不動産AIのPriceHubble、廣澤祥生が日本支社の代表取締役社長に就任

AIを活用した不動産査定を提供するPriceHubble(プライスハブル)は、日本法人(株式会社プライスハブルジャパン)の代表取締役社長として、廣澤 祥生(ひろさわ さちお)が就任したことをお知らせ致します。廣澤は、重要市場である日本のビジネスを統括します。また、前社長の上西 健次(うえにし けんじ)は、会長に就任致しました。

廣澤は、台湾のQuanta Groupにてキャリアをスタート。ビジネススクール「INSEAD」でMBAを取得し、日本に帰国。Amazonにて、「Kindle Direct Publishing」日本責任者を務めるなど、Eコマース、Webサービス事業の戦略立案、営業、マーケティングを担当しました。前職のExpediaでは、グローバル・ホテルチェーンとのビジネスに携わりました。

 


PriceHubble社について
PriceHubbleは、機械学習、ビッグデータ、分析手法や、効果的な視覚化などの先進的な技術によって、不動産に関わる企業の不動産や投資の判断をサポートします。主に不動産仲介会社、管理会社、デベロッパー、銀行、生命保険会社、投資法人などを対象にしたデジタルサービスを提供しています。チューリッヒ、ベルリン、パリ、ウィーン、東京に拠点を持ち、国際的な成長を目指し、約80名の社員がいます。2016年に、Dr. Stefan Heitmann、Markus Stadler、Olivier Bachem によって設立されました。

URL:https://www.pricehubble.com
本件お問い合わせ先:media@pricehubble.com

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プライスハブルジャパン >
  3. 不動産AIのPriceHubble、廣澤祥生が日本支社の代表取締役社長に就任