「住宅地盤セメント改良品質チェックサービス」を11月より提供開始

第三者の立場から地盤改良の品質をチェックする消費者向けサービス

一般社団法人住宅不動産資産価値保全保証協会(代表理事:古原克也 本社:東京都港区)は、全国的に広まっている住宅地盤への懸念と消費者からの問合せが急増していることを踏まえ、消費者向け住宅地盤改良の品質チェックサービス「住宅地盤セメント改良品質チェックサービス」を11月初旬より提供開始します。
地盤改良の品質チェックサービス「住宅地盤セメント改良品質チェックサービス」は、住宅地盤の改良を行う際に、地盤改良方法の1つである柱状改良(※1)の品質を確認し、その試験結果を第三者の立場から消費者の皆様へフィードバックするサービスです。
(※1)柱状改良:セメントと土を攪拌させてセメント杭を土中に形成する地盤改良方法

具体的には、宅地において地盤の強さを判断する地盤調査時にSSJサンプラー(※2)を用い、不同沈下の原因となる軟弱な土を正確に採取し、室内試験にて柱状改良工事で用いるセメントと混ぜ合せ、強度を確認します。また、施工直後にセメント系柱状改良の杭頭からSSJサンプラーを挿入し、土とセメントの混ぜ合わさった状態で採取し確認することも可能です。
(※2)SSJサンプラー:地盤調査の際、先端に設置して決めた深さの土を採取する器具

消費者のメリットとしては多くの場合、個人の最大資産となる住宅を支える地盤の品質不良を第三者機関の品質チェックを受けることで回避できることです。また建築会社にとっては第三者機関の品質チェックを活用する事で、お客様により安心な地盤を提供することに拘る会社として、お客様から信頼を獲得できるというメリットがあります。
本サービスの価格は、キャンペーン価格として1現場あたり2万円(税別)で受け付け可能となっています。

住宅地盤における軟弱地盤対策の改良工事の多くは、セメント系柱状改良工事が大半のシェアを占めています。しかしながら改良工事においては社会問題になりうる不同沈下問題に代表される工事の品質不良や土壌汚染問題、地中埋設物扱いによる資産価値毀損問題、液状化問題等が曖昧なままの状態となっており問題視されています。

 今後も、一般社団法人住宅不動産資産価値保全保証協会においては、消費者の住宅地盤への不安を取り除くことを目的に様々なサービスを提供してまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 住宅不動産資産価値保全保証協会 >
  3. 「住宅地盤セメント改良品質チェックサービス」を11月より提供開始