AIのHEROZとデザインのDRAFTが業務提携 自動設計支援AIサービスの共同開発に着手 建築設計デザイン業務のDXを推進

HEROZ株式会社(代表取締役Co-CEO:林 隆弘、以下「HEROZ」)は、インテリアや建築設計を軸にデザイン事業を展開する株式会社ドラフト(以下「DRAFT」)と、設計業務の生産性向上を目的とした自動設計支援AIサービスの共同開発に向け、業務提携を開始いたしました。

■DXが遅れる建築デザイン業界に先手
インテリアや建築設計のデザイン業務には、意匠計画以外にも平面図、配置図、展開図など膨大な製図作業が発生します。図面作成はCADと呼ばれる設計支援ツールを使ってパソコン上で書くことが一般的ですが、手作業に頼る部分も大きく、自動化およびDXが建築デザイン業界全体の課題と言われています。
こうした背景を踏まえ、業務提携先となるDRAFTは、3DモデリングやBIMなどのデジタル技術を活用した設計業務の効率化を図ってまいりました。
そしてこの度、最先端のAI技術を保有するHEROZはDRAFTと業務提携を結び、設計デザイン業務のDXを推進する「自動設計支援AIサービス」の共同開発に着手いたしました。

■事務作業はAIに任せ、人はクリエイティブに集中!
本取り組みは、平面図から立体イメージを作成する通常の設計プロセスを逆転させ、3Dモデルから抽出したデータを元に2次元の図面を作成し、膨大な展開図の作成や積算を自動化させるシステムの開発を目的としています。これによりヒューマンエラーの防止や見積もりの最適化だけでなく、これまで煩雑な事務作業に投下されていた時間を「デザイン性の追求」や「機能の拡充」など、クリエイティブな仕事の時間へと変えることを目指しています。
初期フェーズにおいては、DRAFTの設計デザインチームが業務効率化の一環として試験運用を実施し、図面上にプロットする情報の精度、ユーザビリティの継続的な改善を行うことで、自動設計支援AIの効果検証を実施します。将来的には、積算業務を自動化し、500万人以上の就労者数を誇る建築業界全体にとって利用価値の高いシステムの製品化を目指し、グローバル約12兆円(CAGR約4%)、国内だけでも約8,500億円の市場規模があると推定されるインテリアデザインサービス市場の獲得を見据え、共同での事業展開の検討を加速してまいります。 
今後もHEROZのAIテクノロジー・開発力、DRAFTのデザイン性と専門技術の協働を通して、建築デザイン業界全体のDX支援とデザインの価値向上を推進してまいります。
※社名であるHEROZ及びHEROZのロゴマークは、当社の登録商標です。
※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

【HEROZ株式会社について】
HEROZは、「驚きを心に」をコンセプトとして人工知能(AI)等の技術で「世界を驚かすサービスを創出する」ことを目指しています。
今後も独自AI「HEROZ Kishin」を軸にディープラーニング(深層学習)等の機械学習の研究開発やビジネス活用を続け、人工知能(AI)革命を起こし、未来を創っていきます。
https://heroz.co.jp/
※HEROZ Kishinは、これまで人間には解決できなかった問題に挑戦し、新時代を創造するAIです。

【DRAFTについて】
DRAFTはALL HAPPY BY DESIGNの理念のもと、デザインの力で世界にHAPPYの循環をつくり出し、社会に貢献することを目指すデザイン会社です。デザイナー・建築家である山下泰樹氏[柴田3] [牧野4] を中心に、インテリアから建築デザイン、プロダクト、ブランディングまで幅広いデザイン領域を手がけています。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. HEROZ株式会社 >
  3. AIのHEROZとデザインのDRAFTが業務提携 自動設計支援AIサービスの共同開発に着手 建築設計デザイン業務のDXを推進