いくつかの簡単な質問に答えるだけで法律文書を自動生成できるWebサービス「KIYAC」、生成文書数が2,000枚を突破

〜フリーランス人材のマッチングプラットフォーム「conema」とも連携開始〜

法律文書ジェネレーター KIYAC(キヤク)を提供するKIYACプロジェクトは、KIYAC上で生成された法律文書数が、2020年10月1日のリリースから累計で2,000枚を突破したことをお知らせします。さらに、フリーランス人材のマッチングプラットフォーム「conema」との事業提携を開始したことも併せてお知らせします。
■KIYACについて
KIYACは、弁護士が監修する「法律文書ジェネレーター」です。
2020年10月1日のリリース以来、多数のユーザーの皆様にご利用いただいており、この度、生成枚数が2,000枚を突破したことをお知らせします。


Webサービスやアプリを運営するうえで、「プライバシーポリシー」「利用規約」「特定商取引法に基づく表示」といった文書は、とても重要なものです。しかし、その作成を弁護士などの専門家に依頼すると高額の費用が発生することから、多くのサービスで、これらの規約類は他社のWebサイト事例や、雛形・テンプレートの「コピー&ペースト」で作成されてきた実態があります。
KIYACを使えば、いくつかの質問に回答するだけで、弁護士などの専門家に依頼するよりもはるかに安価に、WEBサービスの提供・運営上必須となる法律文書を自動生成することができます。
 

プライバシーポリシージェネレーターの入力画面プライバシーポリシージェネレーターの入力画面

自動生成されたプライバシーポリシー自動生成されたプライバシーポリシー


「プライバシーポリシー」1枚を生成できるFreeプランは、無料での利用が可能。有料のStandardプランは、年額5,940円(税込)で、「プライバシーポリシー」「利用規約」「特定商取引法に基づく表示」「業務委託契約書」「秘密保持契約書」など、ウェブサービスを提供・運営する上で必須となる様々な法律文書を、種類・枚数無制限で生成できます。今後も生成できる文書の種類は順次拡大していく予定です。
 

ダッシュボード画面ダッシュボード画面

ダッシュボード画面2ダッシュボード画面2


さらに、KIYACの協力弁護士に、KIYACで生成した文書のリーガルチェックや、オンライン法律相談をすることができる「KIYACの法律相談」という機能も備えています。WEBサービスやスタートアップ支援に造詣の深い弁護士も多数参加し、さまざまな相談に対応できる体制を整えています。また、多くの弁護士が無料相談枠を設定しています。
 

KIYACの法律相談。登録弁護士に個別相談ができる。KIYACの法律相談。登録弁護士に個別相談ができる。



■外部サービスとの連携も加速〜フリーランスのマッチングプラットフォーム「conema」と業務提携開始〜
KIYACは、サービス開始以来、多数の外部事業者様と事業提携の上、オンラインスクールでの教材など、様々な形でご利用いただいております。
KIYACは、この度、複業人材やフリーランス同士のマッチングプラットフォーム「conema」を運営する株式会社conemaと業務提携契約を締結したことをお知らせします。
本提携により、conemaの会員ユーザーは、特別割引料金でKIYACの有料プランを利用できるようになります。

複業人材やフリーランス同士のマッチングプラットフォーム「conema」を運営する株式会社conemaと業務提携契約を締結複業人材やフリーランス同士のマッチングプラットフォーム「conema」を運営する株式会社conemaと業務提携契約を締結


conemaサービスサイト:https://www.conema.link/lp


■会社概要
KIYACプロジェクト
所在地:大阪市中央区本町4-2-12 東芝大阪ビル8階-171
代表:千葉直愛(弁護士)
URL:https://kiyac.app/
Twitter:@KIYAC2020

業務提携先「conema」運営会社:株式会社conema
所在地:東京都中央区八丁堀4丁目2-8
代表者:代表取締役 高橋 信次

* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
  1. プレスリリース >
  2. KIYACプロジェクト >
  3. いくつかの簡単な質問に答えるだけで法律文書を自動生成できるWebサービス「KIYAC」、生成文書数が2,000枚を突破