チェンソーが安全な家庭用品に進化 日本初のポール取り外し式

2022年5月2日(火)発売

1台で高所も手元も切断できる日本初機構の充電式ポールチェーンソー(PCS-6001)を5月2日全国のホームセンター・ウェブ通販などで発売します。
その危険性からあくまでプロ用の道具だったチェーンソーを一般人のための家庭用品にする。そのためになにより重要なのが安全性です。これを(1)軽量性(2.6kg)(2)あえて無理のない長さ(1.6−2.2m)ーーを採用することによって実現しました。

脚立を使わずに4メートル弱の高さまで太い枝や幹を切ることができます。ポールを取り外すと片手用チェーンソーになるため(日本メーカーとして初採用の機構、1.7kg)、切断した太枝・幹の細断にも活躍します。最大切断径はおよそ120mm。

安全装置としてはチェーンソーの致命的欠陥であるキックバック(刃が木に弾かれる)を避けるための安全ガード、速すぎないチェンスピードなどを採用しています。また視認性の高い大型の滑り止めスパイクはこみあった枝のなかでもしっかり対象をホールドして切断します。

ムサシ女性スタッフがポールチェーンソーを使ってみた動画です。

 

お問い合わせ先:
株式会社ムサシ 兵庫県加古川市八幡町宗佐1440
https: https://www.634634.jp/index.html
MAIL:asada@musashi-mfg.com(担当:浅田)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ムサシ >
  3. チェンソーが安全な家庭用品に進化 日本初のポール取り外し式