​【一坪茶園】ととのう、つながる。”ワンアクション”で美味しく淹れられるお茶をMakuakeにて先行販売。日本茶の文化を未来へつなげます!

ボトルに水とティーバッグを入れておくだけ。「こころをととのえ」「こんなに美味しいお茶があったんだ!」誰かに伝え、つながりたくなる体験をお届けしたい🍵

「ととのう、つながる。」一坪茶園が”ワンアクション”で美味しく淹れられるお茶を自社サイト販売前、Makuakeでの先行販売。ここでしか買えない限定商品などをご用意して、クラウドファンディングに挑戦します!

 

 

ととのう、つながる。「一坪茶園」のお茶で日本茶を未来へつなぐ。ととのう、つながる。「一坪茶園」のお茶で日本茶を未来へつなぐ。

.「こんなに美味しいお茶があったんだ!」誰かに伝え、つながりたくなる味わい.「こんなに美味しいお茶があったんだ!」誰かに伝え、つながりたくなる味わい


 

  • 一坪茶園について 

一緒に“お茶の未来”を育てませんか―。

今、お茶農家は大きな危機に直面しています。お茶を作ること・味わうことは日本の大切な文化なのに、売れない、儲からない。お茶を作る人たち自身でさえお茶に未来を感じることができない。近年急須でお茶を飲む人が減り、家庭向け茶葉の需要が減り続ける中、お茶農家に入る収入もずっと右肩下がり。

毎日毎日、雨の日も晴れの日もお茶の木と向き合い、茶栽培をする茶農家さんの手には洗っても落ちない土が染み込んでいる。そんなお茶農家に、自分の子どもには継がせたくないと言わせてしまう。。

そんな状況を知った一坪茶園 代表の脇 奈津子(わき なつこ)が「私がやらなくて、一体誰がやるんだ!」という思いだけで、当時、副業が公に許可されていなかった会社の人事部に直談判して副業承諾を取得。日本ではまだ数少ない茶葉設計技師とともに、2019年にプロジェクトを立ち上げました。

サービスのブラッシュアップを続けていた2020年。コロナ禍で世の中リモートワークが日常生活として浸透しオンラインがインフラ化し「離れていてもつながれる」時代に。
オンラインで仲間を募ったところ脇の熱い想いに共感し様々な分野のプロフェッショナルが参画しました。そこで集まったメンバーは皆、脇以外とは、初対面なのに意気投合。まさにプロジェクトが加速した瞬間でした。

また、そういったつながりの中で、リモート環境でオンオフの境目がなくなりがちになる”今”の時代だからこそ「自分を取り戻させてくれる」ことが求められていると気付きました。

「急須がなくても淹れられる」ことや「どんな温度の水でも美味しく淹れられる」ことなど、旧来のお茶文化にはなかった新しい視点を盛り込み、時代に合わせた「手軽さ」と「美味しさ」を両立する商品を開発。

みなさまに「心をととのえる」ひと時と、“お茶の未来”にワクワクできる特別な体験をお届けするプロジェクトをご紹介できるようになりました。

 

リモートワークが日常生活として浸透する中で、様々な分野のプロフェッショナルが参画リモートワークが日常生活として浸透する中で、様々な分野のプロフェッショナルが参画

一坪茶園 代表 脇 奈津子(わき なつこ)一坪茶園 代表 脇 奈津子(わき なつこ)

  • 一坪茶園の商品特徴
1. オンオフの境目がないリモート環境に。心をととのえ、自分を取り戻させてくれるお茶
働き方が多様になったからこそ、自分と向き合う力が求められています。
たとえば自宅やサードプレイスでのリモートワーク。心をととのえ、頭をクリアな状態にして、目の前のことに集中できていますか。疲れやむずかしさを感じるのだとしたら、切れ目のない仕事に身を任せてしまっているからかもしれません。

