外国人駐在員向け長期レンタカー事業をスタート「ASAHI MOTORS Rent a Car」(外資系企業・不動産会社・大使館も利用)

外国人駐在員も安心。複雑な手続きを一切省いたシンプルな長期レンタカーサービス。(英語対応可)

ASAHI MOTORS GROUPを運営する合同会社アサヒ総合研究所(東京都渋谷区、代表 金井駿介)は、日本に住む外国人駐在員に向けた長期レンタカー事業をスタート。印鑑証明書・車庫証明書・日本の銀行口座・自動車税・車検・任意保険等の外国人が戸惑う日本の仕組みを一切省いたシンプルな契約方法で外国人のお客様も安心。もちろん全て英語対応可能です。
  • 外国人駐在員が日本での生活を始めて驚くことは2つ


1.働く人、街中の看板、書類関係のほとんどは日本語のみである
2.印鑑証明書、車庫証明書、自動車税、車検、任意保険のシステムが理解できない
 
  • 外国人駐在員にとってカーリースのハードルは高い

大半の外国人駐在員は2年~3年の赴任期間であるため車の購入よりリースを選択する方が多く、日本で車をリースするときのハードルはとても高くなります。

【一般的なカーリースの審査基準】※外国人駐在員にとって難しいポイントを抜粋
・ディーラー、リース会社で働くスタッフの英語対応ができない
・日本の免許証に切り替える必要がある(国際免許× 日本で有効な外国免許×)
・リース会社から電話で本人確認をする際、日本語で対応しなければならない

日本の免許証へ切り替えるための運転試験場は2か月待ちは当たり前であるため、そもそも日本の免許へ切り替えることすらできない現状です。
 
  • 一括購入のハードルも高い

赴任期間が2~3年の外国人駐在員が数百万円の車を一括購入するハードルも低くはありません。
一括購入の場合、免許の問題はクリアされますが印鑑証明書、自動車税、車検、任意保険のシステムを理解した上で購入まで進める必要があります。
とくに車検制度を取り入れている国は少ないため、ここを理解しない限りは前へ進めません。
 
  • 長期レンタカーが最適!

 

 


ASAHI MOTORS Rent a Carでは、そんな外国人駐在員向けに長期レンタカー事業をスタートしました。

【長期レンタカーのメリット】
1.英語対応(受付スタッフ・緊急時の保険会社スタッフ)
2.国際免許・日本で有効な免許でOK
3.自動車税・車検・メンテナンス・任意保険全て込みのシンプルな料金
4.クレジットカード支払いOK
5.カーリースより毎月のコストを下げることができる(車種による)
6.レンタカー費用は経費精算もシンプル。法人契約も可能です。

車種はラグジュアリークラスのSUVをメインに揃えています。
1年以上の契約を予め結ぶ場合にはお客様のご希望車種をレンタカーにすることも可能。(諸条件あり)
お気軽にご連絡ください。

https://asahimotors-rent.com/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社アサヒ総合研究所 >
  3. 外国人駐在員向け長期レンタカー事業をスタート「ASAHI MOTORS Rent a Car」(外資系企業・不動産会社・大使館も利用)