台湾の人気小説家九把刀(ジョウバーダオ)と日本での独占的著作権エージェント契約を締結!

株式会社フォアキャスト・コミュニケーションズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 吾妻光良、以下フォアキャスト)は、台湾の作家であり映画監督でもある九把刀(ジョウバーダオ)氏と、日本での独占的著作権エージェント契約を締結しました。

 

恋愛小説、武侠小説、伝奇小説、ホラー小説、ミステリーと、作品によってまるで別人のようにも感じさせる多種多様な作風を持つ九把刀(ジョウバーダオ)氏は、現在までに、70以上の作品を発表していますが、それら全て日本では未翻訳です。

また、作家だけではなく、自伝的小説「あの頃、君を追いかけた」を自らの手で映画化、アジアでの大ヒットに結びつけた映画監督としての顔も持っています。中華圏では、すでに映画化やドラマ化などの実績も多数あり、発表される作品全て、映像化が待ち望まれています。

小説や映画の中にも日本の文化が取り入れられるほどの親日家である九把刀(ジョウバーダオ)氏。日本でも小説の翻訳出版だけにとどまらず、漫画化、映像化などのコンテンツ展開も期待されています。

日本テレビグループでは、中長期的な事業戦略のひとつとしてアジア展開を掲げており、その一環として、フォアキャストでは中華圏のアーティストの発掘に取り組んでまいりました。

この度、台湾の人気作家であり映画監督でもある九把刀(ジョウバーダオ)氏と独占的著作権エージェント契約を結び、日本での展開を試みることになりました。

中華圏のエンターテインメントの日本での展開、及び日本のエンターテインメントの中華圏での展開をより積極的に推し進めてまいります。

 
【プロフィール】
九把刀(ジョウバーダオ)
1978年8月25日 台湾彰化市出身
1999年ネット小説家としてデビュー。瞬く間に、中華圏の若者の注目を浴び、一躍、人気小説家となる。
2009年オムニバス映画「愛到底」の一編「三声有幸」にて監督デビュー。2010年夏、自伝的小説「那些年,我們一起追的女孩」 (邦題:あの頃、君を追いかけた)にて原作・脚本・監督を努め、初の長編監督作品にも関わらず、アジア中に旋風を巻き起こした。現在、2作目の長編監督作品「報告老師!怪怪怪怪物!」の公開を準備中。

【問い合せ先】
株式会社フォアキャスト・コミュニケーションズ
マネジメントディビジョン 広報担当
info@4cast.co.jp

【株式会社フォアキャスト・コミュニケーションズ 会社概要】
会社名 株式会社フォアキャスト・コミュニケーションズ
(Forecast Communications Inc.)
所在地 東京都千代田区二番町14番地
設立年月日 2000年3月1日
資本金 4億3,945万円
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フォアキャスト・コミュニケーションズ >
  3. 台湾の人気小説家九把刀(ジョウバーダオ)と日本での独占的著作権エージェント契約を締結!