ワーキングマザーに女性は冷たい? ~女性が働きやすい職場は、子持ち・子なし双方に負担ない環境づくりが必要~

<全国の働く女性の「出産後の働き方に関する意識・実態調査」で明らかに>働く女性の約4割はワーキングマザーに不満。ワーキングマザー約6割は肩身狭く思う

株式会社ランクアップ(東京都中央区銀座 代表:岩崎裕美子)が一般女性600名(子あり20代、30代、40代各100名、子なし20代~40代の既婚、未婚各50名)に調査した実態調査。
「女性活用」ということで近年、多くの企業が産休・育休後の時短勤務を認めています。
しかし、今回の調査結果から制度だけでは充分ではないという結果が明らかになりました。
子供がいる、いないに関わらず、全員が活躍できる環境づくりで本当に必要なこととは?
化粧品の開発、販売をする株式会社ランクアップ(本社:東京都中央区、代表取締役:岩崎裕美子)は、全国の働く女性に「出産後の働き方に関する意識・実態調査」を行いました。

■双方とも急に休んだり、仕事のしわ寄せが他の社員にいってしまうことが問題に
「ワーキングマザーと一緒に仕事をするうえで、不満を感じることがありますか」の問いに対し、35.8%の女性が「はい」と回答し、その理由で多かったのは「急に休む」「残業ができない」「時短勤務で早く帰る」などでした。

一方、ワーキングマザーの55.7%が、「職場で肩身の狭い思いをしたことがある」と回答しています。その理由は、「子どもの病気などで急に休まなくていけない」や「残業ができない」「時短勤務で他の人より早く帰ること」との回答が多い結果となりました。

【調査概要】 調査期間: 2014年9月28日~9月29日 調査対象: 職場に働く母親が複数いる、もしくは子なしの場合、 出産後も働き続けたい20代~40代の女性会社員 (一般社員、管理職、経営・役員、公務員) 回答者数: 600名(子あり20代、30代、40代各100名、 子なし20代~40代の既婚、未婚各50名) 調査方法: インターネット調査 調査地域: 全国 ]

今回調査したのは、全国の20代から40代の女性会社員です。調査対象の半数はワーキングマザーで、残り半数は現在子どもがいないけれど出産後も働き続けたいと思っている女性です。

自分が既にワーキングマザー、もしくはいずれワーキングマザーになりたいと思っているにも関わらず、ワーキングマザーと一緒に働くことに不満を持ったり、自身が肩身の狭い思いをしていることがわかり、複雑な女心が垣間見えました。

近年、多くの企業が産休・育休後の時短勤務を認めています。
しかし、今回の調査結果からもわかるようにワーキングマザーだけが時短で働くと、他の社員にそのしわ寄せがいってしまい、ワーキングマザーも周りに気を使い早く帰ることが難しくなり、結果的に仕事を続けていくことが困難になってしまうことが浮き彫りになりました。


■当社は41名の社員のうち女性が39名で、ワーキングマザーは13名、育児休暇中の社員は5名います。

2005年の会社設立より、業務効率化や残業をしない日を設定し、働きやすい環境づくりを行ってきましが、2011年からは、残業をなくすために仕事が終われば終業時間17時半の30分前に退社できる制度を設けています。

当制度により、ワーキングマザーだけでなく、全社員が17時に退社できるようになりました。社員同士協力し合って業務をこなし、集中して仕事を仕上げて30分早く退社しようという意識が高まり、制度導入からすぐに仕事の生産性も向上する効果が出ています。

また、ワーキングマザーの昼食会の費用を会社負担で開催したり、健康増進のため、就業時間中にヨガ教室や妊婦向けストレッチ教室も実施。こういった取り組みからも、これから結婚・出産を考える女性社員が、安心して仕事にも子育てにも取り組める環境づくりを行っています。

以上のように、働きやすい環境が評価され、本年には東京都の「平成26年度東京ワークライフバランス認定企業」に選ばれました。

ランクアップは、今後も社員が安心して子どもを産み、育てられ、生き生きと働き続けられる会社になるよう、努力してまいります。


■会社概要■
社名 株式会社ランクアップ
代表:岩崎裕美子
設立:2005年6月10日
資本金: 1,000万円
従業員数:41人(2014年9月現在)
売上高:59億円(2014年9月期)
本社所在地:東京都中央区銀座3-10-7 銀座東和ビル7F
事業内容:オリジナルブランド「マナラ化粧品」の開発および販売
企業理念: 情熱は夢をかなえる原動力です。私たちの情熱で女性が幸せに生きる社会を作ります。


■働きやすい環境づくりに関する主な取り組み■
①終業時間の30分前に帰れる“仕事終わったら帰っていいよ”制度
②スーパー時短勤務制度(昼休憩なしの1日6時間勤務、14時半に退社できる)
③病児ベビーシッターの費用を会社負担で利用可能(本人は300円のみ)
④ワーキングマザー社員のランチ会を費用会社負担で月1回開催
⑤専門トレーナーによる妊婦ストレッチ、ヨガ教室、コアトレーニングなど、月2回就業時間中に開催
⑥研修や資格取得など、会社全額負担での社員育成制度
⑦毎年5日間のリフレッシュ休暇付与。土日、有給休暇をあわせて最大11連休取得可能
⑧1年間欠勤のない社員は毎年3万円分のギフトを贈呈

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ランクアップ >
  3. ワーキングマザーに女性は冷たい? ~女性が働きやすい職場は、子持ち・子なし双方に負担ない環境づくりが必要~