【東大生を低コストで採用】東大生と企業様がラフに交流できるバーがついに始動!そのまま新卒として採用も可能!

#東大生 #新卒採用 #コスト削減

【日本初】東大生×就活の新しいバーが10月に湯島にオープン決定。東大生に無料でドリンクを提供。参画企業はバー利用や交流会を通じて、東大生と交流・採用可能。従来の採用コストよりも圧倒的に安く東大生が採用できると話題沸騰中。

株式会社Blue Finback(代表取締役 チェン ジャック)は、日本初となる「東大生就活バー」を10月に湯島にオープンすることを発表。同時に、8月1日より、20社限定で参画企業の募集を開始することを決定した。
※日本初...2022年7月自社調べ。「東大生限定の就活を目的にしたバー」として。

株式会社Blue Finbackは代表チェンが東大卒、従業員にも20名以上の現役東大生をかかえるなど、東大に特化した企業。今回の東大生就活バーでは、その強みを生かして就活業界の常識を変えることを目指す。

【東大生就活バーについて詳しくみてみる】
https://todaibar.blue-finback.com/corporate/



【サービスのコンセプト】

東大生就活バーでは、東大生に無料でドリンクを提供することで来店していただく。

参画企業は、社員様のバー利用・東大生との交流会などを通じて、東大生とつながり、そのまま採用することが可能。

いままでの
ES→Webテスト→複数回の面接→グループディスカッション
といった形式的な採用プロセスと異なり、

「学生と社員様が交流会やお酒を通じてラフに交流し
お互いを本当の意味で理解してから採用する」
という新しい採用プロセスを提案。

 




【参画企業様のメリット】

1.現役東大生を採用できる接点が作れる
2.採用コストを大幅に抑えることができる
3.学生の内面も理解した上で採用できる
4.自社アピールもできるため内定辞退が大幅に減る
 




【参画をご検討の企業様】
以下の手順で資料請求を行ってください。
その後、代表から直接ご連絡を差し上げます。

1.下記ページをクリック
https://todaibar.blue-finback.com/corporate/

2.ページの最下部までスクロール

3. 最下部にあるお問い合わせフォームにて

お問い合わせ内容に「資料請求」と記載の上、送信



【代表チェンからのメッセージ】

こんにちは。
株式会社Blue Finback代表のチェンと申します。

この文章は、企業の新卒採用担当様にお読みいただければ幸いです。


もし、優秀な東大生をあなたの会社に低コストで採用できたら、どうでしょうか?

「東大生がうちに入ったら面白いかも…」

少しでもご興味があるなら、
以下3分だけお付き合いいただければ嬉しいです。


弊社代表の僕チェンは東大を卒業しており、
弊社の従業員も全員、現役の東大生です。


なので僕は、東大生の就活に対する悩みをたくさん聞いてきました。

「ESに何を書いていいかわかんない」
「先週受けたWEBテストの結果が怖すぎて夜も眠れない」
「人見知りだから、面接が苦手なんだよな」
「一つも内定がもらえなかったらどうしよう」


就活生の悲痛の叫びを、
僕は耳をふさぎたくなるほど聞きました。


そう、あの東大生でも、
実はみんな就活に苦しんでいるんです。



では、企業側は学生を選び放題の状態になっているのか?


そうではない、と僕は思います。

「理想の学生からなかなか応募がこない」
「求人掲載費や人材紹介会社への成功報酬がバカにならない」
「内定辞退が多く、採用計画が狂ってしまう」
「入社後、新入社員が思ったイメージではなかった」



学生も企業も、双方が
理想の就活・採用ができずに苦しんでいる。

僕は、何年ものあいだにわたって
「この状況は絶対におかしい!」
と強く思ってきました。




では、なぜこんなミスマッチが起きているのか?

僕は
「今の採用プロセス」
が原因だと確信しています。


ESと履歴書をみて、WEBテストの結果で足切り。
10分の短い面接を数回行い、内定を出す。

従来の、おそらく99%以上の会社が行っているこの採用プロセス。


しかし、このプロセスには、大事なものが抜けていると僕は思います。

それはなにか?



お互いの「実情」が全くわからないということです。



学生は、一人の人間です。

ガクチカやWEBテスト、形式的な質問だけで判断なんかできない。

「普段はどういった人間なのか?」
「本当はどういう仕事がしたいのか?」

あなたは本当に把握した上で内定を出していると断言できるでしょうか?



逆も同じです。

学生もまた、企業の実情を知らないまま
内定が決まることがほとんど。

「有名だから」
「先輩がいるから」
「給料が高いから」

就活は、一生を左右する決断であるにもかかわらず、
表面上の情報でしか企業を判断できず、
多くの就活生が苦しんでいます。


実際に、内定をもらって就職が決定してから、
内定を辞退する学生も多いですよね。

企業の悩みのタネとして、
内定辞退の多さはかならず挙がってきます。



実は、僕が付き合っていた女性も、
3月というギリギリのタイミングで、
苦渋の決断で内定を辞退し、
無職の道を選んでいます。

その理由は、思ったよりも何十倍も壮絶なものでした。
(割愛しますが、女性に対するコンプライアンス関連でした。)



そこで、僕は決心しました。

絶対に僕が今の採用方法を丸ごと変えてやる、と。


もちろん、女性に対するコンプライアンスの話は
極端な例だと思います。


でも、内定前に学生と企業が
お互いを十分に理解できていないのは、
どこでも同じだと思います。



だから僕は、この日本の大きな問題を解決するため、
「東大生就活バー」
を始めることを決心しました。

僕は東大卒なので、東大から始めようと思います。



東大生就活バーでは、
東大生に無料でドリンクを提供することで来店してもらい、
そこで企業の社員様との交流ができます。

いままでの形式的な採用プロセスと異なり、
学生と社員様が交流会やお酒を通じてラフに交流し、
お互いを本当の意味で理解してから採用する、
という新しい採用プロセスを提案します。

その交流のなかで、
学生は自身に適した企業、
企業様は自社に適した学生と出会い、
採用まで進めることができます。



「東大生就活バー」による新しい採用プロセスで、
貴社には以下のような効果があると確信しています。

1.現役東大生を採用できる接点が作れる
2.採用コストを大幅に抑えることができる
3.学生の内面も理解した上で採用できる
4.自社アピールもできるため内定辞退が大幅に減る


もし今回のお話に少しでも共感いただけたなら、
ほんの5分でもいいので、お話ししませんか?

ぜひあなたの会社の採用に関する悩みも聞けたらとても嬉しいです。


株式会社Blue Finback
代表チェン
chen@blue-finback.com



【店舗情報】
〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目39−7 Stビル 3階
東大生就活バー(16:30〜21:30 不定休)
TEL:03-6555-5443


【お問合せ先】
〈弊社へのご連絡〉
TEL:03-6555-5443(毎日10:00~19:00)

〈取材のご連絡〉
chen@blue-finback.com
※取材、広告出稿等メディア様は、お手数ですがメールにてご連絡ください。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Blue Finback >
  3. 【東大生を低コストで採用】東大生と企業様がラフに交流できるバーがついに始動!そのまま新卒として採用も可能!