コロナ禍におけるITを活用した学生の健康観察を明石医療センター附属看護専門学校がスタート

〜 学生検温管理システム導入により学校運営のDX化を推進 〜

 明石医療センター附属看護専門学校(兵庫県明石市)は、からだポータル株式会社(大阪府高槻市)の学生検温管理システムを導入いたしました。2021年8月1日より稼働し、夏季休暇中の学生の健康状態もリアルタイムに把握できるようになります。
 コロナ禍により、登校できずに授業に出席できないこと、そのせいで必要な学力を身につけることができないことなど、学校運営は非常に難しい状況となっております。学生が学業に専念できる体制を作ることは、学校にとって極めて重要です。学生の体調変化をいち早く把握できる体制をつくることで、学生にも先生にも安心して授業を行っていただけるよう、本システムを活用していただくこととなりました。
検温管理システム開発の背景と目的
 昨年からのコロナ禍により学校においても学生の健康管理は更に重要なものとなりました。従来から行っている血圧などの定期的な健康状態の把握に加えて、日々の健康状態を把握しなければなりません。学校では、健康観察表を先生が毎回準備して学生に配布し、学生は毎日体温を測り、健康状態を記載した上で提出します。先生は提出されたクラス全員分の健康観察表を確認の上で再度配布する、こんなことを毎日繰り返さなくてはならなくなりました。
 このような負荷が高い事務作業をITの活用で軽減したいというご要望のもと、まずは毎日の健康観察表のIT化に着手しました。紙で運用しているものをパソコンやスマートフォンで代替するところから始め、管理すべき学生の情報を他システムとも連携しつつ、DX化を推進して効率的な学校運営を目指します。

システムの特徴
 からだポータル検温管理は、現場で実際に学生の健康観察をされている先生のご意見をいただいて作り上げました。非常に簡易に管理することができ、尚且、必要な情報を網羅すべく様々な便利な機能を実装しました。

・数秒で完了する簡易な入力作業
 必要最低限の入力項目に絞ることで、数分どころか数秒で入力が完了します。スマートフォンを使い慣れた学生にとっては、わざわざ紙を準備して記載するよりも手間がかかりません。


・未入力や体調不良者へのアラート機能
 うっかり入力を忘れていたり、ついつい面倒で入力を後回しにしたりする学生には、督促の通知をすることで入力を促します。また、体調不良である可能性が確認された学生には、直ぐに担任の教員に連絡するように通知することができます。


・先生が把握しやすい学生の体調管理画面
 学生が入力した健康状態をクラスごとに一覧で表示します。体調不良の学生は赤色で表示、体調不良の可能性がある学生は黄色で表示することで、一目でクラスの状況を確認することができます。


・インストール不要のブラウザで利用できるシステム
 スマートフォン専用アプリではなくブラウザを利用したシステムであるため、スマートフォンだけでなくパソコンやタブレットなどデバイスを選ばずに利用することができます。インストールする必要がないため、簡単に始めることができます。

今後の展望
 今回は、非常に負荷が高く効率が悪かった紙の運用をIT化しました。これで終わることなく、さらなる機能追加を計画しています。学校で管理している学生の情報をITでつなぎ、より効率よく学生の状態がわかるようにすること、その基盤を活用することでより効率的に学校運営することを目指します。学生にとっても先生にとっても学業以外の事務作業については可能な限り負荷を下げながら、より多くの情報を管理することで適切な指導を一人ひとりの学生に行えるよう、今後も学校運営のDX化を推進いたします。

●現在計画中の追加機能
・健診結果のIT化
 学生の定期健康診断結果をスマートフォンで表示します。必要に応じて印刷が出来ます。
・定期的な血圧測定値管理
 月に1回測定して、学生が入学してから卒業するまでの情報を一覧表示します。
・予防接種及び抗体価管理
 学生が接種したワクチンの種類やその摂取日、抗体価を管理し、臨地実習時の考慮事項として活用。
・抽出条件に応じた対象学生へのメッセージ送信
 学生の健康状態に応じて必要な情報提供や指示を送信します。
・学生の安否確認
 災害時に学生が安全な状態でいるか確認することができます。
・メンタルケア
 未知のウイルスや予防のためのワクチンに対する不安など、学生の精神状態が不安定になる事態に対応します。
 ストレスの髙い学生を発見してケアできるようにします。

明石医療センター附属看護専門学校について
理念
 明石医療センター附属看護専門学校は、高度多様化する保健医療福祉ニーズに対応しうる、科学的かつ人間的な看護を行える人材を育成する。
施設
 設立・開校 平成15年4月1日
 学 科 1学年定員/看護学科(全日制40名)
 教職員 学校長1名
     副学校長1名
     教員8名
     事務職員3名
​     兼務講師約80名
許可・認定
 高等教育の修学支援新制度対象校
 専門実践教育訓練の講座指定
【URL】https://www.amc1.jp/school/
【YouTubeチャンネル】https://www.youtube.com/channel/UCCPGK-SvHCkP-j20DavhGmw

からだポータル株式会社について
 からだポータル株式会社は、社会医療法人出身である代表取締役の井内伸一と取締役の高橋克昌、松本力が健康増進や予防医療事業の推進を目的に2019年に設立した会社です。日常の生活動線で無理なく頑張らずに健康管理できることが健康寿命の延伸にとって重要であると考え、ショッピングセンターでの定期的な健康相談サービスや電子カルテシステムと接続できるPHR(パーソナルヘルスレコード)サービスを展開しています。健康増進事業については第5回大阪府健康づくりアワードで地域部門最優秀賞に選ばれるなど高く評価されています。今後も健診施設との連携を続けるとともに医療機関、流通大手との連携を拡大し、オンラインサービスと融合した新たな健康サービスの展開を目指しています。
【URL】https://karada-portal.com/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. からだポータル株式会社 >
  3. コロナ禍におけるITを活用した学生の健康観察を明石医療センター附属看護専門学校がスタート