ふるさと回帰支援センターが移住に関する調査結果を公開 首都圏の地方移住希望者は推計309万人

具体的に移住を計画している人からは「自治体との対面相談」を求める声が多いことが明らかに。

全国の自治体と連携して地方移住を支援する「認定NPO 法人ふるさと回帰支援センター」はこのほど、地方移住希望者の実態を把握し、地方移住を促進することで分散・分権型社会を実現するため、首都圏在住者を対象とした調査を実施しました。調査結果から、移住先として地方を希望している人は推計309万人であることが分かりました。
なお、移住検討と新型コロナウイルス感染症の影響について尋ねたところ、「影響がある」と回答した人はおよそ3割でした。7割は 新型コロナとは関係なく移住を考えていることから、地方移住はコロナ禍による一過性のブームではないことが推察されます。
<調査概要>
【調査対象】1 都 3 県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)に在住の 20~74 歳の男女(n=15,000)
【調査方法】インターネット調査(調査会社の登録モニター活用)
【調査期間】2021 年 7 月 29 日~8 月 4 日 
 
  • 調査結果
■ 地方移住関心者数の推計
首都圏都市部の生活者のうち、「転居・移住に関心がある」、または「現在の生活圏での生活を続 けることに違和感を持つことがある」と回答したのは 610 万人(推計)で、そのうち転居・移住先の候補地として地方を希望している人は 309 万人(推計)です。
また、本調査結果(n=15,000)のうち、「現在の生活圏での生活を続けることに違和感を持つ事はある」人は 3.7%、「地方移住に関心がある」人は 6.4%、「地方移住を具体的に計画している」人 は 2.1%です。
 



■ 地方移住関心者の割合(性年代別)
移住に関心がある(「現在の生活圏での生活を続けることに違和感がある」を含む)人は、「男性 20~30 代」「男性 40 代」「男性 50 代」「女性 20~30 代」で高く、それぞれ約 13~16%でした。またそのうち、「具体的に計画している」人は、それぞれ約 2~4% となりました。 

 



■求められるサポートは、自治体との「対面での相談」
地方移住関心者のなかでも、「具体的に移住を検討している」人に対して、移住に向けて一歩踏み出すためにあると良いと思うサポートを聞いたところ、約30%の人が、希望する移住先の自治体との「対面での相談」を求めているという結果になりました。(n=247)
  29.6%  対面での相談(移住先の自治体)
  28.7%  ウェブサイトや SNS での情報提供
  25.9%  電話・メール・オンラインでの相談(移住先の自治体)
  23.9%  お金の相談(補助金・助成金)
  23.5%  就職のあっせん 

<ふるさと回帰支援センターの取り組み>
ふるさと回帰支援センターの移住相談件数は年々増加しています。2020 年はコロナ禍で、センタ ーを臨時休館した影響もあり 3 万 8320 件となりました。センター利用者は、20 年は 40 歳以下で 7 割を超えたほか、テレワーク移住に関する相談も聞かれるようになり地方移住が身近なものになっています。
一方で、調査結果にもある通り、移住を検討するにあたっては、対面での相談や情報提供を求める 声も多いです。こうした意見も踏まえ、国内最大級の移住マッチングイベント「第 17 回ふるさと回 帰フェア 2021」を 10 月 17 日に有楽町の東京国際フォーラムで開催します。イベントでは、全国の自治体担当者に無料で直接、移住相談ができます。
 
  • 第17回ふるさと回帰フェア2021について
タイトル: 第17回ふるさと回帰フェア2021
日時  : 2021年10月17日(日) 10時~16時30分
会場  : 東京国際フォーラム ホールE(地下2階)
東京都千代田区丸の内3-5-1 (JR・東京メトロ有楽町駅より徒歩1分)
主催  : 認定NPO法人ふるさと回帰支援センター
イベント公式サイト : https://event.furusatokaiki.net/fair2021/
※フェアは参加無料、事前申込み不要です。お気軽にご参加下さい。

前夜祭シンポジウム(基調講演:宮台真司氏)
日時  : 2021年10月16日(土) 17時40分~20時30分
会場  : 東京国際フォーラム ホールB7(7階)
東京都千代田区丸の内3-5-1 (JR・東京メトロ有楽町駅より徒歩1分)
主催  : 認定NPO法人ふるさと回帰支援センター
※前夜祭シンポジウムへのご参加は、事前申込みが必要です。(参加無料)
ウェブサイトよりお申し込みください。
【お申込み】https://event.furusatokaiki.net/fair2021/symposium/apply/

 
  • NPO法人ふるさと回帰支援センターについて
地方暮らしや地域との交流を深めたい人を支援するため、全国約500地域の自治体と連携し、移住に関する情報を提供しています。各都道府県の相談員が常駐し、暮らし、仕事、子育て環境など具体的な地域情報をもとに相談に応じ、利用者の希望する地方暮らしに合った地域へ送り出し、移住後のフォローも行っています。

正式名称 : 特定非営利活動法人100万人のふるさと回帰・循環運動推進・支援センター
所在地  : 〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階
電話   : 03-6273-4401
E-mail     :  info@furusatokaiki.net
営業時間 : 10:00 ~ 18:00(火曜~日曜)
休館日  : 月曜・祝日
代表者  : 理事長 高橋 公
設立   : 2002年11月
URL   : https://www.furusatokaiki.net/
WEBマガジン: https://www.furusato-web.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人ふるさと回帰支援センター >
  3. ふるさと回帰支援センターが移住に関する調査結果を公開 首都圏の地方移住希望者は推計309万人