Atelier nuu ”廃漁網から生まれた鞄”がギフト・ショーLIFExDESIGNアワードでグランプリを受賞

廃棄網から生まれた鞄。豊岡鞄認定のシンプルなトートバッグ。

ReC合同会社(本社:兵庫県豊岡市中央町7-28 / 代表 森下拓磨 ㈱由利 関連子会社)が展開する鞄ブランド”Atelier nuu(アトリエヌウ)" は再生利用、ゴミを減らすことを意識した商品開発を目指しています。9月7日から3日間開催されたインターナショナル・ギフト・ショー(Booth NO.東4-T33-12)にて商品およびその取り組みなどをブースにて発表。また、展示会内で実施されたLIFExDESIGNアワードにてグランプリを受賞。

現在地球上で海洋プラスチックごみは年間世界全体で約800万トン、国内からは 2~6万トン発生していると推計されています。未来の海を守るために、海洋プラスチックごみの削減に少しでも力になりたいと、「廃棄漁網由来の再生原料」を使用したバッグをAlliance for the Blueの協働メンバーとして、豊岡鞄組合の参加企業で作ることになりました。

 

北海道の道東エリアで回収した「廃棄漁網」を収集し、漁網とゴミの分別や洗浄をし、原料となる「再生ペレット」を製造します。複数企業との協働を経て「製糸・織布」と生まれ変わった後にバッグへと生まれ変わります。

 


今回ギフトショーで発表をしたグランプリ受賞商品は船底をイメージしたものになっており、再生漁網生地との相性もストーリー性も高くなっている。シンプルなデザインの中に親会社である鞄製造メーカーが長年培ってきた地場産業である鞄製造技術を掛け合わせ、”サステナブルxモノづくりx地場産業”という取り組みを鞄を通して実現をした。

その他にも1年前に発表をした2WAYタイプのバッグなども会場では非常に人気であった。

豊岡鞄組合では現在、海外に向けても積極的に発信をしており、今後も海外販路開拓を組合事業として行っていく。

また、Atelier nuuのコレクションを企画・製造・販売するReC合同会社では、社内Re:nuu宣言に基づき持続可能な開発目標(SDGs)の5番(ジェンダー平等を実現しよう)、12番(つくる責任、つかう責任)を自社が目指す目標として最適であることをSDGs事業認定証により認められました。今後これらの目標の達成をかばん作りを通して支援してまいります。

【会社概要】
会社名:ReC合同会社
代表者:森下 拓磨
所在地:〒668-0033 兵庫県豊岡市中央町7-28
HP: https://recrec.site
公式ECサイト : https://www.a-nuu.net/
Instagram : @atelier_nuu
Facebook : @ateliernuu
Twitter : @atelier_nuu
LINE : @ateliernuu

  1. プレスリリース >
  2. ReC合同会社 >
  3. Atelier nuu ”廃漁網から生まれた鞄”がギフト・ショーLIFExDESIGNアワードでグランプリを受賞