目黒区商店街連合会とエバーコネクト、スマートフォンで福引抽選も行う非接触の運用を更に拡大し、ブロックチェーンを活用したデジタル商品券を学芸大学商店街で提供開始

~料理のギフト券・地域商品券発行プラットフォームサービス「Gotch(ゴッチ)」を活用し、商店街のイベントで利用できるデジタル商品券の提供を学芸大学商店街で実施~

ブロックチェーン技術を活用した料理のギフト券・地域商品券発行プラットフォーム「Gotch」を運営するエバーコネクト株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:吉田 敬一、以下「エバーコネクト」)と目黒区商店街連合会は、学芸大学商店連合会の各店舗で利用できるデジタル共通商品券の提供を実施したことをお知らせします。
11月に行われた商品券デジタル化の取り組みの第二弾として12月6日〜12日に行われた「学芸大学商店街2021歳末福引セール」の景品商品券として学芸大学商店街の参加店舗で利用できるデジタル共通商品券を提供いたしました。 
 


今回の「学芸大学商店街2021歳末福引セール」では、参加店舗で買い物をしたお客様がスマートフォン画面で福引抽選を回し、当選した方へデジタル商品券を有効化するPINを送付する仕組みと合わせて提供しました。

従来のガラガラポンでは、福引抽選の順番待ちのためにお客様が長い列を作っていましたが、今回スマートフォン上で福引抽選を行うことで、非接触でかつ、順番待ちの行列を作ることがないため、お客様が1箇所に集中することなくアフターコロナの時代にも適合した歳末福引セールを実現しました。

さらに参加者はスマートフォンアプリで有効化したデジタル商品券を、参加店舗で商品購入の際にQRコードを読み取るだけで即時に利用できるため、その場で抽選からデジタル商品券を使ったお会計までできることから従来の紙による商品券と比較して利便性の高いユーザー体験を実現できます。


デジタル商品券の発行と管理に料理のギフト券・地域商品券発行プラットフォーム「Gotch」を利用することで、 主催者はリアルタイムで利用状況を把握できるだけではなく、日次レポートが自動で届くため、従来の紙で提供していた商品券と比べ、印刷や配布、集計作業等の運用面で業務負荷を軽減することができます。さらに運用を自動化することでオペレーションミスの軽減にも繋がります。

また、デジタル商品券の発行者と参加店舗では、特別な機材を用意する必要がなく各店舗にスマートフォン1台あればいつでも始められ、さらに参加店舗ではQRコードを掲示するだけでデジタル商品券の消し込みが完了するため簡単に運用ができます。
エバーコネクトが運営するプラットフォームサービスは、ブロックチェーン技術を活用しているためデータの改ざんを困難にし、分散型のためシステムの一部に障害が発生しても止まらず、且つ低コストでご利用が可能です。

今後、ギフト券・地域商品券発行プラットフォームのシステム環境をオープン化し、事業会社等へSaaSとして提供し地域のDXを推進していく予定です。
目黒区商店街連合会とエバーコネクトは、今後、商店街のイベント等の運営や事務処理をデジタル化し、商店や商店街にとっても利用しやすい環境作りを進めていく予定です。


【関連サイトURL】
◆目黒区商店街連合会 HP https://www.meguroku.com/
◆Gotch HP https://gotch.jp/
◆11月第一弾のプレスリリースはこちらから https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000073786.html

◆エバーコネクト株式会社について
2017年に事業開始。同年より嗜好解析とブロックチェーン技術の研究開発を行い2021年3月に食にフォーカスしたデジタルギフト券発行プラットフォームの提供を開始。食と地域をキーワードに地域密着型のデジタル商品券の事業から循環型ポイントへと事業を展開予定。
HP https://everconnect.co.jp/
本件に関するお問い合わせ先:contact@everconnect.jp
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エバーコネクト株式会社 >
  3. 目黒区商店街連合会とエバーコネクト、スマートフォンで福引抽選も行う非接触の運用を更に拡大し、ブロックチェーンを活用したデジタル商品券を学芸大学商店街で提供開始