ブルーライト可視化アプリ「ブルーライトチェッカー」iOS版にwebのブルーライトカット機能を搭載

ブルーライトをスマホのカメラを使って可視化する「ブルーライトチェッカー」iOS版に、webブラウザ(safari)利用時にブルーライトをカットするweb機能拡張機能が搭載される。

404Eyewear(株式会社404 所在地:東京都目黒区)は、スマホのカメラを使ってブルーライトを可視化するアプリ「ブルーライトチェッカー」のiOS版に、webブラウザ(safari)利用時に全てのwebをブルーライトカット表示するweb機能拡張「ブルーライトカットExpansion」を搭載、2022年2月上旬にリリース予定、利用料金は年額240円。
iOSに搭載されているダークモードと違い、ダークモードに対応していないwebサイトもダークデザインで表示することができ、画像や写真も眼に優しいセピア調で表示されます。またブルーライトカット表示をすることによりスマホの消費電力も抑えることができます。
(「ブルーライトチェッカー」は、スマホやPCなどから放出されているブルーライトをスマホだけで気軽にチェックすることのできる無料アプリです。)

【製品特徴】
・全てのwebをブルーライトカット表示します


・ブルーライトと共に消費電力も低減されます

 

 

【製品概要】
  • ​名称:「ブルーライトチェッカー ブルーライトカットExtension」
  • 価格:年額240円 (ブルーライトチェッカーの利用は無料)
  • App Store(iOS版):https://apps.apple.com/jp/app/id1579452764
  • Google Play(Android版):https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co404.blchecker
  • 注意事項:
    • 本サービスは、ブルーライトの簡易診断のアプリです。医療機関での診断に代わるものではなく、確定的な診断を行うものではありません。必要に応じて医療機関を受診するようおすすめいたします。
    • ブルーライトは太陽光に多く含まれている為、太陽光が差し込む環境では正しく計測ができません。日没後か遮光された環境でご利用ください。
    • ブルーライト計測の信頼性:本アプリは、CIE(国際際照明委員会)で制定されている「CIE測色標準観察者等色関数」を利用しブルーライト波長に対応した色を計測しております。
    • Android版は「ブルーライトカットExpansion」には対応しておりません。

【404Eyewearについて】
404Eyewearは、「アイウェアとソフトウェアを融合し、IoT時代の眼の健康と睡眠をサポート」をコンセプトに、ブルーライトを約70%カットし眼の充電を促すテレワーク向けアイウェア「MEL」を販売開始、様々なスマホアプリと機能性アイウェアを順次企画開発してまいります。

【会社概要】
企業名:株式会社404
本社住所:東京都目黒区碑文谷5-18-3
設立:2020年4月
URL:https://404.co.jp
* 404Eyewearは株式会社404の登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社404 >
  3. ブルーライト可視化アプリ「ブルーライトチェッカー」iOS版にwebのブルーライトカット機能を搭載