Umiverseがブロックチェーン「Oasys」とパートナーシップを締結

日本のGameFi NFTが近日リリース


今回Oasysとの提携により、Umiverse(ウミバース)コミュニティは、Oasysブロックチェーン上に構築された、日本の人気ゲームへのスムーズなアクセスや、gamefi NFTの限定リリースが可能となりました。
 


Oasysは、Web3.0におけるシームレスなゲーム体験をプレーヤーに提供することを目的に、2022年2月にローンチされた日本のブロックチェーンです。先日、スクウェア・エニックスがバリデータとして新たに参加し、バンダイナムコ研究所、セガ、Ubisoft、グリー、Netmarbleといった国内外の大手ゲーム企業など合計21社の初期バリデータとなっています。

 

Umiverseは、シンガポールと日本を拠点とする初のAAAプレイ・トゥ・オウン(P2O)ゲームプラットフォームとして、2023年初旬にOasysブロックチェーンとの統合を予定しています。この統合により、プレーヤーは日本を中心としたのトップゲーム企業の高品質のゲームプレイを楽しみながら、Umiverseから直接ゲーム内資産の真の所有権を持つことが可能になります。

 

2022年度第3四半期にローンチ予定のUmiverseは、人気ゲーム作品をNFTとP2Oモデルに変換することで、Web2.0ゲームユーザーweb3.0の架け橋となります。Oasysブロックチェーンとの提携は、この転換をさらに加速させることが期待されています。 Umiverseの最新情報については、このスペースをご覧ください。

 

Umiverseについて

Umiverse は、日本語で「UMI=海」そして「U(あなた)Mi(私)」を意味しています。シンガポールと東京を拠点とし、ゲーム業界において豊富な経験を持つチームにより設立された、世界初の人気タイトルに特化したコミュニティ重視型のプラットフォームです。NFT ゲームに馴染みのないプレイヤーでも気軽にゲームに参加することが可能で、かつNFT ゲーム経験者にとっても非常に楽しめるプラットフォームとなっています。最新情報はUmiverseの公式Twitter をご覧ください。

 

Oasysについて

Oasysは「Blockchain for Games」をコンセプトとするゲームに特化したブロックチェーンプロジェクトです。初期バリデータ(チェーン運用主体)はバンダイナムコ研究所などの大手ゲーム会社やWeb3企業など計21社で構成されており、合意形成アルゴリズムは環境面にも配慮したPoS(Proof of Stake)方式を採用しています。
独自のOasysアーキテクチャでブロックチェーンゲームのユーザーに対して取引手数料の無料化と取引処理の高速化を実現することで、快適なゲームプレイ環境を提供します。(https://www.oasys.games/

 


ココナッツ株式会社はUmiverseと提携し、ブロックチェーンゲームプラットフォーム「Umivese」の国内運営を行なっています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ココナッツ株式会社 >
  3. Umiverseがブロックチェーン「Oasys」とパートナーシップを締結