ソネディックス社、イタリアにおける48MWの太陽光発電事業ポートフォリオを取得

 

 

2016年3月18日–即日発表

 

トリノ(イタリア):Sonnedix社は、イタリアにおける48MWの太陽光発電事業ポートフォリオを、DGE社(三菱商事株式会社の100%子会社)、INCJなどの“ソーラー・ホールディング”社の株主から取得したことを、お知らせいたします。今回取得したポートフォリオには、イタリア各地に位置する太陽光発電所22ヶ所が含まれます。

今回の取得は、2015年12月に行われた3MW VRポートフォリオの取得に続くもので、これによって同社のイタリアにおける総稼働能力は68MWになり、世界では200MWになります。

「ソーラー・ホールディング社のポートフォリオは、当社グループのM&A戦略と合致しており、このような短い期間で手続きが完了したことを大変喜ばしく思う。今回の取得により、当社のイタリアにおけるポートフォリオの規模が大幅に拡大され、イタリア市場における長期的な事業展開を志向する当社の姿勢をより一層強化するものである」とSonnedix社のExecutive Vice President of CommercialであるAxel Thiemann氏は述べています。

また、Sonnedix社のExecutive Vice President of AsiaであるFranck Constant氏は、「私どもは、三菱商事株式会社および同社のパートナー企業と共にこのプロジェクトを実現できたことを誇りに思っている。今回の取得プロセスの全工程を通じ、同社の非常に高レベルの専門性を目の当たりにした。アジアにおける当社の展開において、日本のパートナーと共に取り組む機会は増えてきており、三菱商事のようにとても信用があり信頼できるパートナーと共に事業に取り組み、互いに生産的な関係を構築できることを光栄に思う。」と述べています。

「私たち、DGE社 はフランスの太陽光発電資産への投資以降、Sonnedix社を存じ上げております。Sonnedix社はプロフェッショナルな太陽光発電(PV)の 独立系発電事業者(IPP)であり、そのような企業に私たちの発電所を引き渡す事ができることは光栄です。」とDiamond Generating Europe LimitedのCEOであるKeiichi Suzuki氏は述べています。

 

Sonnedix(ソネディックス)社について:

Sonnedix社は、太陽光発電に特化した独立系発電事業者(IPP)であり、コストパフォーマンスに優れた高性能の太陽光発電システムの提供において、高い実績を有しています。また、世界規模で太陽光発電所の開発、建設、保有、運営を行っています。Sonnedix社に関する詳細については、www.sonnedix.comをご参照下さい。

DGE社について:

DGE社は、欧州・中東・アフリカ(EMEA)における三菱商事株式会社のIPP子会社です。

INCJについて:

INCJ(株式会社産業革新機構)は、日本における革新を促進させ、事業の価値を高めることを目的とした官民パートナーシップです。

詳細は下記まで

 

Sonnedix

Jason Rowlands
Head of Organization Development
jason@sonnedix.com

 
  1. プレスリリース >
  2. ソネディックス・ジャパン株式会社 >
  3. ソネディックス社、イタリアにおける48MWの太陽光発電事業ポートフォリオを取得