Hyperithm、日本のFinTechの中心地FINOLABへの本社オフィス移転のお知らせ

暗号資産のウェルスマネジメントを行う株式会社HYPERITHM(代表取締役:Lloyd Lee)は、2022年3月4日に本社オフィスを大手町の「FINOLAB」に移転したことをお知らせします。

移転先

東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4階 FINOLAB内

移転日
2022年3月4日

FINOLABについて
FINOLAB(The Fintech Center of Tokyo, FINOLAB)は、株式会社FINOLABが運営する会員制のコミュニティ&スペースです。世界有数の国際金融センターである東京・大手町エリアを拠点とするFinTechのエコシステムの形成および新規ビジネス創出を目的としています。

所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4階
東京メトロ丸ノ内線、千代田線、半蔵門線、東西線、都営三田線「大手町駅」直結。
URL:https://finolab.tokyo/jp/

Hyperithm Groupについて
当社は、2018年1月の創業以来、日本と韓国を拠点に機関投資家や富裕層を対象とした暗号資産のウェルスマネジメント事業を展開しています。日本においては、私募で暗号資産のレンディングサービスやプロ向けファンドを運営しています。昨年のシリーズBラウンドでは、Coinbaseを含む機関投資家より12億円規模の資金調達を行いました。

【会社概要】
会社名:株式会社HYPERITHM
代表者:代表取締役 Lloyd Lee(李 沅俊)
設立:2018年1月
役職員数:25人(関係会社を含む)
海外拠点:韓国
会社HP:https://hyperithm.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社HYPERITHM 広報担当
pr@hyperithm.com
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社HYPERITHM >
  3. Hyperithm、日本のFinTechの中心地FINOLABへの本社オフィス移転のお知らせ