配信者が自分のファンクラブサイトを簡単に開設できる。ライバー事務所『ライブドリーム』が所属ライバーのグッズ販売サービスを開始

革新的なライバー事務所『ライブドリーム』クリスマスに7作目のライバー支援企画

ライブ配信アプリ『Pococha』を専門的に扱うライバー事務所『ライブドリーム』が新サービスを告知。所属ライバーは自身のファンに向けてオリジナルのファンクラブサイトを立ち上げることができます。

ライブ配信事務所 LIVEDREAM
【公式サイト】https://www.livedreamgroup.com/

 

  • ファンクラブの開設とは?


当事務所(ライブドリーム)に所属しているライブ配信者が、独自のファンクラブサイトの開設できる。開設したサイトでは、ライバー自身のグッズの販売やコンテンツの販売が可能であり、グッズの企画・生産・販売・配送までの全てを事務所が手配する。
サイトが完成すればサイト専用のURLが発行され、各ライバーのリスナーはそのサイトから商品が購入できるというものだ。
これによりライブ配信の収益だけでは安定しないライバーも、グッズ収益で収益を安定させる。リスナー側も推しのグッズを手にすることができるので一石二鳥となる。
 
  • ​ライブドリームとは?


株式会社ディー・エヌ・エーが運営するライブストリーミングアプリケーション『Pococha』(以下、ポコチャ)で配信活動をしているのがライバーであり、そのライバーをサポート・マネジメントしているのがライバー事務所のライブドリームである。
当事務所は令和3年の夏頃に設立されたまだ新しい事務所であり、設立当初の所属ライバーは数名程度で厳しい状態ではあったが、今年の夏頃に急激に勢いを増した。ライブドリームは過去に『ぽこメーター予測』『ぽこサウンド』など様々なポコチャライバー向けのサービスを展開しており、今回の『ファンクラブ開設支援』も新サービスの一つである。
 

  • 本サービスについて

本サービスについてライブドリームの運営関係者は「まず、下位ランクのポコチャライバーはなぜランクが低いのか?という問題がありますが、それにはハッキリとした理由があります。
アプリでは大体1日に4時間まで時給が発生するのですが、下位ランカーは配信時間が4時間を超えて、時給が発生しなくなると配信をしません。
それを踏まえて上位ライバーの特徴となるとその逆で”配信時間が多い”。配信時間の確保ができない理由は様々ですが、配信時間をコントロールするのは難しい。そういった配信時間が確保できないライバーは、リスナーが離れやすく、収益が安定しなくなり退場します。ですが、そういう方でも『ファンクラブ』を開設してグッズ収益など新たな収入源があれば、、のびのびとライバー活動を継続することができます。ライバーは継続すればするほど新規リスナーと巡り会えるチャンスがあるので、ライバー活動としてもかなりのメリットがあります。」
 

  • 運営会社


社 名:MORE GROUP合同会社
本 社:大阪府高槻市清福寺町30−10
設 立:2021年8月20日
代 表:白木祐紀
事 業:ライバー育成事業・ライバーパートナー支援事業 / インターネットを利用したサービスの運営
URL:https://www.livedreamgroup.com/

【Instagram】
https://www.instagram.com/livedream_pococha

  1. プレスリリース >
  2. LIVEDREAM >
  3. 配信者が自分のファンクラブサイトを簡単に開設できる。ライバー事務所『ライブドリーム』が所属ライバーのグッズ販売サービスを開始