ポリゴンマジックグループ、アドビ社と包括契約

職種・組織を超えたクリエイティブ環境向上へ

ポリゴンマジック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:鶴谷武親、以下ポリゴンマジック)とアドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利ユージン、以下アドビ)は、このたび、ポリゴンマジックグループにおけるクリエイティブ環境の向上に向け、Adobe Creative Cloudの包括ライセンス契約(ETLA)を締結することで合意しました。具体的には、ポリゴンマジックグループの全企業とそのスタッフが、業種や職種によらず、アドビが提供するCreative Cloudのすべてのクリエイティブツールやサービスを活用できる環境を整備し、アドビの専門スタッフによる人材教育・技術サポートを実施することで、クリエイティブパフォーマンスの最大化を実現するものです。

 
ポリゴンマジックは創業期より新卒を重視した人材採用を実施しており、技術革新のサイクルがますます短くなる中、社員が新たな技術を継続的に学習・獲得することが重要と考えております。そのため、既に実施中の社内教育・研修制度の充実に加え、ハード環境・ソフトウェア環境の継続的向上も必須と判断し、この度の包括契約を結ぶ運びとなりました。引き続き、市場の変化を迅速に捉え、多くのお客様に喜んでいただける商品・サービスを提供するため、クリエイティブ環境の向上に努めてまいります。


■Adobe Creative Cloud について
Adobe Creative Cloud は、アドビが提供するさまざまなクリエイティブ制作に対応したデスクトップおよびモバイルアプリとサービスを統合したクラウド時代の制作環境で、現在約460万以上のユーザーが全世界で利用しています。CreativeSyncテクノロジーにより、ファイル、写真、フォント、アセットなどをクラウド上で同期できるため、制作の開始から仕上げまで、場所やデバイスを問わずにいつでも作業を進めることが可能です。Creative Cloudの有償ユーザーは、PhotoshopやIllustratorなどの20以上のクリエイティブツールやサービスの最新バージョンを常に利用することができます。

詳細はこちらをご参照ください( http://www.adobe.com/jp/creativecloud.html )。

 
■ポリゴンマジック株式会社について
「ポリゴン(3D)の魅力で、世界中の子供たちに魔法をかけよう」という想いで1996年に設立。
遊技機映像開発事業やゲーム事業、インターネットメディアを利用したコンテンツ制作などを柱に、映画配給、舞台事業なども手掛ける総合エンター テインメント企業。
また、教育事業、ライセンス事業、情報メディア、飲食事業、予防医療事業等を展開しているポリゴンマジックグループの中核企業でもある。感情産業の創出を通じて、世界中の一人でも多くの人が、輝く笑顔を見せてくれるような、『笑顔の創造』を基本理念する。
 

 
ポリゴンマジック株式会社 概要
所在地: 東京都港区六本木7丁目 18 番 18 号
住友不動産六本木通ビル
設⽴: 1996 年 4 月
事業内容: 映像制作、映画の買付・配給、各種ITサービスの開発・運営、教育サービス、飲食サービス等
公式HP :https://www.polygonmagic.com

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ポリゴンマジック株式会社 >
  3. ポリゴンマジックグループ、アドビ社と包括契約