クラウド受付システムシェアNo.1のRECEPTIONISTとRemoteLOCKが連携、オフィス受付業務の効率化とセキュリティ向上を実現

〜非対面・非接触と効率化で安全安心・スマートなオフィスの受付運営を促進〜

クラウド管理機能を備えた入退室管理システム「RemoteLOCK(リモートロック)」は、シェアNo.1*のクラウド受付システム「RECEPTIONIST(レセプショニスト)」と連携を開始いたしました。オフィスの受付システムと入退室管理が連携することで、受付業務の非対面化と効率化およびゲストの入退室におけるセキュリティ向上を実現し、受付のデジタル化・安全安心でスマートなオフィスの受付運営を促進します。 *調査概要:2020年5月期_インターネット調査

▶RECEPTIONISTxRemoteLOCK連携詳細:https://remotelock.kke.co.jp/api/receptionist/

コロナ禍による継続した感染症対策の徹底に加え、不審者対策や安全性向上などセキュリティの強化が求められる昨今、不特定多数の来訪者に対応するオフィスの受付においても、非対面化やセキュリティ向上が求められています。

RECEPTIONISTは、クラウドサービスを通してビジネスコミュニケーションのアップデートを目指す株式会社RECEPTIONIST(東京都渋谷区、代表取締役社長:橋本真里子、以下RECEPTIONIST)が提供するクラウド受付システムです。来客取り次ぎを自動化することで受付の無人化・省人化や受付業務の大幅な効率化を実現するサービスで、オフィスを中心に5,000社以上の導入実績を持つ、業界トップシェアのクラウド受付システムです。

RemoteLOCKは、鍵の発行、受け渡しをクラウド上で管理できるスマートロックで、セキュリティゲートやエレベータ、自動ドア、会議室のドアの鍵など、メーカーを問わずさまざまなタイプのドアを一元管理できる入退室管理システムです。非対面での鍵の受け渡しが可能となるため、コロナ禍における感染症対策を意識した運営はもちろん、遠隔管理による施設運営の効率化を実現します。

 従来、ゲスト来訪時には受付スタッフが社内担当者に内線電話で連絡を入れ、担当者は受付エリアまでゲストを出迎えて面談スペースに案内するなどの対応が必要でしたが、本連携により、オフィスの受付対応から社内担当者への来館通知、ゲストの入館権限付与までを自動化し、非対面による来客対応が可能になりました。
 

  • 受付対応からゲストの入室まで自動化するRECEPTIONISTとRemoteLOCK運用の流れ

  1. RECEPTIONISTでゲストの来訪予定を登録し、発行された受付QRコードをメールなどでゲストに送付します。
  2. 面会当日、ゲストがオフィスの入り口に設置された受付端末でチェックインを行うと、社内担当者にゲストの来訪がメールやビジネスチャットなどで自動通知されます。
  3. ゲストはチェックイン端末から自動で発行・印刷された入館用のQRコードを受け取ります。アクセスが許可された範囲内のセキュリティゲートやドアに設置されたRemoteLOCK*にQRコードを読み取らせることで、非接触で解錠できます。 (RemoteLOCKシリーズのうち、セキュリティゲートや自動ドアに対応するのは「TOBIRA(トビラ)」のみとなります)

受付業務を自動化することで、従業員の生産性向上を図るとともに、ビジターの入退室管理によるセキュリティ向上を実現し、安全安心でスマートなオフィスの受付運営を実現します。

RECEPTIONISTおよびRemoteLOCKは、オフィスにおける受付業務の効率化およびセキュリティの向上を図り、従業員が生産性の高い状態で業務に集中できる環境を創出することで、働きやすい世の中を創造し、より良い社会の実現に貢献してまいります。

▶RECEPTIONISTxRemoteLOCK連携詳細:https://remotelock.kke.co.jp/api/receptionist/
 
  • RECEPTIONISTについて

RECEPTIONISTは、株式会社RECEPTIONISTが提供する内線電話を使わないクラウド受付システムです。受付のiPadを通じて連携しているツールに直接担当者を呼び出すことで、無駄のない効率的な来客対応を実現。来客履歴は自動で保存され、QRコードを用いた非接触の受付も可能。オフィスセキュリティや感染症対策に貢献します。
サービスサイト:https://receptionist.jp/

 

  • RemoteLOCKについて

RemoteLOCKは、株式会社構造計画研究所が提供するビジネス向けのスマートロック製品および入退室管理システムです。クラウドシステムで予約客ごとに異なる有効期限つき解錠キー(暗証番号)を管理・発行することができます。ホテル、旅館、民泊などの宿泊施設から、無人サロンや貸し会議室、貸しスタジオ、ジムなどのレンタルスペースや、オフィス、公共施設など、さまざまな施設の入り口やドアに利用されています。

APIを介し、各種予約サービスや業務システム、ハードウェアと連動した暗証番号キーの自動発行・通知を行うことで、施設のカギの受け渡しの手間や窓口業務の煩雑さを低減できるアクセスコントロールのオープンプラットフォームです。
サービスサイト: https://remotelock-officeup.kke.co.jp/

 


■    お問い合わせ先
株式会社構造計画研究所
すまいIoT部 RemoteLOCKチーム
TEL :    050-5306-6250
e-mail :  remotelock@kke.co.jp

※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
※ 構造計画研究所および、構造計画研究所のロゴは、株式会社構造計画研究所の登録商標です。 その他、記載されている会社名、製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. RemoteLock >
  3. クラウド受付システムシェアNo.1のRECEPTIONISTとRemoteLOCKが連携、オフィス受付業務の効率化とセキュリティ向上を実現