京都で育まれた美意識を世界へ発信!平沼有梨 feat.古澤巌『光芒〜神々の旋律〜』

秋のコンサートツアー2018、京都・名古屋・東京・札幌で今年も開催! 

今年の「平沼有梨feat.古澤巌」コンサート・シリーズのタイトルは『光芒』。光芒とは、雲の隙間から地上に降り注ぐ、幾筋もの光のことをいう。その神々しさをイメージする曲を、様々なアプローチで作編曲し披露する。中でも、今年は鼓童研修所出身の和太鼓奏者 祝丸(のりまる)と、観世流能楽師 浦田保浩の能という、これまでになかった色彩が加わる。その他、今回のためのプロジェクトには、映像、衣装、そして伊勢神宮の御神宝や皇室の雛道具なども手掛ける、京都の伝統工芸士による楽器の装飾美術も初お披露目となる。

京都で生まれ育った作編曲家の平沼有梨が、古澤巌とのfeat.シリーズとしてコンサートツアーを始めて4年。 6年前に古澤にスカウトされ、全面プロデュースのもとアルバムをリリース。そこからコンサートやアルバムリリース、様々な音楽制作活動も行ってきた。
 
4年前の琳派400年を迎える前年、生まれ育った京都のことをぼんやりとしか知らないなとふと感じ、毎月京都に帰っては、とにかく街を歩き、たくさんの人々に会った。そして琳派400年の翌年、琳派をテーマにコンサートを開催した。
 
京都で生まれ育ったからこそ感じる、また京都以外に住んでみたからこそ”外”からの目線で感じる、その奥行きと繊細な輪郭。長い年月をかけて大切に育まれた伝統と、それを守りながら革新の精神で未来へとつなげていく人たちと一緒に、平沼の”音楽”というフィルターを通し、試行錯誤しながら新しい形にアウトプットし続けるのが、このコンサートツアーなのだ。

 

 

 

平沼有梨(Pf/Key)、古澤巌(Vn)、向井航(Vc)、祝丸(和太鼓)、浦田保浩(能楽師 観世流シテ方)平沼有梨(Pf/Key)、古澤巌(Vn)、向井航(Vc)、祝丸(和太鼓)、浦田保浩(能楽師 観世流シテ方)

<開催概要>
■日時 
【京 都】2018年11月8日(木) 18:00 開場 18:30 開演
【名古屋】2018年11月9日(金) 18:30 開場 19:00 開演
【東 京】2018年11月15日(木) 18:30 開場 19:00 開演
【札 幌】2018年11月20日(火) 18:30 開場 19:00 開演
 
■場所
【京 都】京都文化博物館 別館ホール
【東 京】渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール
【名古屋】5/R Hall&Gallery
【札 幌】ザ・ルーテルホール
 
■出演
平沼有梨(Piano/Key)、古澤巌(Violin)、向井航(Cello)、祝丸(和太鼓)、
浦田保浩(能楽師 観世流シテ方) ※京都・名古屋・東京公演
浦田保親(能楽師 観世流シテ方) ※札幌公演
Kazz Fukuda(映像)、和井内京子(衣装)、村山伸一(楽器装飾美術)
 
■お問い合せ
【京都】otonowa 075-252-8255
【名古屋】5/R Hall&Gallery 052-734-3461
【東京】キャピタルヴィレッジ 03-3478-9999
【札幌】オフィス・ワン 011-612-8696
 
<関連リンク>
オフィシャルWEBSITE: www.yurihiranuma.com/
オフィシャルFacebook:www.facebook.com/Hiranuma.Yuri
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 キューイズム >
  3. 京都で育まれた美意識を世界へ発信!平沼有梨 feat.古澤巌『光芒〜神々の旋律〜』