祥泰の州 医儒薬香伝千古グローバルプロモーション活動が開始

国広国際オンラインネットワーク(北京)株式会社江蘇支店(CRI Jiangsu Channel)が主催された祥泰の州、医儒薬香伝千古というグローバルプロモーション活動が最近正式に開始されました。

州建南唐、文昌北宋、これは鳳城という恵まれた場所であり、昔から風情があり、鐘霊毓秀です。泰州は古くから文化と教育を提唱しており、朗々として本を読んでいる音は何千年も経ちました。泰州は漢方薬の豊富な文化資源を持っていて、文字の記載がある漢方薬の歴史は1500年余りあります。上池斎、泰和堂、趙海仙洋楼......これまでのところ、泰州各地は依然として多くの古い建物が保存されています。それらは伝統的な漢方文化の証であり、健康的かつ有名な都市であり、祥泰の州の魅力的な名刺でもあります。

興化東城外の通りには、北京の『同仁堂』、杭州の『胡慶余堂』、蘇州の『雷允上』、上海の『童涵春堂』などの老舗に匹敵する古いドラッグストアがあり、これは300年以上にわたって衰えない上池斎です。そこに足を踏み入れると、薬の香りが鼻をつくようになり、漢方文化の優雅で長い香りを感じます。何百年もの間、上池斎が生産された『丁沈丸』『亀甲散』『玉帯膏』『化毒丹』などの治療効果は著しく、興化周辺の町と里下河各県でよく知られています。2013年10月、上池斎は国家級文化保護単位としてリストされました。

泰和堂国医館は、海陵区稲河古街区涵西通りに位置し、館内では、歴史時期ごとに中国古代漢方薬の古典的な作品と、伝統漢方医者の診断及び漢方薬を製造するための道具を見ることができます。館内には、有名な医師、省、市の有名な漢方医、特別に招待された経験のある漢方医は定期的に診療し、高品質の漢方薬ヘルスケアサービスを提供します。現在の『九十九間半』は、泰州の特殊な文化名刺特別な文化名刺になり、『泰和堂』の伝統的な漢方文化と共生しています。

趙海仙は「コレラ弁証」「続弁証録」「陰陽五行論」「趙氏秘薬」などを著しました。趙海仙のウエスタンハウス内の両厢と串廊は興化市中医博物館を設立し、興化市に歴代の有名な漢方医とその関連文献資料を展示し、中国の漢方薬の歴史、特に清代の『興化医派』の形成と特徴を研究するのに非常に重要な医薬と歴史価値を持っています。2009年、趙海仙のウエスタンハウスは、江蘇省における最初の漢方薬文化宣伝教育基地建設単位と命名されました。

歴史的記録によると、泰州の歴史には536人の医師、167部の医療著作があり、宋代の陳直、元代の李元節、明代の劉純、清代の袁補治......多くの有名人が無数の星ように泰州漢方医の文化歴史にきらめいています。泰州では口福、眼福、耳福、体福、心福の『五福』がそろっており、食療養、水療養、静療養、康療養、禅療養の『五養』が一体となり、475人の百歳以上のお年寄りがここで幸せな晩年を送っています。

2021年10月23日から25日まで、第12回中国(泰州)国際医薬博覧会が泰州中国医薬城コンベンションアンドエキシビショントレードセンターで開催されました。今回の医学博覧会のテーマは、『イノベーションと開発を推進するために業界の最前線に焦点を当てる』で、アメリカ、イギリス、ベルギーなど16カ国と地域から700社以上の企業が泰州に集まり、国内外の医薬品、ワクチン、医療機器、診断試薬、生物学的製品、医療技術などの各種の展望情報がここに収集されます。泰州は全市の力を入れて中国医薬城を建設しており、医薬高新区と高港区の融合発展は泰州発展の『特区』と中国医薬城の核心区の構築に力を入れております。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CRI Jiangsu Channel >
  3. 祥泰の州 医儒薬香伝千古グローバルプロモーション活動が開始