愛知県大府市が会議資料のペーパーレス化に「moreNOTE」を採用

~幹部会議のペーパーレス化を実現~

富士ソフト株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:坂下 智保)は、愛知県大府市に当社のペーパーレスシステム「moreNOTE(モアノート)」が採用されましたことをお知らせします。この採用により、市長が出席する幹部会議がペーパーレス化されました。

大府市では、紙で会議をおこなう際の、コピーや資料配布、差し替え等の作業負担が課題となっていました。そこで、2016年に岡村 秀人市長が庁内の“積極的なタブレット導入”と“ペーパーレス化”の方針を掲げ、ペーパーレスシステム導入の検討が行われました。
各社のペーパーレスシステムを調査検証した結果、必要な機能が揃い、使い勝手が良く、セキュリティも確保しているmoreNOTEを採用いただきました。
moreNOTEの導入により、会議準備の効率化に加え、これまで会議出席者が各々行っていた資料の保管が不要になり、会議事務局や出席者の手間を大幅に削減できました。また、Windowsタブレットを導入することで、将来的にWindowsで行われている日常の業務とペーパーレス会議をタブレット1台で行うことも可能となります。
現在は市長が出席する幹部会議のみでの利用ですが、トップダウンでペーパーレス化の重要性に対する意識付けができたことで、今後は、庁内全体で年間400~500万枚ほど使用している紙の削減に向けて、タブレットを職員全員に導入することを検討されています。
富士ソフトは、今後もmoreNOTEサービスの提供を通じてお客様の業務改革を支援いたします。
 









【大府市について】

大府市は名古屋市の南隣、知多半島の北端に位置し、JR東海道線で名古屋駅まで約15分という立地にあります。高速道路網の整備による高い利便性を活かした産業と、豊かな自然環境を活かした住環境との調和のとれた人口約9万2千人の都市です。
市制施行以来、「健康都市」をまちづくりの基本理念に掲げ、充実した子育て支援、緑豊かで自然あふれる公園などを整備し、先進的な医療機関やいきいきと働くことができる場所の立地なども含め、元気と活力にあふれたまちづくりを進めています。


【大府市のシステム導入の概】 URL:https://www.morenote.jp/fw/181023_obu.html
利用開始日: 2018年2月
利用規模:  20ID
導入効果:
 ・幹部会議のペーパーレス化
 ・資料作成コスト削減(印刷、製本、配布、差し替え作業の削減)
 ・資料保管の手間削減
 ・庁内のペーパーレス機運の醸成


moreNOTE について】  URL:https://www.morenote.jp/fw/181023_top.html

moreNOTE は、ドキュメントや動画、画像などをサーバー(クラウド/オンプレミス)で一元管理し、タブレットやスマートフォンから簡単に共有・閲覧・編集できるサービスです。ポインターやペンツール、マルチペアリング機能を備えており、ペーパーレス会議やプレゼンテーションなど、様々なビジネスシーンでスマートフォンやタブレットをスマートに活用することができます。端末の紛失や盗難に備えたファイルの暗号化機能や端末認証機能など、ビジネス利用時のセキュリティも確保。moreNOTE はビジネスシーンにおいて、新しいモバイルワークスタイルを実現します。

※「moreNOTE」は、富士ソフトの登録商標です。
※その他記載されている製品名は各社の商標または登録商標です。
                             以 上
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 富士ソフト株式会社 >
  3. 愛知県大府市が会議資料のペーパーレス化に「moreNOTE」を採用