世界⼀のシェフが母子家庭の子供たちと行う食育を目的に、料理教室を開催しました。

シェフとのネットワークで子供たちの「食」と「栄養」を支援。ピザ作りを一流シェフ指導のもと体験。SDGsジェラート提供も。

株式会社エフ・エム・アイ(以下、エフ・エム・アイ)は、東京を中⼼に⺟⼦家庭の⽣活⽀援と⼦供の貧困を啓発する事業を⾏うNPO法⼈リトルワンズの社会活動に賛同し、初めての試みとしてシェフが子供たちに料理を教える料理教室を11月19日(土)に共同で開催しました。

 

 

 

  • イベント概要


エフ・エム・アイが親交のある世界⼀のピッツア職⼈であるサルバトーレ・クオモ シェフ、ONODERA GROUP グループエグゼクティブシェフの杉浦仁志 シェフとともに、フードマシンを通して食に関わる問題を何とかしたいと考えていたなか、NPO法⼈リトルワンズ⼩⼭代表に出会い、開催が実現しました。

今回のイベントでは、⺟⼦家庭の⼦供たちに、料理の基本と美味しい料理、プロの使うフードマシンを体験・体感して頂きました。

日時:2022年11月19日(土)11:00~13:30
場所:エフ・エム・アイ本社テストキッチン
主催:NPO法人 リトルワンズ
企画:エフ・エム・アイ
協力:世界⼀のピッツア職⼈ サルバトーレ・クオモ シェフ
   ONODERA GROUPエグゼクティブシェフ 杉浦仁志 シェフ

 

 

 


・20組40人の親子が参加、食の知識を学びながら調理体験

当日は母子父子家庭の親子20組40人が来場し、2人のシェフによる講習や調理体験を行い、出来たての美味しい料理を頂きました。子供の親である女性は「普段できない体験をしながら楽しめた」「夢のような時間でした。」「今度は、スパゲッティが食べたい」と話してくれました。


◆杉浦仁志シェフによる、栄養価の⾼い⾷事講座

野菜の栄養価など、健康につながる食の知識を交えながら、家庭でも手早く簡単に作れる野菜料理を「魔法の時短料理」として実演、紹介しました。

 



◆サルバトーレ・クオモシェフによる、ピザづくり実演講習、調理体験

子供たちにトッピング体験に参加してもらい、調理の楽しさを感じて頂きました。
自分で作ったピザを夢中で食べる子供たちの姿と「美味しい」の声が、会場中に響き渡りました。
笑顔がいっぱいでした。

 


◆エフ・エム・アイのコーポレイトジェラティエーレ荻野慎太郎シェフによるSDGsジェラート提供、ソフトクリームマシン体験

大分県でジェラート専門店をオープンしたサルバトーレ・クオモシェフが開発した安心・安全な食材を使用し、健康にも配慮したSDGsジェラート(※)を提供しました。また、子供たちが自ら巻いてトッピングした、「世界に1つだけのソフトクリーム」を楽しんで食べていただきました。大人も夢中でした。
※SDGsジェラート…規格外の果物を使用したジェラ―ト。フードロス低減に貢献。

 


・持続可能な社会の実現に向けてサルバトーレ・クオモシェフが取り組むプロジェクト
詳細:https://lab3680.com/

・今後の活動について

世界中で⺟⼦家庭の⽣活困窮があり、この⽇本でも相当数あるという状況(※)に置かれている未来ある⼦供たちが、継続可能な⾷と栄養、⾷の知識に触れ、体験・体感できる機会とその仕組みづくりを⽬指して継続的にイベントを開催していきます(次回2023年春開催予定)。

※⺟⼦家庭約2万世帯のうち約1万世帯が⽣活困窮。厚⽣労働省調査によれば、6⼈に1⼈の⼦供が経済的に困難状況に置かれており、その半数が⺟⼦家庭。

・参加者の声

「帰ってからも”今日は楽しかったねー”と寝るまでずっと言っていました。」
「あのような料理教室に行くことは初めてで、子供にとっても非常に貴重な経験になりました。」
「ピザって揚げられるんだ!と初めて知りました。」
「コック帽が余程気に入ったのか、帰りも道中被っていました。」

・本件に関するお問い合わせ

株式会社エフ・エム・アイ
担当者:マーケティンググループ 近藤(⽯橋)

MAIL:info@fmi.co.jp
NPO法⼈リトルワンズ
MAIL:info@npolittleones.com
※メールでご質問、ご連絡頂きますとスムーズです。
 

 

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エフ・エム・アイ >
  3. 世界⼀のシェフが母子家庭の子供たちと行う食育を目的に、料理教室を開催しました。