30秒のダンス動画投稿で100万円!ケンズカフェ東京「全日本ガールズダンスコンテスト2020」を開催

ガトーショコラ専門店、ケンズカフェ東京(東京都新宿区)は、2020年10月19日(月)〜12月18日(金)に、優勝賞金100万円、SNSへのダンス動画投稿による「全日本ガールズダンスコンテスト2020」を開催いたします。

 

コロナ禍でさまざまなイベントが中止や延期となり、夢を目指し努力を重ねる方々の活動や披露の場が減っています。タイトルを目指して頑張ることが何かのきっかけになればと思い、この度ダンスコンテストの開催にいたりました。
 



「全日本ガールズダンスコンテスト2020」概要

■募集内容
・コンテストの課題曲を使用してダンス動画を指定のSNSへ投稿してください。
・テーマは「踊る人も見る人も楽しめる・元気になれる・笑顔になれるダンス」
・ダンスの振り付けは自由。ジャンルやテイストは問いません。

■参加方法
①公式サイトから課題曲をダウンロード(TikTokは課題曲を「ハピスマダンス」で検索)。
②投稿する公式SNSのアカウントをフォロー。
③「#全日本ガールズダンスコンテスト」「#ハピスマダンス」のタグ付けをしてダンス動画を投稿。複数投稿可。(TikTok、Instagram、Twitter、You Tubeどれでも可)

■全日本ガールズダンスコンテスト
公式サイト:https://www.girlsdancecontest.com/
TikTok:https://vt.tiktok.com/ZSxSp3D1/
Instagram:https://www.instagram.com/gdance_2020/
Twitter:https://twitter.com/gdance2020
You Tube:https://youtube.com/channel/UCHpPGjAe1eoCSL3B4awvn-A

■期間
募集期間 : 2020年10月19日(月)~12月18日(金)
エントリー締切: 2020年12月18日(金)
結果発表 : 2020年12月25日(金)

■参加資格
日本国内の中学生以上の女性。個人でも複数人・ユニット・グループでも参加可能。プロ・アマ問いません。

■賞    
優勝賞金100万円。ベストテクニカル賞、ベストアイドル賞、ベストスマイル賞など、各賞あり。

■参加費 無料

■審査員
ダンス界、芸能界、音楽界から豪華審査員が集結!
 

みうめ(振付師、アーティスト)
https://twitter.com/jjmiume
2011年、ニコニコ動画に「踊ってみた」を初投稿し、キレのある振付としなやかな動きが話題に。その後も、個人や踊り手コラボ動画を投稿し、「踊ってみた」のレジェンド的存在に。ダンスロックユニット「COJIRASE THE TRIP(通称:こじとり)」としても活動中。ゲーム『#コンパス』などのモーションアクターを務めるなど幅広く活躍している。
 

KEITY(wazacule代表、振付師)
http://wazacule.jp/assign/keity/
2017年に振付指導したカルピスウォーターPRESENTS 「ぜったい、いい夏プロジェクト サプライズ☆エール」で映文連アワード2017部門優秀賞を受賞した他、テレビ番組の振付師コンテストで優勝。日本テレビ 24時間テレビ 愛は地球を救う「嵐・大野智が義足の少女を応援 国技館100人ダンス」の振付監修など、CM、MV、アーティスト、イベント、テーマパークなど様々な場所で活動中。
 

榊原タツキ(タレント)
https://ars-magna.jp/top.html
2.5次元コスプレダンスユニット「アルスマグナ」のメンバーで、甘いモノには目がないスイーツ番長。2013年、ニコニコ動画「踊ってみた」にグループで投稿した「ギガンティックO.T.N」「+♂(プラス男子)」などの動画総再生回数が2000万回を超え、“120%絶頂キレキレダンス”として話題に。2017年、2度目の日本武道館公演を開催し成功をおさめる。

 

ギュウゾウ(電撃ネットワーク)
https://twitter.com/gyuzo_rock
過激パフォーマンス集団『電撃ネットワーク』のメンバー。ロックDJ。ラジオパーソナリティ。栃木県小山市で400坪の会員制農園『ギュウゾウ農場』を運営。自身が主宰する栃木県応援イベント『ギュウ農フェス』は、アイドル中心のキャスティングで、4大アイドルフェスの一角を占める人気イベント。栃木県出身。
 

GUCCHO(作曲家・編曲家、全日本ガールズダンスコンテスト課題曲制作)
https://twitter.com/GUCCHO_P
バンド活動、DJ活動を経て現在は作曲家、編曲家として活動中。2017年には自身が作詞、作曲、編曲を担当した楽曲、Task have Fun - 3WD が、2017年の アイドル楽曲大賞インディーズ部門で1位を受賞。その他ダンスミュージック方面でも、m-flo、倖田來未へのRemix提供なども行なっている。

 

氏家健治(ケンズカフェ東京代表)
https://kenscafe.jp/
ホテルオークラ東京、赤坂アークヒルズクラブ等、高級店での修行を経て、1998年に東京・新宿御苑前に「ケンズカフェ東京」を開店。有名グルメサイトでは8年連続で全国チョコレート店ランキング第1位。現在はファミリーマートのスイーツ監修をはじめライセンス事業も日本全国で展開している。著書に『余計なことはやめなさい!ガトーショコラだけで年商3億円を実現するシェフのスゴイやり方』(集英社)等

主催:ケンズカフェ東京
企画・運営:新宿~御苑~四谷タウン誌『ジェイジー』

■主催者ケンズカフェ東京代表:氏家健治のコメント
ケンズカフェ東京は、ガトーショコラを愛して下さる方々の応援によって22周年を迎えることができました。今後は恩返しも兼ねて、これから未来に羽ばたく方々の応援をしたいと思っています。夢を追い、行動を起こすことが難しい状況が続きますが、今回のコンテストが一つのきっかけになれば幸いです。見た人を幸せな気分にしたり、奮い立たせるようなダンスの応募を期待しています。

■構成:EBATO
http://oyj.co.jp/talent/04_4.html
高校の同好会から立ち上げたダンスチーム「電撃チョモランマ隊」のメンバー。2001年ストリートダンスの頂点「JAPAN DANCE DELIGHT Vol.8」で優勝、2006年ビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。振付師としてはドラマ、CM、映画、舞台、LIVEなど幅広い分野に携わり、振付のみならず演出・ステージングも手掛ける。2020年10月には「ONE OK ROCK 2020”Field of Wonder”at Stadium Live Streaming ZOZOマリンスタジアム」にて、ONE OK ROCKが初めてLIVEにダンサーを起用した楽曲の構成・振付け監修を担当。

■ケンズカフェ東京
所在地 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-23-3 御苑コーポビアネーズ1F
URL : https://kenscafe.jp

■ダンス動画イメージ(TikTok)
※投稿はTikTok、Instagram、Twitter、You Tubeどれでも可。複数投稿可。
※個人でも複数人・ユニット・グループでも参加可能。

 



















(画像提供:プランチャイム)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ケンズカフェ東京 >
  3. 30秒のダンス動画投稿で100万円!ケンズカフェ東京「全日本ガールズダンスコンテスト2020」を開催