トップの香り、口に残る味の余韻、鼻に抜ける香り・・・。

茶葉設計技師が最上級の茶葉を何種類も使って創りあげたお茶が、「今、ここにいる自分」を大事にする意識を取り戻させてくれます。また「一坪茶園」の茶葉は、テアニンという成分を多く含んでいるため、「瞑想」と同じような役割を果たしてくれます。
 

”ワンアクション”で美味しく淹れられるお茶は、アウトドアでも大活躍”ワンアクション”で美味しく淹れられるお茶は、アウトドアでも大活躍

 


2.どんな温度でも水さえあれば。”ワンアクション”で美味しく淹れられる
「高級な茶葉なのに、なんか美味しくない・・・」お茶を美味しく淹れられなかったこと、ありませんか。お茶は、茶葉の品質や種類に応じて抽出温度や時間を変えなければ、美味しくならないことがあります。でもその淹れ分けって難しいし、面倒くさい。
そこで「一坪茶園」は、どんな温度で淹れても失敗せず、美味しい味わいと香りが楽しめる設計のお茶を目指しました。同時に、何より急須がなくても、マイボトルにティーバッグをポンと入れるだけの“ワンアクション”で飲めるスタイルを実現。
 

誰でも簡単に美味しいお茶を楽しめるようにティーバックで提供誰でも簡単に美味しいお茶を楽しめるようにティーバックで提供

マイボトルにティーバッグをポンと入れるだけマイボトルにティーバッグをポンと入れるだけ


3.「こんなに美味しいお茶があったんだ!」誰かに伝え、つながりたくなる味わい
日本ではまだ数少ない茶葉設計技師が手掛ける門外不出のブレンド

「一坪茶園」には累計100,000種の茶葉を官能評価し、20,000回以上にわたる火入れ実験実績を誇る、日本にほとんどいない茶葉設計技師がいます。

さらに、お茶業界では異端とされる、多種類の茶葉に弱火から、飲んだ瞬間に力強い香りが口から鼻にかけて広がるような強い火入れまで、繊細な火入れを行って香味を調整。その多種類の茶葉を、「一坪茶園」が誇る門外不出の黄金比でブレンドします。
 

卓越した技で丁寧に作る、妥協なきお茶の味と香りはまさに芸術品。卓越した技で丁寧に作る、妥協なきお茶の味と香りはまさに芸術品。


商品の開発・製造提携先は、創業87年の老舗ながら業界に一石を投じ、多角的な茶事業展開を進めている茶業界の異端児である丸山製茶。農園でのお茶づくりから流通にいたるまでを一気通貫で管理している茶商さんはほとんど例がありません。この異端児との奇跡のコラボレーションにより生みだされるのが「一坪茶園」のお茶です。

makuake(マクアケ)での挑戦について
makuakeでは、「一坪茶園」の誇る”ワンアクション”で美味しく淹れられるお茶をはじめとし、大事な人と「つながるペアギフト」(同じお茶・お菓子が届くプロダクトサービス)、デザインのプロ、ブランディングのプロ、マーケティングのプロなど、ビジネス展開に関わる各分野のプロフェッショナルが参加する「一坪茶園」チームMTG参加チケット、茶園+荒茶工場+製茶工場ツアーなど、makuakeでしかご購入いただけない限定商品などもご準備しています。
 

お友達に贈るのにも最適なデザイン段ボールに入れて発送させていただきます!お友達に贈るのにも最適なデザイン段ボールに入れて発送させていただきます!

限定のオリジナルコラボスイーツセットもご用意しました限定のオリジナルコラボスイーツセットもご用意しました


クラウドファンディング実施期間
2021年3月1日(月)〜2021年3月30日(月)

Makuakeプロジェクトページ(3月1日(月)公開)
https://www.makuake.com/project/hitotsubo-chaen/

「一坪茶園」ウェブサイト
https://www.hitotsubochaen.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一坪茶園 >
  3. ​【一坪茶園】ととのう、つながる。”ワンアクション”で美味しく淹れられるお茶をMakuakeにて先行販売。日本茶の文化を未来へつなげます!