ソーシャルカラオケアプリSOMESING(サムシング)、本格的に日本市場に展開!

-. 日本市場専用にてLINE BlockchainベースのソーシャルカラオケSOMESING for LINE Blockchain
Google Play ストアとApple App Storeに同時サービスイン
-. LINEと協力し、素早く日本ユーザを攻略する予定

2019年11月、サービスインして成長を続けてきたソーシャルカラオケアプリサービス「SOMESING(サムシング)」が本格的に日本市場へ展開。

ソーシャルカラオケアプリサムシングがLINE Blockchainベースの日本市場専用サービスである「SOMESING for LINE Blockchain」をGoogle Play ストアやApple App Storeに正式サービスを開始したと発表した。

5月11日、サムシングは、LINE Blockchain技術を活用したソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」を日本Google Play ストアとApple App Storeに正式バージョンをリリースしたと明かした。
サムシングは利用者中心のUI/UXをベースにしてカラオケアプリが基本的に持って行くべきの高品質の音源および様々なサウンドエフェクト、映像録画ツールを提供するサービスにて既存類似なサービスたちの重要問題点だった「有料化によるユーザ離脱」、「コンテンツに対する経済的な報酬の不在」をトークンエコノミーを通じて補完したグローバル最初のブロックチェーンベースのソーシャルカラオケアプリだ。新型コロナの拡散以来、非対面時代に最適化された「非対面(Untact)カラオケアプリ」サービスとして急成長しており、最近は単純なカラオケアプリを超えてミュージックプラットフォームへの飛躍に向けて様々な領域に事業拡張している。
今回、見せる「SOMESING for LINE Blockchain」は既存韓国およびグローバル市場にサービス中だったSOMESINGに適用されたKlaytnネットワークの代わりに日本市場専用としてLINE Blockchainの技術を導入したのが特徴だ。LINE BlockchainはLINEのブロックチェーン部門子会社である「LINE TECH PLUS PTE. LTD. (LTP)」が開発したブロックチェーンネットワークで、「LINE Blockchain Developers」を通じて様々なサービスたちがブロックチェーン技術を導入し、トークンエコノミーを構築できるようにサポートしている。
サムシングのKim Heuibae代表は‘LINE Blockchainをベースにしてカラオケ文化の発祥地であり、グローバルカラオケ市場占有率1位を記録している日本のユーザたちのために「SOMESING for LINE Blockchain」を成功的にサービスインすることになって凄く嬉しい。’と感想を言いながら、‘伝統的にカラオケ市場の強国である日本も新型コロナの拡散でOntact現象は加速化されると予想される。サムシングが持っている独歩的なモバイルカラオケ技術力をベースに日本ユーザさんに特化されたエンターテインメントサービスとして安着できるようにLTPさんと緊密に協力して行く予定でおり、日本市場からの成功的な安着をはじめ、グローバル市場へサービスを拡張して行くように最善を尽くす。’と抱負を明らかにした。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Emel Ventures >
  3. ソーシャルカラオケアプリSOMESING(サムシング)、本格的に日本市場に展開!