不動産業界の慣行となっている「建築条件付」の土地売買取引を消費者(マイホーム購入者)のために発展させた新しいコンテンツ「建築家条件付き土地」として提案します。

 

「栄港建設」とは
栄港建設は社内に設計部署を設けずに一貫して建築家の皆様とお仕事をして成長してまいりました。建築家の皆様への感謝の想いから、建築家の仕事に大きく関わる不動産の領域において建築家を尊重しながらサポートできる存在「建築不動産部」を2020年にスタートさせました。

「建築家業界」の現状
一戸建住宅の2019年着工数は、注文住宅286,200戸(建築家住宅を含む)、建売住宅147,522戸に対して建築家住宅11,200戸です。全体に占める割合は2.5%ほど(国土交通省「住宅着工統計」をもとに矢野経済研究所推計より)。成熟社会を迎えて暮らしの多様化が進んでいるにもかかわらず、建築家の設計による新築件数は未だに低いシェアで推移しています。

建築家条件付き土地(祖師谷プロジェクト)について
先代が愛した土地を譲り受けた現オーナー様が、地域を豊かなものへと継承するかたちで売却をしたいとのご相談から生まれたプロジェクトが今回の「建築家条件付き土地 祖師谷プロジェクト」です。

一般的な建築条件付土地を昇華させたもので、土地売買契約後3カ月以内という短期間で工事請負契約しなければならない条件内容を改善し、設計実務で最低限必要になるであろう6カ月以内をベースとし、さらに、建築家保護のために購入者は土地売買契約と同時に設計監理業務委託契約を締結することを条件としています。建築家を3者に厳選し、共通の条件と個別の条件をもとに参考プランを依頼しました。土地購入のお客様が各プランを見ながら検討し、これからの人生に寄り添える建築家を選ぶことを起点とした実験的な取り組みです。

上記のほか、建築家と協働して地域の価値を高める「建築家×土地売却」、「建築家×土地活用」、遊休建物のオーナー様を対象とした「デザイン・建設協力型借り上げ」などの事業に取り組んでいます。
※対応エリア:世田谷区・目黒区・大田区・品川区・渋谷区・港区・杉並区・横浜市・川崎市

株式会社栄港建設 会社概要
社名    株式会社栄港建設
担当部署  建築不動産部
所在地   〒223-0059 神奈川県横浜市港北区北新横浜1-7-8
電話    045-542-1974
設立             1982年2月20日
資本金   5,000万円
事業内容  建築家の設計する建物の建設工事、不動産事業
(2020年12月20日現在)

栄港建設コーポレートサイト http://www.eikou.co.jp/
建築家サポートチーム「建築不動産部」 https://kenchiku-f.jp/
動物病院コンサルティング「ahed」  http://www.ahed.jp/
女性建築家プロジェクトチーム「WHAIS」  https://www.whais.jp/

祖師谷プロジェクト参加メンバー
abanba  https://abanba.co.jp/
EANA  https://www.eana.jp/
Ashida Architect & Associates  http://www.ashdaa.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社栄港建設 >
  3. 家づくりに新たな選択肢 「建築家条件付き土地」を世田谷区祖師谷で販売をスタート