“ハイブリッドDX” - デジタルとアナログを融合した最適なバランスを図るビジネスソリューション

Sending Technology Solution分野のリーディングカンパニーであるピツニーボウズジャパン株式会社は、提供する製品やサービスによって日本市場特有のニーズに対応し、デジタルとアナログの両方に対応する“ハイブリッドDX”ソリューションの提供で、多くの企業や組織が抱えるバックエンドでの負担軽減と業務の効率性改善に寄与しています。
デジタルトランスフォーメーション(DX)という言葉はよく聞かれるようになりましたが、企業や各種組織は日々の業務やビジネスプロセスをいかに効率化し、人員とコストを割かずに顧客サービスの質とスピードを向上させるかに腐心しています。ただし、DX化を推し進めるのは必ずしもこうした社会における流れだけによるわけではありません。

テクノロジーの進歩がビジネスのデジタル化を促進しているのは間違いありませんが、日本のようなマーケットにおいてはその他の要素もそこに絡み合ってきます。まず、有能な人材を確保、または維持しなければいけないというプレッシャーから、企業はプロセスの自動化やデジタル化を進めています。しかしながら、高齢化の進む日本の社会においては、一方的にではなくバランスを見ながら自動化、デジタル化を進める必要があります。ビジネスプロセスを最適化するためのデジタル化と、習慣的な好みや必要性からお客様に好まれる、あるいは求められるサービスの維持といった要素の間で、適切なバランスを取ることがすべての組織にとっての課題となっています。

そうした課題の一例としては、紙ベースによる物理的なコミュニケーション手段が挙げられます。税務などの自治体文書や金融・保険取引、医療・健診・介護施設に関する文書では、公的文書を紙媒体で受け渡しすることがとりわけ強く望まれています。今後、このような傾向は薄れていくかもしれませんが、紙ベースによるコミュニケーションを維持することは、今もって非常に重要なものとなっています。

デジタルとアナログという、両方のビジネスプロセスに対応するソリューションを提供することは、郵便物や宅配物の発送・受取り業務の効率化を推進するSending Technology Solutionの分野でテクノロジー、ロジスティックス、金融サービスを提供する世界的なリーディングカンパニーであるピツニーボウズの日本法人、ピツニーボウズジャパン株式会社のサービスの根幹をなしています。ピツニーボウズは、世界をリードする技術と現地市場のノウハウを駆使し、主要産業分野の固有のニーズに合ったビジネスソリューションを提供するとともに、顧客の個別の課題にも直接対応しています。

「ピツニーボウズは100年以上にわたってメーリング・テクノロジーの世界的リーダーとして成長してきました。この20年間、デジタル化によって市場が変化する中で、私たちは近年、急激に成長するeコマースの分野にもサービスを拡大してきました。ピツニーボウズの日本法人である私たちは、日本市場特有のニーズに対応した製品やサービスを提供できるユニークな立場にあります。郵便物や小包の発送を効率化する技術と、使いやすさを飛躍的に向上させるデジタル・システムやプロセス・インテグレーションを融合させ、大幅なコスト削減と少ない人員での運用を可能にしたソリューションを“ハイブリッドDX”と呼んでいます」

こう語るのはピツニーボウズジャパン株式会社の取締役最高執行責任者(COO)、田邉卓也氏です。

社会がよりデジタル化された世界に移行する一方で、日常の多くの場面で、顧客との対話やビジネスプロセスにおいて、従来のアナログベースの側面を維持する必要性と欲求が残っていますが、それこそがハイブリッドDXのコンセプトだと言えます。デジタル化によって顧客と組織の双方に価値をもたらし、顧客の満足度と受容性が維持されることで、最適なバランスが得られるのです。またハイブリッドDXとは、顧客の行動や期待値が変容していく中で常に進化していくものであると言えるでしょう。顧客の要求の変化に合わせて、既存のデジタルプロセスと強化されたデジタルプロセスの両方をシームレスに組み合わせて提供できるかどうかが鍵となってくるでしょう。

ピツニーボウズジャパンはこのほど、宅配便発送インターフェースを備えた郵便作業と宅配便発送の効率化ソリューション「SendPro®+(センドプロプラス)」を発表しました。SendPro®+によって、送り状ラベルの印字出力、配達状況のトラッキング、運送会社間の料金比較が可能となり、企業や組織にとって導入メリットは非常に大きいものとなります。部門集計や処理データのレポートを電子データで取得でき、発送管理をデジタル化し、管理性を向上させます。

最後に、「SendPro+」を導入したことでハイブリッドDX化を進める企業の例を紹介します。

ビルや工場用等の制御・計測機器メーカーであるアズビル株式会社の西東京営業所では「SendPro+」を導入しました。それまで同社の事務担当者が行っていた発送郵便物の計量や切手の貼り付け、また宅配便発送時の送り状記入といった時間と労力を要する作業の手間は、同製品の採用で実質ゼロに。操作方法もシンプルで誰にでも使えるものとなっているため、同社の担当者の作業負担も大幅に減ったという喜びの声が挙がっています。デジタル化が難しく、人の手を介さざるを得ない業務の効率化にも大きく貢献しています。
( SendPro®+についてはこちらをご参照ください:https://www.pitneybowes.com/jp/shipping-and-mailing-new/jp-postage-meters/sendpro-plus.html


ピツニーボウズについて
ピツニーボウズ(ニューヨーク証券取引所:PBI)は、フォーチュン500社の90%以上の企業にテクノロジー、物流、金融サービスを提供している世界的な発送・郵送会社です。世界中の中小企業、小売、企業、政府機関のお客様が、郵便物や小包を送る際の複雑さを解消するためにピツニーボウズを利用しています。詳細については、ピツニーボウズのホームページ(www.pitneybowes.com)をご覧ください。
詳細はこちらから: https://www.pitneybowes.com/jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ピツニーボウズジャパン株式会社 >
  3. “ハイブリッドDX” - デジタルとアナログを融合した最適なバランスを図るビジネスソリューション