後ろ姿のにゃんこ「トラ」!金沢・石川の新しいみやげ菓子が新発売!

美味しくてかわいいトラの新商品「にゃんこのサブレ in Kanazawa」が登場!

この度、株式会社ぶどうの木(本社石川県金沢市)では、「にゃんこのバウム in Kanazawa」に続き、「にゃんこのサブレ in Kanazawa」を発売いたします。

トラ、妄想中[にゃんこのサブレ in Kanazawa]トラ、妄想中[にゃんこのサブレ in Kanazawa]

浮き出したトラ[にゃんこのバウム in Kanazawa]浮き出したトラ[にゃんこのバウム in Kanazawa]

「にゃんこのサブレ in Kanazawa」は、にゃんこ「トラ」をモチーフにしたお菓子。
良質なバターと能登塩を使用した素材の美味しさが光るシンプルなバターサブレです。

今年2月に発売以来人気の「にゃんこのバウム in Kanazawa」につづき、主人公のトラが故郷の「わじまの朝市」を訪れるストーリー。
悲しくも豊かな経験を重ねたからこそ学んだ地元詩人の詩(うた)を糧として、強く生きるトラの姿をサブレで表現しました。キュートなシルエットから漂うトラの背中の哀愁を、美味しさとともにお楽しみいただければ幸いです。

〇「にゃんこのサブレ In Kanazawa」のストーリー
今回は以下のエピソードがパッケージに明記されています。

トラのしょっぱい思ひ出[にゃんこのサブレ in Kanazawaより]トラのしょっぱい思ひ出[にゃんこのサブレ in Kanazawaより]


 トラのしょっぱい思ひ出
 ~文豪・室生犀星(むろうさいせい)編~

能登生まれ、金澤育ちのにゃんこ、トラ。
ひょんなことから故郷「わじまの朝市」を訪れますが
寂しかった子猫時代が偲ばれます。

ふるさとは 遠きにありて 思ふもの
…遠きみやこに かへらばや

日本海の荒波を横目に
世に聞こえた金沢詩人の詩(うた)を胸に刻みます。
そして、近江町から東茶屋街へのいつもの散歩中に
浅野川大橋から望む美しい川の流れに思いを馳せて
たくさんの仲間たちが待つ金沢の街への帰路を急ぐのでした。

そんなトラのしょっぱい思い出のようなにゃんこのサブレ。
能登塩を忍ばせたシンプルな生地に
ほんのりビターなチョコレート生地を流して焼き上げた
香ばしいバターサブレです。

 

〇能登塩へのこだわり
「城下町 金沢」や「工芸」のイメージが先行する石川県ですが、豊かな自然とともに文化的にも貴重な産業が今も息づいています。だからこそ、典型的な金沢のイメージに合わせるのではなく、石川県全体の魅力を発信しながら地元の皆さまからも末永く愛される商品にしたいという思いで、能登の塩に注目しました。

実は、能登半島は戦中も途絶えることなく唯一続いた500年の歴史をもつ塩業の郷です。
海水をくみ上げて塩田へ撒く「揚げ浜式塩田」が有名ですが、現在でも10社を超える製塩業者さんがあり、伝統に敬意を払い守っていく一方で、生産性や味わいを高めるために自由な発想で自分の求める塩づくりを追求することにも積極的です。

自分たちが受け継いできた文化を尊重しながら、次の時代へ成長・進化しようとする金沢・能登の新しい風を、この商品によって知っていただける機会になればと思っています。

 

 
[商品情報]

にゃんこのサブレ in Kanazawaにゃんこのサブレ in Kanazawa

・商品名 「にゃんこのサブレ in Kanazawa」
・価格
  1枚195円(税込)
  3個入り 648円(税込)
・サイズ
 パッケージ 50×80×高さ145(突起部分を含めると190)mm
 本体  90×60×厚さ5㎜ 
・賞味期限 製造日より63日
・発売 平成30年9月20日
・取扱い 洋菓子工房ぶどうの木(石川県内8店舗)
※10月中に5個入りも発売予定です

[関連ページ]
にゃんこトラの商品に関するご案内 http://www.budoo.co.jp/journal/archives/18.html
にゃんこのバウム 価格改定のご案内 http://www.budoo.co.jp/archives/2663
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ぶどうの木 >
  3. 後ろ姿のにゃんこ「トラ」!金沢・石川の新しいみやげ菓子が新発売!